cinema-days 映画な日々

『悪夢探偵』

2008/01/11
松田龍平
悪夢探偵
他人の夢に入る事の出来る特殊能力を持つ“悪夢探偵”が
連続猟奇殺人事件に挑むサイコ・サスペンス

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

【スポンサーリンク】
映画初出演のhitomiのセリフ回しが気になる...

《 名セリフ 》
影沼京一(松田龍平) → 大石恵三(原田芳雄)
「ここへだって本当は来たくなかった。
来た理由は、あなたが僕の父の恩師だから。それだけです。」
自殺勧誘サイト 「今、タッチしました」
霧島刑事 「地獄も結構でございます」

《 シリーズ第二弾 》
第一弾のサイコからスリラーにタッチが変わるようです。

気になる脇役
最初の被害者となるパンク娘 … 猪俣ユキ
少女時代の霧島の父:利重剛 『ドルフィンブルー』などにも出演
少女時代の霧島の母:塚本敦子(塚本監督の身内??)
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[ア行]

コメント歓迎!! 3

まだ、コメントはございません。

Hiro

松田龍平新作

『蟹工船』('09年7/4公開予定)
監督:SABU
原作:小林多喜二
共演:西島秀俊 柄本時生 新井浩文

松田:「原作を読まずにやりました。胸も熱くなったし、
何でもできる気持ちになれる映画。分かりやすい敵がいない分、
今の方が辛いんじゃないかと思う」
西島:「辛くても考え続ければイメージが出来上がり、
行動につながる、という(映画の)メッセージが響きました」

2008/11/12 (Wed) 20:17

Hiro

『悪夢探偵2』

('08.12/20公開予定)
監督:塚本晋也
出演:松田龍平 三浦由衣 市川実和子

2008/12/03 (Wed) 19:59

Hiro

『鉄男』の米版製作発表

『TETSUO THE BULLET MAN』(全編英語撮影)
監督・脚本:塚本晋也(一人7役担当)
出演:エリック・ボジック 桃生亜希子
内容:最愛の息子を殺された怒りから“鋼鉄の銃器”に
   変身していく男の物語
邦版から20年
塚本監督:「自分の集大成なので、期待して欲しい」

祝!第66回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品
9/5深夜0:00の上映に拘らず、マニアックなファンが参加。
コンペ初出品で上映後には約5分間の拍手を浴びる。
塚本監督:「レッドカーペットをみんなで足並みそろえて
結婚式のように歩き、やはりすごいことなんだと実感した」

2009/07/25 (Sat) 10:11

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook