大沢 在昌 著 『Kの日々』

Kの日々
【単行本】
登場人物の設定・キャラは面白いが、
会話が説明調に終始し過ぎた。
《 登場人物 》
木(もく 木村晃二)探偵 元刑事
 携帯使分 A個人用 B丸暴 C水商売風俗 D秘密ナンバー
 詐欺事件の4億をめぐり同僚辻川が右足義足に。
K(ケイ 元山京)雑貨店K's Favorite Things
 恋人 李東京湾に浮かぶ(死体は実は弟の孟)

3年前組長誘拐事件(身代金8千万)
 丸山組 組長耕二-愛人里香(19)
 二代目=メール男 ボディガード島崎
   組員坂本栄一 花口
   中国人(黒孩子ヘイハイズ) 李偉文⇒周剛
      ボス康 VS 敵対グループ張 弟 孟

畑吹産業 死体処理業
 畑吹カズオ ゲイ
   母 花江「星花」 ホステス 楓(22)
池袋双栄会 丸山組と不仲
 春山 馬=孟
鬼塚 四谷警察署悪徳刑事
警視庁捜査二課 結城警部補

《 Point 》
 メール男=丸山二代目
 東京湾の死体=孟
 李は馬に成りすまし帰国旅券法違反で2年服役
   〃      服役中に8千万を元手に大儲け

《 Hit 》
 李 → 孟  周剛 → 鬼塚
 畑吹 → 張
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月19日(日)20:49:50
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment