『タロットカード殺人事件』 2008年11月09日(日)01:09:11

タロットカード殺人事件
記者志望の女子大生と手品師が
俄か探偵となって連続娼婦殺人事件を追う。

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Scoop(特ダネ)

ウディ・アレンも管理人が苦手とする監督の一人です。
彼がロンドンを舞台に新ミューズ・スカーレット・ヨハンソンと
組んだ作品第二弾。 (第一弾は『マッチポイント』)

前作同様、富の格差と殺人を描いていますが、
サスペンス仕立てではなく、コメディ色が強くなっています。
アレンとヨハンソンは、男と女ではなく父と娘の関係に。
ヨハンソンと恋に落ちるハンサムな金持ち役で
ニューヨークの恋人』等でロマンスものも演じる
ヒュー・ジャックマンが参加。

真犯人の逮捕で、ピーターの潔白が証明されたかに思えたが...
中盤では深読みし過ぎて、彼の父親が真犯人だという予想も
してみたのですが。
「ボート転覆」の件は前作風でしたが、今作品では(予想通り)
サンドラは泳ぎが達者で生還。策に溺れたピーターは自滅。
【スポンサーリンク】

【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 ウディ・アレン スカーレット・ヨハンソン  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2018年05月04日(金)23:34:52ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [6件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タロットカード殺人事件

原題 SCOOP 製作年度 2006年 上映時間 95分 監督 ウディ・アレン 出演 スカーレット・ヨハンソン/ヒュー・ジャックマン/ウディ・アレン/イアン・マクシェーン/チャールズ・ダンス/ロモーラ・ガライ ロンドン市街のマジックショー劇場で、ジャーナリスト志望の女子...

★「タロットカード殺人事件」

今週の週末レイトショウは・・・ 普通なら今週公開の「ボーン~」を観ちゃうんでしょうが・・・ ひらりん的には、「ボーン~」はあと一ヶ月くらいは上映しそうなので、いつでもーーー。 やっぱりウッディ・アレン監督とスカちゃんものでしょう。

『タロットカード殺人事件』

JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:95分  原題:SCOOP  配給:ブエナビスタ  監督:ウディ・アレン  主演:ウディ・アレン      スカーレット・ヨハンソン      ヒュー・ジャックマン ...

タロットカード殺人事件

16-21-12も覚えられないの?

映画 【タロットカード殺人事件】

映画館にて「タロットカード殺人事件」 ウディ・アレン監督が英国に活動拠点を移して2作目。 おはなし:切り裂きジャックの再来といわれる連続殺人鬼に怯えるロンドン。ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)は、新聞記者の幽霊から真犯人

タロットカード殺人事件

休暇でロンドンの友人宅に遊びに来たサンドラ(スカーレット・ヨハンソン)は、ジャーナリスト志望の女子大生。 ある日、マジシャンのシド...

コメントの投稿 [6件]

非公開コメント

>kiraさん

TB有難うございました。
評価の分かれ目はスカーレット・ヨハンソンの眼鏡顔を
どう取るかによると思います。(笑)

>hiralynさん

TB有難うございました。
船が出てきた場面で、冗談で”三途の川”かと言ったら、
船頭=死神で、本当にその通りの展開となりびっくり...

>せつらさん

TB有難うございました。
やはりと言うべきか、アレンは自らを正義の味方ナイトと
描く事は出来なかった...

>kossyさん

TB有難うございました。
ウディ・アレンも72歳ですかぁ。
管理人はまだ、その歳までかなり間がありますが、
数字覚えの要領の悪さは似たり寄ったり??(笑)

>ミチさん

TB有難うございました。
偽名ピーター・ヤードレーの由来ともなった香水は
英国王室御用達のブランドですか。
間継ぎのBGMは「四羽の白鳥の踊り」ですか。
ウディ・アレンらしい使用法でした。

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
ウディ・アレン監督はへそ曲がりなんでしょうかね。
観客が期待する結末へとは仕業と持って行かない、
期待を裏切る事が好きみたいです。(笑)

 商品検索

 タグ [上位30件]




 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
玉木宏 結婚 2018/06/21
『ワンダーウーマン』 2018/06/21
『デス・ライナーズ』 2018/06/20
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第4弾 2018/06/19
『おとなの恋の測り方』 2018/06/18
『ウソはホントの恋のはじまり』 2018/06/17
樋口 有介 著 『平凡な革命家の食卓』 2018/06/17
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 第6弾』 2018/06/16
『スイッチ・オフ』 2018/06/16
『バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート』 再見 2018/06/15
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第58位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第31位
アクセスランキングを見る>>