『幸せのちから』

幸せのちから
所持金が21ドル33セントのホームレス父子が
半年間の株仲買人養成期間を乗り切る姿を描く。

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

原題:The Pursuit of Happyness
'81年のお話なので、懐かしのものが登場
 ・ルービックキューブ
 ・タクシーの広告に『レイジング・ブル
  ※主演のデ・ニーロが、引退後の肥満体型を表現する為、
   体重を27kg増量、役作りとして「デ・ニーロ・アプローチ」を生み、
   第53回アカデミー主演男優賞を授賞した作品
 ・TVでレーガンの不況話放送

挿入歌で『明日に架ける橋』
(ブリッジ・オーバー・トラブルウォーター)が使われていました。

ラスト、坂の上でウィル・スミス親子と擦れ違うスーツ姿の黒人男性が
この物語の主人公クリス・ガードナー本人らしい。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月16日(月)22:29:07
ブログパーツ

Comment 3

There are no comments yet.

Hiro  

>masakoさん

TB有難う御座いました。
ウィル・スミスの賞獲りも話題になっていますが、
(フォレスト・ウィテカー一人勝ちの様相ではあるが)
採用が決まった場面ともう1ケ所、
泊まる所がなくなり、愈々、トイレで一夜を明かさなくては
ならなくなった場面の涙も印象的でした。

2007/02/08 (Thu) 01:07

Hiro  

>hiralynさん

TB有難う御座いました。
レントゲンの2倍もする骨密度計測器
何か怪しげな製品でしたが、それをコンスタントに売っていた事から
主人公の営業能力は証明済!?。

2007/02/13 (Tue) 06:55

Hiro  

>ぴろりさん

TB有難う御座いました。
何事も継続が肝心。目標を持った生き方に共感。

2007/03/28 (Wed) 23:23

Leave a comment

Trackback 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『幸せのちから』 試写会鑑賞
  • 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたこ
  • 2007.02.07 (Wed) 23:33 | 映画な日々。読書な日々。
この記事へのトラックバック
  • ★「幸せのちから」
  • 今週の平日二本立て鑑賞の2本目。1本目は「愛の流刑地」。
  • 2007.02.13 (Tue) 02:16 | ひらりん的映画ブログ
この記事へのトラックバック
  • 幸せのちから
  • 「幸せのちから」、観てきました。ホームレスから億万長者になったクリス・ガードナーさんのお話。実話に基づいた物語。ホントに生活が厳しくて、結構重い。だけど彼は、最初から最後まで自分を信じてて・・。そ
  • 2007.03.28 (Wed) 02:35 | Fluffy