cinema-days 映画な日々

『イカとクジラ』

2008/06/09
ローラ・リニー
イカとクジラ
作家である両親の離婚を機に離れ離れになって行く家族と
傷ついていく息子たちを描く。

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Squid and the Whale

【スポンサーリンク】
舞台:1986年ブルックリン
監督自身の幼年期の実体験を映画化
タイトルの「イカとクジラ」は、ラストに出てくるNY自然史博物館の展示物

難解な小説を書きまくりスランプの父バーナード … ジェフ・ダニエルズ
文芸誌に新作を採用される浮気性の母ジョーン … ローラ・リニー
バーナード&息子ウォルトの家に転がり込む女学生リリー … アンナ・パキン
息子ウォルト,フランクのテニスコーチ・アイヴァン … ウィリアム・ボールドウィン

離れ離れになって行く親
 バーナード - リリー
 ジョーン - アイヴァン
傷ついていく息子
 ウォルト - コンテストで盗作曲を発表
 フランク - 酒浸り自慰に耽る
 次男フランク役のオーウェン・クラインはケヴィン・クラインと
 フィービー・ケイツの息子だそうです。(バッとしないなぁ)

映画の話題も登場
 『ブルーベルベット』(1シーン登場) 『ショート・サーキット
 『勝手にしやがれ』~デコラス(最低だ)~
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ア行]

コメント歓迎!! 7

まだ、コメントはございません。

Hiro

>kossyさん

TB有難うございました。
ローラ・リニー,アンナ・パキンなど好きな俳優さんが
共演しているのだが、題材が暗かった。

2008/06/10 (Tue) 21:17

Hiro

>nonさん

TB有難うございました。
そうか、子供二人が娘だったら、全然違った作品になっていたでしょうね。

2008/06/10 (Tue) 21:20

Hiro

>りおさん

TB有難うございました。
「昔母親が大好きだったことを思い出して、自然史博物館に
イカとクジラを観に行く」中盤までの重さを放り出した!?
呆気ない終わり方でしたね。

2008/06/10 (Tue) 23:13

Hiro

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
父・長男 VS 母・次男 の図式が付いた親に幻滅、
子が悪行に走る展開がリアルでした。

2008/06/11 (Wed) 02:51

Hiro

>ミチさん

TB有難うございました。
『ナイト・ミュージアム』で取り上げられていたN.Y.の
自然史博物館にある展示物がタイトルの由来になるとは...

2008/06/12 (Thu) 02:40

履歴書の転職

『イカとクジラ』へのコメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

2013/01/17 (Thu) 14:38

Hiro

>履歴書の転職さん

ご来訪有難うございます。CM有難うございました。
まとまりがない記事ばかりですが
今後ともよろしくお願い致します。

2013/01/18 (Fri) 23:06

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) イカとクジラ

タイトルからしてイカ臭かったのに、内容もイカ臭かった・・・

2008/06/10 (Tue) 07:32 by ネタバレ映画館
『イカとクジラ』

イカとクジラ(2007/06/20)ジェフ・ダニエルズ、 他商品詳細を見る 監督:ノア・ボーンバッハ CAST:ジェフ・ダニエルス、ローラ・リニー他 ...

2008/06/10 (Tue) 08:09 by Sweet*Days**
イカとクジラ

■ 新宿武蔵野館にて鑑賞イカとクジラ/THE SQUID AND THE WHALE 2005年/アメリカ/81分 監督: ノア・バームバック 出演: ジェフ・ダニエルズ/...

2008/06/10 (Tue) 22:47 by 映画三昧、活字中毒
『イカとクジラ』

----この映画も、昨年の賞レースに絡んできた作品だったよね。 変なタイトルだから覚えている。 でも、どういう意味ニャの?  「それを説明し始めると、 ストーリーを全部言わなくてはならないからなあ。 まずは、この映画のシノプシスから喋ろうかな。 かつては人気作家...

2008/06/10 (Tue) 23:13 by ラムの大通り
映画 【イカとクジラ】

映画館にて「イカとクジラ」 アカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品。監督は『ライフ・アクアティック』の脚本家ノア・バームバック。 人気作家だったが今は落ち目の父(ジェフ・ダニエルズ)と新進気鋭の作家の母(ローラ・リニー)は離婚を決意した。そのため、2

2008/06/11 (Wed) 23:19 by ミチの雑記帳
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook