cinema-days 映画な日々

『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』

2008/06/02
ジャン・レノ
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ [DVD]
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
トルコ国粋主義組織”灰色の狼”をモチーフにしたサイコ・スリラー
原作は『クリムゾン・リバー』と同じ、ジャン=クリストフ・グランジェ。

個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:L' Empire des Loups(狼の帝国)

【スポンサーリンク】
高級官僚の妻アンナ,実は記憶を消されたトルコのヘロイン運び屋で
20kgのブツを失敬しようとした”灰色の狼”武術の達人セマ・コカルバ

3人の猟奇殺人は追っ手の殺し屋の仕業だったのね。
”鉄の男”レノと本部長はトルコの麻薬組織を追っていた。
そこに古今奮闘する若手刑事ネルトーがお邪魔虫。

トルコをこんなに悪ものとして描いて大丈夫??
ジャン・レノは暴力刑事役だが、やっぱり簡単には死にませ~ん。

《 この女優さんに注目 》
一人目の被害者の取調べに立ち会った婦人警官 … エロディ・ナヴアール
電話帳で見付けた精神科医マチルド・ウラノ女医 … ラウラ・モランテ

エロディ・ナヴァールラウラ・モランテ
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ア行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook