cinema-days 映画な日々

『人のセックスを笑うな』

2008/11/08
永作博美
人のセックスを笑うな
男19歳の美大生と女39歳の非常勤講師、
歳の離れた男女の恋愛模様を描く。

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:山崎ナオコーラのデビュー小説(第41回文藝賞受賞)

【スポンサーリンク】
会えなければ終わりなんて、そんなもんじゃないだろう

・・・ と出てエンドロールに移った瞬間、
   それこそ観ていた観客が言いたいセリフだろうと思った
                  のは管理人だけだろうか。。。

この作品の魅力は何と言ってもキャスティング
みるめ役松山ケンイチ/ユリ役永作博美/えんちゃん役蒼井優

みるめ役の松山ケンイチ曰く(完成披露試写会舞台挨拶にて)
「僕自身、永作さん演じるユリにすごく恋愛感情を持ちましたし、
正直、今でも、会った瞬間に幸せな気分になって(笑)、
まだまだ自分の中にみるめがいるんだなって焦ってます」

ユリが猪熊(あがた森魚)と夫婦、既婚者だったのには驚き!!

劇中、ユリのアトリエの鴨居に頭をぶつける場面がありますが、
彼の長身(180cm)が目立ちました。又、自宅の廊下を歩く場面では
デスノート』のLを彷彿させる場面もあり失笑。

蒼井優演じるえんちゃんが冒頭、トラック運転席で急ブレーキの際
頭をミラーにぶつけて壊してしまったのは実際に起きたハプニング
だったそうです。

みるめとユリの歳の差は何と20歳!感じませんねぇ。
ユリと山田が同級生!そっちの方に驚きが持って行かれた(笑)

  松山ケンイチ(1985年3月5日) 永作博美(1970年10月14日)
  温水洋一(1964年6月19日)

実際の歳の差は、松山と永作が15歳、永作と温水が6歳でした。

ユリの好きな映画
 ・テロもの … テロリストが登場する作品 『ダイ・ハード
 ・動物もの … ロバ好き
みるめの苦手な食べ物
 ・カレー(インド) ・山葵入り鮨 ・炭酸飲料
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[ハ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[ハ行]

コメント歓迎!! 8

まだ、コメントはございません。

Hiro

>tekutekuさん

TB有難うございました。
自由奔放なユリの生き方は憎めませんでしたね。
只、猪熊との関係,猪熊を自分の手足みたいに
扱っている部分はどうも。
結局、ユリは彼なしでは生活出来ない訳で、
自活した女性とも言い切れない中途半端な存在。

2008/11/09 (Sun) 00:47

Hiro

>しまねこさん

TB有難うございました。
えんちゃんはあんなんで大学中退しちゃって良いの?
山田先生の黄色のバルーンが校舎の間で揺れている
様が見られると期待していたのに...

2008/11/09 (Sun) 21:56

Hiro

>asphaltさん

TB有難うございました。
井口奈巳監督が次回、どんな面子とどんな作品を撮るのか
実にたのしみです。

2008/11/10 (Mon) 01:42

Hiro

>cyazさん

TB有難うございました。
まだまだ、タイトルだけで映画を見る人もいるんですね。
蒼井優の片想いキャラに好感。

2008/11/10 (Mon) 22:21

Hiro

>chikatさん

TB有難うございました。
「題名にインパクトありすぎて」話題作りだけでも成功ですね。
昭和エレジーかぁ。どんな曲だったかなぁ。

2008/11/10 (Mon) 22:26

Hiro

>ミチさん

TB有難うございました。
「ナチュラル演技の作品に、セリフが少々聞きにくい」
編集段階で判るのに、それで良しとするのは
お金を払って観に来る観客に失礼じゃないかと思う。

2008/11/10 (Mon) 22:31

Hiro

>masakoさん

TB有難うございました。
えんちゃん役蒼井優ちゃん良かったですね。
灯油を入れるシーン=他人任せでいくら寒くても、
自分では入れない我慢する。なんて我が家と同じ!!

2008/11/12 (Wed) 00:22

Hiro

オリジナル・ブログパーツ

ハピネットピクチャーズユニット様より
『人のセックスを笑うな』時計のブログパーツ
5秒ごとに、映画の写真が変化する仕様
劇場公開時、DVD発売時にも配っていない
オリジナル・ブログパーツを頂きました。
http://mp.edita.jp:80/happinet/hitoseku2/

2008/12/25 (Thu) 23:44

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 恋の空回り。『人のセックスを笑うな』

2008年1月に劇場公開された邦画。20歳年上の女性に恋をした青年の物語です。

2008/11/09 (Sun) 00:30 by 水曜日のシネマ日記
人のセックスを笑うな

美術学校生のみるめ(松山ケンイチ)、えんちゃん(蒼井優)、堂本(忍成修吾)は、ある日の朝方、終電に乗り遅れた女性(永作博美)を車に乗せる。 数日後、3人は学校の喫煙所でその女性に再会する。彼女はリトグラフの非常勤講師ユリだった。 ユリのつかみどこ...

2008/11/09 (Sun) 06:11 by 韓国映画好き
★★★★ 『人のセックスを笑うな』

2008年。「人のセックスを笑うな」製作委員会。   井口奈巳監督・脚本。山崎ナオコーラ原作。  この映画のように高度な演出の技術を使って作られていながら、演出の上手さを強調することのない...

2008/11/10 (Mon) 00:59 by 映画の感想文日記
『人のセックスを笑うな』

□作品オフィシャルサイト 「人のセックスを笑うな」□監督・脚本 井口奈己□脚本 永調有香 □原作 山崎ナオコーラ □キャスト 永作博美、松山ケンイチ、蒼井 優、忍成修吾、市川実日子、藤田陽子、MariMari、あがた森魚、温水洋一■鑑賞日 1月26日(土)■劇場

2008/11/10 (Mon) 08:20 by 京の昼寝~♪
「人のセックスを笑うな」

「人のセックスを笑うな」TOHOシネマズ錦糸町で鑑賞 実は、今日はこれが3本目。 「氷雨」みて、「キサラギ」みて。 でもこの2本は一応レビュー済みなので後回し。 書くか書かないかも後は気まぐれ。 で、レイトショーの錦糸町のシネコン、ほぼ満員です。 東...

2008/11/10 (Mon) 17:24 by てんびんthe LIFE
映画 【人のセックスを笑うな】

映画館にて「人のセックスを笑うな」 山崎ナオコーラの同名小説を『犬猫』の井口奈己監督が映画化。 おはなし: 美術学校に通う19歳の磯貝みるめ(松山ケンイチ)は、39歳のリトグラフの非常勤講師ユリ(永作博美)と恋に落ちる。ところが、実はユリが既婚者であること

2008/11/10 (Mon) 20:47 by ミチの雑記帳
『人のセックスを笑うな』 @銀座テアトルシネマ

美術学校に通う19歳の磯貝みるめは、新任のリトグラフの講師ユリに絵のモデルを頼まれる。アトリエに連れて行かれ、されるがままにするすると服を脱がされてしまう。以来、20歳年上のユリにすっかり骨抜きにされて2人で過ごす濃密な時間にのめり込むが、ある日、夫がいるこ

2008/11/11 (Tue) 23:02 by 映画な日々。読書な日々。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook