『叫(さけび)』 2008年05月03日(土)10:31:40

叫 プレミアム・エディション叫(さけび)
ドッペルゲンガー』('02)の黒沢清監督と役所広司コンビが
再びタッグを組んだミステリー・ホラー作品

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

15年前に見捨てられた精神療養所の女の怨念が
同じ航路のフェリーを利用していた人々を襲う。

地震と共に女の妖気が漂う葉月里緒奈が恐い。
でも、スーパーマンみたいに宙に浮かぶのには失笑。

刑事は赤いドレスの女を殺したのか,白昼夢に悩まされる
吉岡は、『ドッペルゲンガー』さながらの二重人格者!?

必見シーン
・中村育二が追い詰められ屋上から飛び降りる場面
・伊原剛志が一瞬にして容器に吸い込まれる場面

被害者たち
(1)F18号=柴田レイコ(28) 吉岡に嫌疑がかかる物的証拠ばかり
(2)佐久間ユウスケ(17) 父親に金をせびるどうしようもない高校生
(3)小野田誠二(37) 会社の女に手を出す自己中男
(4)仁村春江 既に半年前に殺されていたんだ。
(5)宮地刑事 吉岡を怪しんだ故に。
(6)吉岡刑事??? 「あなただけ許します」
「私は死んだんだ。皆も死んで下さい。」

”ちょっと出”も豪華
精神科医高木:オダギリジョー 『アカルイミライ』('03)
船員:加瀬亮

黒沢清役所広司作品 》
CURE キュアカリスマドッペルゲンガー

役所広司出演作品 】
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 黒沢清 役所広司  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: -0001年11月30日(水)00:00:00ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [5件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『 叫(さけび) 』

映画 『  叫(さけび) 』   [東京フィルメックスで鑑賞] 2006年:日本 【2007年2月24日公開】[ 上映劇場  ] 監督:黒沢清 【キャスト】 役所広司 小西真奈美 葉月里緒奈 オダギリジョー  伊原剛志 加瀬亮 ほか 公式サイト (

『叫(さけび)』

※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって黒沢清監督の映画だよね。 つい最近、新作『LOFT ロフト』が公開されたばかりじゃニャい? こんどもホラーみたいなタイトル...

映画 【叫】

映画館にて「叫」 『LOFT ロフト』などの黒沢清監督と『呪怨』シリーズの一瀬隆重プロデューサーが初めて手を組んだ本格派ミステリー。 連続殺人犯を追う刑事の吉岡(役所広司)は、捜査を続けるうちに自分が犯人ではないかという疑問が浮かんでくる。被害者の周辺に残

「スーパーマンだ!」「いや、Gガールだ!」「きゃー、葉月里緒菜よっ!」

叫(さけび)◆幽霊譚が浮き彫りにした都市の「廃景」

    「叫」 (2007年・日本)   監督・脚本: 黒沢清   プロデューサー: 一瀬隆重   出演: 役所広司/小西真奈美/葉月里緒奈/伊原剛志 ミステリーとホラーの要素を不可分に繋げながら、忘れ去られることの悲しさ、罪深さを独特の映像的言語で綴った黒沢監

コメントの投稿 [7件]

非公開コメント

>やっぱり邦画好きさん

TB有難うございました。
葉月里緒奈の赤いドレスの女は怖かった。
葉月と一緒に見るからか、この時の小西真奈美は
ふっくらして見えました。

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
やはりこの映画の真髄は葉月里緒奈ですね。
[ゴジラ]

>ミチさん

TB有難うございました。
「女の高速飛行」は全体のホラー色からすると異質でしたね。
感想はミチさんと殆ど同じでした。

巨匠

TBありがとう。
ちょっとこちらからのTBはうまくいかないようで・・・。
ちょっと出にオダギリと加瀬をもってくるなんざ、さすが巨匠ですね。
あのふたりを主軸に、続編つくってもおかしくなさそうなんだけどね。

>kimionさん

CM有難うございます。
脚本が詰め切れてない...観客の想像力に委ねているのか,
観客に自分で考えるよう仕掛けているのか...
それにしても、オダギリ・加瀬の使い方が自作品への
顔見せ程度の出演では勿体無い。

>kossyさん

TB有難うございました。
サスペンス部分の相棒刑事を演じた伊原剛志や
警察署内のセットも緊迫感を醸し出していました。

>masktopiaさん

TB有難うございました。
赤いドレスの女は、傍観者だったフェリーの乗客を
殺人者にして、一体どうしたかったのだろう...

 商品検索

 タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『セル』 2018/02/17
『ローマ発、しあわせ行き』 2018/02/16
『ニューヨーク、アイラブユー』 2018/02/15
『ブラッド・ファーザー』 2018/02/14
川地民夫 死去 2018/02/13
『今夜、ロマンス劇場で』 2018/02/12
『T2 トレインスポッティング』 2018/02/11
『マンハント』 2018/02/11
『王の運命 -歴史を変えた八日間-』 2018/02/10
WOWOW映画の日 2018/02/10
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第58位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第28位
アクセスランキングを見る>>