Category【トピック】 1/4

コロナウイルスの影響

新型コロナウイルス感染拡大により、WOWOWの解約件数が増えているという。スポーツ・音楽・ステージなどのライブイベントが中止・延期となり、オリジナルドラマなどの制作も、外でのロケを中止となった為、重要なコンテンツが提供できなくなったのが主な原因4月の解約件数 70,822件...

  • 0
  • 0

映画監督 大林宣彦 死去

大林宣彦監督が4/10、肺癌の為、死去した。享年82歳(合掌)管理人は、リアル「尾道3部作」世代ですね。原田知世、富田靖子、石田ひかりら少女の撮り方が上手かった。新作『海辺の映画館 キネマの玉手箱』が今月10日に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、公開延期中。...

  • 0
  • 0

映画プロデューサー 伊地智啓 死去

映画プロデューサー伊地智啓(いじち けい)が膵臓癌の為、享年84歳。(合掌)故 黒澤満のセントラル・アーツを経て、1978年にキティ・フィルム設立に参加。その後も岡田裕や佐々木史朗らと共にアルゴ・プロジェクト製作から配給、興行まで全てを自主的に手掛けるシステムの構築を模索した。...

  • 0
  • 0

TVプロデューサー 堀川とんこう 死去

TVプロデューサー 堀川とんこうが肺癌の為、享年82歳。(合掌)脚本家では、市川森一 倉本聰 山田太一、最近では岡田惠和演出家・プロデューサーでは、大山勝美、久世光彦、鴨下信一、和田勉と、管理人が名前だけで、見たくなるドラマ制作者の一人でした。...

  • 0
  • 0

映画監督 佐々部清 死去

佐々部清監督が3/31までに、心疾患の為、死去した。享年62歳(合掌)管理人が、同監督に注目したのは『チルソクの夏』(2004年)からかヒロイン役水谷妃里にも注目した。今年1月には『この道』を観ている。...

  • 0
  • 0

作家 勝目梓 死去

性と暴力の世界を描く官能バイオレンス小説で一時代を築き、320冊を超える著作を発表した作家の勝目梓が 3/3、心筋梗塞の為、死去。享年87歳。(合掌)時期的な関係からか、管理人は『化石の荒野』や『黄金の犬』の西村寿行と混同する。...

  • 0
  • 0

撮影監督 仙元誠三 死去

撮影監督 仙元誠三(せんげん せいぞう)が、3/1 誤嚥(ごえん)の為、享年81歳。(合掌)代表作 大ヒット刑事ドラマ『あぶない刑事』セントラル・アーツの社長 故黒澤満とのタッグ作品...

  • 0
  • 0

作家 藤田宜永 死去

冒険小説や恋愛小説で知られる直木賞作家の藤田宜永が 1/30、右下葉肺腺癌の為、死去。享年69歳。(合掌)奥さんも直木賞作家 小池真理子。昭和51年『野望のラビリンス』で小説デビュー。平成7年『鋼鉄の騎士』で日本推理作家協会賞長編部門などを受賞。13年『愛の領分』で直木賞を受賞した。...

  • 0
  • 0

イラストレーター 和田誠 死去

イラストレーター 和田誠が10/7、肺炎の為、死去した。享年83歳(合掌)管理人の知見は、やはり映画監督としてですね。...

  • 0
  • 0

映画監督 降旗康男 死去

降旗康男監督が5/20、肺炎の為、死去した。享年84歳(合掌)管理人の劇場での高倉健映画鑑賞作品は全て、降旗康男監督作品でしたね。風貌はいかりや長介+脚本家 丸山昇一!?遺作は2017年の『追憶』...

  • 0
  • 0

映画監督 佐藤純彌 死去

佐藤純彌監督が2/9、多臓器不全のため死去。享年86歳。(合掌)『植村直己物語 』(’86)の北極や『おろしや国粋無譚』(’92)のシベリアなど困難な海外ロケも敢行、“極地監督”と呼ばれた。2010年の『桜田門外ノ変』が遺作となった。個人的には、角川映画『野性の証明』(’78)の戦車の大群が丘に列をなすシーンを見て、日本映画もここまで来たかと震えましたね。...

  • 0
  • 0

映画プロデューサー 黒澤満 死去

映画プロデューサー 黒澤満が肺炎の為、享年85歳。(合掌)大ヒット刑事ドラマ『あぶない刑事』シリーズの生みの親だ。東映セントラルフィルム(後のセントラル・アーツ)の社長さん東映系なので、アクションではあるが、任侠路線より、こ洒落たコミカルな作品を提供。松田優作の『遊戯』シリーズ監督:村川透 脚本:丸山昇一 撮影:仙元誠三 と名前が並んだだけでも、シビレたもんだ。...

  • 0
  • 0

脚本家 布勢博一 死去

脚本家 布勢博一(ふせ ひろいち)が 8/13、慢性腎不全の為、死去。享年86歳。(合掌)テレビドラマでは水谷豊主演の『熱中時代』シリーズ(教師編、刑事編、教師編第2シリーズ)『事件記者チャボ!』(1983年)田村正和主演『男の家庭科』(1985年)...

  • 0
  • 0

脚本家 早坂暁 死去

脚本家 早坂暁(はやさか あきら)が 12/16、腹部大動脈瘤破裂の為、死去。享年88歳。(合掌)吉永小百合とのコンビ作品の印象が強い。...

  • 0
  • 0

イラストレーター 長友啓典 死去

WOWOWで「W座からの招待状」(毎週日曜午後9時)を結構、観ている。ナビゲーター二人の上映前後のトークと案内状(文章とイラスト)も楽しみの1つナビゲーター 放送作家の小山薫堂(『おくりびと』の脚本を書いた人とは最初、知らなかった) 初 代:イラストレーターの安西水丸 2011年10月~2014年3月 二代目:イラストレーターの長友啓典 2015年 4月~2017年2月番組では各月に放送される4~5回分の収録を一度に行っており、事前...

  • 1
  • 0

映画監督 鈴木清順 死去

鈴木清順監督が2/13、慢性閉塞性肺疾患のため死去。享年93歳。(合掌)”清順美学” 独特の色彩感覚と映像美学で知られる。本年度米アカデミー賞本命と目される『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督も1月末の来日会見で清順監督の『トウキョウドリフターズ(東京流れ者)』(1966年)の影響を受けたと言っていました。[主な作品]大正三部作...

  • 0
  • 0

米映画監督 ゲイリー・マーシャル 死去

米映画監督のゲイリー・マーシャルが7/19、米カリフォルニア州バーバンクにて脳卒中後の肺炎による合併症で死去。享年81歳(合掌)プリティ・ウーマン(1990年)コールガールが実業家と出会い、トップレディに変貌する現代版『マイ・フェア・レディ』ジュリア・ロバーツの人気を不動のものにし、以降、同監督作品の邦題は”プリティ”と冠せられる作品が続く。...

  • 0
  • 0

米映画監督 マイケル・チミノ 死去

米映画監督のマイケル・チミノが7/3、米カリフォルニア州ビバリーヒルズの自宅で遺体で見付かった。享年77歳(合掌)『ディア・ハンター』(1978年)代表作 米アカデミー賞の監督賞など5部門受賞ベトナム戦争に従軍した若者たちの過酷な運命を描いた傑作ロシアン・ルーレットのシーンは語り草になっている。出演:ロバート・デ=ニーロ クリストファー・ウォーケン ジョン・サヴェージ ジョン・カザール メリル・ストリープ...

  • 0
  • 0

水谷豊 新曲 『ありがとう』

俳優 水谷豊が歌手として6年ぶりに新曲『ありがとう』を発売収録曲『俺達のマドンナ』で宇崎竜童とコラボこの曲は、2010年の『人生ロマン派』のアンサーソングとなっている。...

  • 0
  • 0

「エジプト人100に聞きました」

2014年末、首都カイロで地元の人に「日本人と聞いて浮かぶ人物は?」と聞いた結果(東京新聞夕刊)10人中3人を占めるカンフースタージャッキー、ブルース・リー、ジェット・リー3氏のインパクトはさすがですね。サモ・ハンやユン・ピョウ、チャウ・シンチーなどもランク外ではあるが上位かも...そう考えると、ペ・ヨンジュンやイ・ビョンホンの韓国俳優が混同されないのが不思議アニメの影響も大正解は政治家・スポーツ選手に限られ、歌手...

  • 0
  • 0