『やわらかい生活』

やわらかい生活
絲山秋子の原作『イッツ・オンリー・トーク』を
ヴァイブレータ』チームが映画化

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)
鬱病を抱える35歳のシングル女性が、粋のない街・蒲田に引越し、
胸に火傷の痕を抱えながら銭湯通いをし、
ネットのPhotoコーナーに写真を投稿しながら、
両親の保険金で「好きな事だけして生きていく」

《 周りの男たち 》
K(田口トモロヲ) … 合意の痴漢をする建築家 50歳
安田昇(妻夫木聡) … 拳銃を所持しながら来る時に備えるヤクザ 24歳
本間(松岡俊介) … 早稲田大学時代の同級生 都議会議員 35歳
      同 片思いし続けるバッハ(大森南朋)
祥一(豊川悦司) … 熊本の従兄 40歳

《 二人の生活 》
橘優子(35) …
金魚に「うどんとそば」と名付け、風呂上りは断然トマトジュース
ほおづきに「雨季のような欝で、今年は夏を知らなかったから、
季節が1つ飛んじゃっていて、今、夏を見ているの」
祥一(40) …
後ろのポケットにビニール傘をぶら下げても30cm程の余裕を
見せながら、「昔のアルバムより、今が勿体無い」と熊本に帰る。

《 それぞれの終焉 》
Kは子供と自転車を連ね買い物
安田は仕事を仰せつかりオツトメの予定
本間は選挙運動中、支援者と良い中
祥一は離婚届を持ち酔っ払い運転中、死のダイブ

そんなんで、優子は鬱病から立ち直れるのだろうか??
寺島しのぶは、こういった役柄が上手い。自然体で魅力的です。

【 寺島しのぶ出演作品 】
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年05月20日(土)14:08:14
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

Hiro  

寺島しのぶがインタビュアーに挑戦

ザ・ノンフィクション インタビュードキュメント・女優~寺島しのぶが
3人の女優に聴く『女の幸せ・女優の至福』 日本テレビ系1/10
「ヒロインの低年齢化、恋愛もの全盛の世の中で、『若さ』が
絶対的な価値観を持ち、35歳にもなると、なかなか年齢に
見合った役がこないのが現実」「一体どうすれば『女優』としての
尊厳を保ち、やりがいのある仕事を勝ち取っていくのか…」

寺島自身が選んだ自らも個性派として活躍するが、勝るとも
劣らない個性を持つ大竹しのぶ 桃井かおり 倍賞美津子 と対談

2010/01/07 (Thu) 21:20

Hiro  

寺島しのぶ最優秀女優賞

第60回ベルリン国際映画祭
最優秀女優賞受賞(H22.2.20)
『キャタピラー』('10年8/14公開予定)
監督:若松孝二
共演:大西信満
主題歌:『死んだ女の子』 唄:元ちとせ
内容:太平洋戦争中の農村を舞台に、中国戦線から
復員した傷痍軍人と妻の関係を通して戦争の矛盾を描く。

2010/02/21 (Sun) 21:29

Leave a comment