『裁判員制度 -もしあなたが選ばれたら-』 2007年08月11日(土)04:00:21


裁判員制度をホームドラマの要素
(父子関係の見直し)を絡めて紹介

監督:中村雅俊
脚本:大根健一
主演:西村雅彦
主題歌:『家路』 唄:中村雅俊
企画・製作:法務省 時間:58分

篠原裁判長 曰く
「ある日突然誰かが被害者になり、誰かが加害者になるんです。」
「同じ社会に生きる人間として、一人ひとりが問題を共有して考えよう
という意識を作りあげる事、それが裁判員制度の意義だと思うんです。」
「無関心こそ最大の罪です。」
「苦手なものから逃げ出したくなるのは皆同じですね。」
裁判:殺人未遂事件
判決:有罪
    懲役3年執行猶予5年

《 キャスト 》 参考チラシ
 裁判員井上 … 樋口浩二 『棟居刑事シリーズ』で共演
 裁判員榊原 … 加藤夏希
 西村雅彦の妻小林幸子 … 未來貴子
 被害者吉村毅の彼女真島理恵 … 矢吹春奈 初のTバック姿で話題
 バー「居留地」マスター … 原隆仁 『夜逃げ屋本舗』シリーズ監督
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 裁判員制度  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2017年11月04日(土)22:31:12ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [3件]

非公開コメント

DVD貸し出し

DVD貸し出しの栄えある市民第一号となりました。
まだ、施行まで1年以上あるとは言え、広報不足では…

裁判員に選ばれる確率

裁判員裁判 60ケ所(地裁本庁50+支部10)
全国平均 年間4,160人に1人
名古屋:対象事件数 216 有権者数 5,713,207
     選任確立 1/3310
確立の高い地区:大阪・千葉・津・高松・名古屋・東京
確立の低い地区:金沢・大分・松江・秋田・釧路

対象事件:強盗致傷 30% 殺人 21%
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070814STXKB053813082007.html

公判日数

裁判員法では「公判前整理手続き」の実施を義務付け、
改定刑事訴訟法では「審理に二日以上を要する事件は、
出来る限り連日開廷し、継続して審理を行わなければ
ならない」とされている。

2005年11月から導入された「公判前整理手続き」が
実施された事件の公判回数は昨年度平均3.3回で
裁判員制度実施後は、概ね3日以内で結審出来る見通し。

 商品検索

 タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『火花』 2017/11/23
『オケ老人!』 2017/11/20
『大鹿村騒動記』 2017/11/18
映画『一茶』製作会社が破産 2017/11/15
『マザーズ・デイ』 2017/11/12
Facebook向けサムネイル画像URL追加 2017/11/11
最近気になるCM[26](柴咲コウ) 2017/11/10
『ケンとカズ』 2017/11/09
『君の名は。』 2017/11/08
『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』 2017/11/07
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第98位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第46位
アクセスランキングを見る>>