Category【読書】 [重松 清] 1/1

重松 清 著 『あすなろ三三七拍子』

あすなろ三三七拍子【単行本】廃部寸前の大学応援団を存続させる為に、社命で社会人入学させられた45歳のオジサンの奮闘物語。「合言葉は、押忍。(オス)」思いっきり笑って、泣けます!!...

  • 0
  • 0

重松 清 著 『気をつけ、礼。』

気をつけ、礼。【単行本】 教師と生徒の関係を描いた6編の短編集 ・白髪のニール ・ドロップスはさまの涙 ・マティスのビンタ ・にんじん ・泣くな赤鬼 ・気をつけ、礼。...

  • 3
  • 0

重松 清 著 『ブランケット・キャッツ』

ブランケット・キャッツ【単行本】二泊三日のレンタル猫を軸にした7編のオムニバス(1)花粉症のブランケット・キャット(2)助手席に座るブランケット・キャット(3)尻尾のないブランケット・キャット(4)身代わりのブランケット・キャット(5)嫌われ者のブランケット・キャット(6)旅に出たブランケット・キャット(7)我が家の夢のブランケット・キャット...

  • 2
  • 1

重松 清 著 『口笛吹いて』

口笛吹いて【単行本】 家庭に職場に重荷を抱え、もう若くない日々を 必死に生きる人々への応援歌短編5編 「口笛吹いて」「タンタン」「かたつむり疾走」 「春になれば」「グッド・ラック」...

  • 3
  • 1

重松 清 著 『カシオペアの丘で(下)』

カシオペアの丘で(下)【単行本】テーマは”赦し”シュンの北都での4ケ月に亘る闘病生活...

  • 0
  • 0

重松 清 著 『カシオペアの丘で(上)』

カシオペアの丘で(上)【単行本】小学時代の幼馴染み4人が、18年振りに、「カシオペアの丘」=遊園地で再会...

  • 0
  • 0

重松 清 著 『きみの友だち』

きみの友だち【単行本】友だち=「歩く速さがおんなじ」 10編の友だちに関する物語。全編が収束される後半3-4編が特にオススメ。映画化 監督:廣木隆一出演:石橋杏奈 北浦愛 吉高由里子...

  • 1
  • 1

重松 清 著 『その日のまえに』

その日のまえに【単行本】「その日」=死期短編7編が終盤リンクする展開。各タイトルが歌の題名を模す。重松作品は「過去への探訪」が1つのジャンルとして確立していますね。読後感は、「かつて連城三紀彦の『恋文』を読んだ時と似ている。」と言えば、判って頂けるのでは ・・・・・...

  • 1
  • 0

重松 清 著 『いとしのヒナゴン』

いとしのヒナゴン 【単行本】直木賞作家が映画化を前提に書き下ろした作品。比奈町の2つの騒動を描く。 「珍獣ヒナゴン」と「平成の大合併」映画 『ヒナゴン』 (名古屋公開10/29-11/4 名演小劇場)配役 五十嵐町長 … 伊原剛志    石井信子  … 井川 遥(執筆段階から想定)    石井健作  … 夏八木勲    片山市長  … 豊原功輔かなり原作のイメージに近い配役ではないでしょうか?五十嵐の妻は登場しないのかなぁ。...

  • 1
  • 1

重松 清 著 『エイジ』

エイジ【単行本】キレる中二と通り魔事件を描く。題名は主人公の名前と年齢(age)をかけている。第12回(1999年) 山本周五郎賞受賞作品...

  • 0
  • 0

重松 清 著 『日曜日の夕刊』

日曜日の夕刊【単行本】昨年より嵌っている重松作品。重松清は、当時の感覚を活写し、心の機微を描く短編の名手である。『サンデー毎日』連載の短編小説を収録...

  • 0
  • 0