桂 望実 著 『Run!Run!Run!』

RUN!RUN!RUN!
【単行本】
オリンピックを目指す天才アスリートは
親の招いた遺伝子操作の産物だった。
トップランナーの孤独・苦悩・挫折を描く。
岡崎優(18) S大学陸上部
 父 秀光(51) ネット広告代理店
 母 弘子(50) 専業主婦
 兄 巽(21) G大学医学部 電車に轢かれ急死

秋田正昭 N大学医学部 遺伝子学

S大学陸上部
 監督:村木遼太
 コーチ:佐野克秀 小松卓三(ボン)
 マッサージ:安達裕太郎
 保健師:水野あさ美 占い
 部長:宮尾佑磨 4年
 先輩:清水亮太 4年
 岩本海人 L高校 島根出身 実家旅館

「コルトクラブ」陸上選手育成
取材 成宮隆 優の人生30年を1冊の本にして出版

遺伝子操作 副作用 真性多血症

《 PickupWord 》
「もっともっとって思うのよね。これでいいって思えないのよ。
すっごく年をとったら、もういいやこの辺でって思えるようになるのかな?」
「どんな親から生まれたかで、生きる世界の大きさが決っちゃうんだよ。」
「努力はね、裏切らない神様だ。努力した分、必ずご利益がある神様だ。
だけどこの神様はのんびり屋で、ちょっと気まぐれだから、
いつご利益があるかわからない。だから神様を信じられなくなるときがある。
でもちゃんと見てる。知ってる。」
「だけどそこで諦めたら終わっちゃうから。夢ってさ、見てたいじゃん。
諦めなくて良かったよ、本当に。」
「負けたヤツにもきちんと拍手を送れるようになる」
「夢を叶えることなく卒業して、サラリーマンになる。次の夢を見つけられる
ように頑張るよ。社会人になっても夢はもっていたいからさ」
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月24日(月)10:37:15
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment