『クロサギ』

映画 クロサギ
嘗て詐欺の被害に遭い、家族を失った少年がいた・・・
やがて彼は、詐欺師のみを騙し打つ最凶の詐欺師[クロサギ]になった...

個人評価:★★ (2.0P)】 『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

原作:黒丸・夏原武(小学館「週刊ヤングサンデー」)
2006年のTBS連続ドラマ平均視聴率No.1の映画化
世に詐欺師、3種あり。人を騙して金銭を奪う「シロサギ」
異性の心と体を弄ぶ「アカサギ」そして・・・
シロサギとアカサギのみを喰らう史上最凶の詐欺師がいる---
その名は「クロサギ」

管理人はTV版は未見である。従ってレギューラー陣のポジションが分からない。
大学生の吉川(堀北真希),ゆかり(市川由衣)、
劇団ゆうかり「ジュリアス・シーザー」
シロサギ白石(加藤浩次)
追っ駆けている刑事(哀川翔・田山涼成)なんか、只の駒回し的扱い
佐々木すみ江、ミッキー・カーチスなんかも準レギなんだろうか。

冒頭「人間は動きまわる影にすぎない」とシェイクスピアを引用
桂木リア王(山崎努)に刀を向ける黒崎は茶番である。
コインランドリーの通りすがりのオッサン(鶴瓶)が石垣(竹中直人)の黒幕!??
桶川(飯島直子)も娘の手術の為に土下座なんかしても無駄なのに...
そこにズタ袋を引きずる娘が登場(唖然)
黒崎も石垣のケイタイを掏り替えられなきゃ、計画パァ~でしょう...
そんなんで「史上最凶の詐欺師」と言える???
”詐欺もの”のお約束である観客を騙してなんぼのカタルシスがかけらもない。

《 名言集 》
真紀子(奥貫薫)「大人の女の魅力を知らないのね」
石垣(竹中直人)「覚えるのに一分,極めるのに一生」
          ---「いつかお前にも終りが来る」
黒崎  ---「終わらんよ、シロがいる限り。毎度有り」
父親の敵御木本(岸部シロー)の登場は続編への布石か

《 初日舞台挨拶 》
山下智久:
「(38億円が手に入ったら?)今回で終わってしまうのは寂しいので、
もう1本作ります。オール海外ロケもいいですね」
参考になるかな…:「興行収入を予想し見守るHP

映画クロサギオフィシャル・ガイドブック

小学館
売り上げランキング: 40920
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月14日(火)07:38:10
ブログパーツ

Comment 3

There are no comments yet.

Hiro  

>やっぱり邦画好きさん

TB有難うございました。
確かに、詐欺師ものとしての面白さに欠けましたね。

2008/04/07 (Mon) 23:48

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
管理人は山下智久のファンでも、クロサギのファンでもないが、
このレベルで続編を作られるのは勘弁願いたい。
石橋蓮司はTVにも出ていたのだろうか??
一番楽しめたキャラでした。

2008/04/07 (Mon) 23:54

Hiro  

>tekutekuさん

TB有難うございました。
TV版を見てなければ、堀北真希の役どころは
さっぱり判りませんよねぇ...

2008/04/07 (Mon) 23:58

Leave a comment

Trackback 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『 映画 クロサギ 』
  • 映画 『 クロサギ 』 [公開情報] 日本【2008年3月8日公開】[ 上映劇場 ] 監督:石井康晴 脚本:篠崎絵里子 原作:黒丸・夏原武(原案) 【キャスト】 山下智久 堀北真希 加藤浩次 市川由衣 大地真央 竹中直人 飯島直子 笑福亭鶴瓶 田山涼成 
  • 2008.04.07 (Mon) 03:12 | やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ]
この記事へのトラックバック
  • 『映画 クロサギ』
  • □作品オフィシャルサイト 「映画 クロサギ」□監督 石井康晴 □脚本 篠崎絵里子 □原作 黒丸・夏原武 □キャスト 山下智久、堀北真希、加藤浩次、市川由衣、大地真央、竹中直人、飯島直子、笑福亭鶴瓶、田山涼成、奥貫 薫、北村有起哉、石橋蓮司、岸部シロー、哀川 ...
  • 2008.04.07 (Mon) 08:09 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック