『自虐の詩』

自虐の詩
どうしょうもない元ヤクザと
健気にそれを支える元娼婦

個人評価:★★ (2.0P)】 『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

原作:業田良家
阿部寛扮する葉山イサオは幸江に一目惚れかぁ~。
ゴーストライダー風に登場し、マトリックススタイルでストーカー
エンコ落としてからは到底堅気に見えないパンチパーマ男
年に40回近く卓袱台をひっくり返し、農家からは顰蹙者だぞー。

遠憲の乙女チックなひた向きさを見習いなさい!!
西田敏行を銀行強盗に奔らせる名取裕子は久々ですねぇ。

個性的な作品が続く中谷美紀だが、そろそろ『雨鱒の川』(’04)のような
シリアスな作品への出演を望む!!

縁起物の5円玉硬貨 - - - - - 既に平成二十年版が出回っているのかぁ。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月31日(木)02:56:42
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

Hiro  

>masakoさん

>出会った時は幸江にあんなに惚れていたイサオが、
>なんであんな毎日のようにちゃぶ台をひっくり返したり、
>理不尽な行動を取るようにになってしまったのか。
堅気になってはみたものの、根っからヤクザ気質で
日々の生活に鬱屈していったのでしょうか.....

2007/11/02 (Fri) 00:58

Hiro  

>hiralynさん

TB有難うございました。
ほんと、熊本さん(丸岡知恵)パワーには圧倒されました。(笑)
祝!!阿部寛(43) 結婚

2007/11/21 (Wed) 06:55

Leave a comment

Trackback 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『自虐の詩』 試写会鑑賞
  • ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らないものが並ぶとちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は彼を心から愛していた。幸江は幼い
  • 2007.10.31 (Wed) 22:05 | 映画な日々。読書な日々。
この記事へのトラックバック
  • ★「自虐の詩」
  • 今週の週末レイトショウは、いろいろ候補があったけど・・・4コマ漫画からの映画化?とか、ひらりん好みの中谷美紀だし・・・最近阿部寛もオモシロイし・・・って事で本作に決定。
  • 2007.11.21 (Wed) 03:55 | ひらりん的映画ブログ