『紀子の食卓』 2008年03月07日(金)23:24:44

紀子の食卓
家出少女が上京。サイトで知り合った女性を通じ、
レンタル家族(役割変更)を演じる事で、自我に変調をきたす。

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

園子温監督が『自殺サークル』(’01)のその後の世界を描く。
 chapter1 紀子(吹石一恵)
 chapter2 ユカ(吉高由里子
 chapter3 クミコ(つぐみ)
 chapter4 徹三(光石研)
 last chapter ポケットのなかのナイフ

 廃墟ドットコム 「あなたはあなたの関係ですか」
   上野駅54 … つぐみ(『贅沢な骨』サキコ役)
   決壊ダム … 安藤玉恵(『松ヶ根乱射事件』三浦友和の子を孕む役)
   廃人5号 … 渡辺奈緒子(『少林少女』ディフェンス湯浅奈緒子役)
   ろくろっ首 … あべちひろ
   深夜 … 小貫華子(『問題のない私たち』女生徒役)
 コーポレーションIC「レンタル家族」
   サークル「自殺クラブ」=死ぬ役割

島原家
 紀子(ミツコ):停電の夜、豊川市中町から家出
          上野駅54(クミコ)と会う
 2002.5.26.新宿駅8番線プラットホームから女子高生54人が
 ホームへと一斉に飛び込み集団自殺
 妹ユカ(ヨウコ):姉を追って家出
 母妙子:一ヵ月後自殺
 父徹三:二ヵ月後東海微微新聞退社
      二年後、紀子・ユカを見つけ出す
      食卓=すき焼き鍋
クミコ(上野駅54):コインロッカーベイビー
 5年前、母吉田さゆり面会(本当の母親かな!?)



吹石一恵主演作というより、クミコの世界観・徹三の執念に圧倒されます。
クミコ役つぐみ・徹三役光石研は、園子温の次作『エクステ』にも出演
島原家のある豊川市(愛知県)は監督の出身地
【スポンサーリンク】

【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 園子温 吹石一恵  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2018年08月13日(月)09:39:16ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [5件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

mini review 07230「紀子の食卓」★★★★★☆☆☆☆☆

17歳の平凡な女子高生・紀子は、父・徹三、母・妙子、妹・ユカの家族4人で暮らしている、。田舎の生活や家族との関係に苛立ちを感じていた彼女は、「廃墟ドットコム」というサイトで知り合った女の子たちに悩みを打ち明けていた。彼女... 続き 詩人は、世界の皮膜を、剥...

映画 【紀子の食卓】

映画館にて「紀子の食卓」(地元ミニシアター“日本映画特集”その3) 園子温監督による衝撃作『自・殺サークル』の続編的作品。 現状に違和感を感じていた女子高生・紀子(吹石一恵)は“廃墟ドットコム”というサイトにのめりこみ“上野駅54さん”に会うために家出し

紀子の食卓

「自殺サークル」に続いて、園子温監督作品をDVDで連続鑑賞。

紀子の食卓

“上野駅54”というハンドルネーム。これは「上野駅にいるkossy」を表している。

「紀子の食卓」

高校生の主人公の紀子は家族思いの父親に嫌気がさして家出し、ネットでチャットを繰り返していた廃墟ドットコムというサイト運営者に会い...

コメントの投稿 [6件]

非公開コメント

役者

TBありがとう。
僕は、吹石一恵がなんかもさっとしていて好きな役者じゃないんですけど、この作品では比較的いい演出をしていたと思います。

>kimionさん

CM&TB有難うございました。
上映時間159分と長尺な作品でしたが、どういった結末になるのか
最後まで飽きさせない内容でした。

>ミチさん

TB有難うございました。
159分の長尺と予め知っていれば、ちょっと引いてしまう題材だが、
紀子が「クミコワールドに引きずり込まれていく」辺りからは
この先どうなっていくのか、
目が離せませんでしたね。

>Taoさん

TB有難うございました。
つぐみのレンタル家族成り切り演技・強烈キャラは、ほんと、
衝撃的でした。このイメージが頭から離れず、当分の間は、
普通の役柄の彼女を見ても、裏キャラを想像してしまいそうです。

>kossyさん

TB有難うございました。
「レンタル家族」を扱った作品をたまに拝見しますが、
それだけ需要があるんでしょうねぇ...
「コインロッカーベイビー」では村上龍の著作('84)を想起しました。

>pocky7777さん

TB有難うございました。
園子温の世界は特殊ですから...

 商品検索

 タグ [上位30件]




 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『未成年だけどコドモじゃない』 2018/11/15
『ひまわり(邦画)』 2018/11/14
『ザ・メイヤー 特別市民』 2018/11/13
『贅沢な骨』 2018/11/12
『サイバー・リベンジャー』 2018/11/11
『彼女がその名を知らない鳥たち』 2018/11/10
『68キル』 2018/11/09
『MASTER/マスター』 2018/11/08
『ジオストーム』 2018/11/07
『世界は今日から君のもの』 2018/11/06
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第38位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第17位
アクセスランキングを見る>>