『サイドカーに犬』

サイドカーに犬
父の愛人ヨーコと過ごした薫の10歳の夏休み。

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:長嶋有 
中古車屋(古田新太)の愛人で蓮っ葉な洋子(ヨーコ)役が竹内結子。
イメージと違ったキャラに挑戦しているのだが、やはり無理がある。
本妻(鈴木砂羽)と愛人の対決は愛人の頭突き勝ち!

「嫌いなものを好きになるより、好きなものを
嫌いになる方がずっと難しい。」


中古車屋の娘・薫役は松本花奈、20年後がミムラ。
出勤時に靴に迷って有給、立ち寄ったのが釣り堀とは
その自由な発想・行動パターンはヨーコの影響かぁ~。
一縷の望みを託して隣町4丁目に行ってみるが、
既にそこはパーキングになっていた・・・。

馬券の払戻金22万9600円を持って南伊豆に夏休み。
お泊りはアイスクリーム屋(温水洋一)の即席宿。
主の腰が曲がったトメばあさんは『時間ですよ』の
「ジュリィ~~」を彷彿とさせる樹木希林ではありませんか!!
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年02月04日(月)07:04:10
ブログパーツ

Comment 7

There are no comments yet.

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
竹内結子が中古車屋吉田新太の愛人ってのが
納得いかないなんて、個人的意見(笑)

2008/12/17 (Wed) 07:15

Hiro  

>ミチさん

TB有難うございました。
抜けた乳歯は上へ、屋根に抛るというのが
管理人時代の習慣でした。

2008/12/17 (Wed) 07:19

Hiro  

>masakoさん

TB有難うございました。
ドロップハンドルの自転車は見た目はカッコいいけど
普段使いでは乗り難かったですね。
ヨーコが母 良子と違い、枠に捉われず、薫と対等に
接していた事が、後々まで、薫の記憶に残った主因
だったんでしょうね。

2008/12/17 (Wed) 07:32

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
蓮っ葉なヨーコと盗難車なんか扱うどこか
胡散くさい誠にはどんな出会いがあったのだろう...

2008/12/17 (Wed) 07:38

Hiro  

>シャーロットさん

TB有難うございました。
最近は自転車練習中に補助輪付けている姿を見かけなくなりました。
もう売っている所、自体が少ないのかな...

2008/12/17 (Wed) 20:31

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
タイトルは「サイドカー~」なんだけど
サイドカーに乗る薫の顔がなんだか引きって見えたのは
管理人の気のせいだろうか。

2008/12/17 (Wed) 20:36

Hiro  

>kossyさん

TB有難うございました。
出番は少ないが樹木希林は巷で絶賛ですね。
それに引き換えアイスクリーム屋のおやじ役
温水洋一に言及する人は誰もいないのが淋し過ぎる(笑)

2008/12/20 (Sat) 16:47

Leave a comment

Trackback 7

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『サイドカーに犬』
  • □作品オフィシャルサイト 『サイドカーに犬』□監督 根岸吉太郎 □原作 長嶋 有(「猛スピードで母は(サイドカーに犬)」文芸春秋刊) □脚本 田中晶子、真辺克彦 □キャスト 竹内結子、吉田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊...
  • 2008.12.16 (Tue) 08:12 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  • 映画 【サイドカーに犬】
  • 映画館にて「サイドカーに犬」 芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を根岸吉太郎監督が映画化。 おはなし:不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日釣堀に出かける。彼女は少女に餌をつけてあげながら、20年前の夏休みを思い出していた。母の家出の後、ヨーコ(竹内結子)
  • 2008.12.16 (Tue) 08:20 | ミチの雑記帳
この記事へのトラックバック
  • 『サイドカーに犬』 試写会鑑賞
  • 不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食には
  • 2008.12.16 (Tue) 12:30 | 映画な日々。読書な日々。
この記事へのトラックバック
  • mini review 08278「サイドカーに犬」★★★★★★☆☆☆☆
  • 芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女性
  • 2008.12.16 (Tue) 13:09 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  • サイドカーに犬
  • 80年代の香りが満載のちょっと懐かしい、まるで私の物語
  • 2008.12.16 (Tue) 13:26 | シャーロットの涙
この記事へのトラックバック
  • サイドカーに犬♪竹内結子復帰第一作
  • あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。 ? 7月24日、京都みなみ会館にて鑑賞。竹内結子、二年ぶりのスクリーン登場となった作品だ何か一段と綺麗になった気がする。出産したとは思えないくらい、体形も崩れていないよね。だ!! ? 《物語》たまっていた有給休暇を取...
  • 2008.12.16 (Tue) 16:32 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  • サイドカーに犬
  • ふと聞えてきた漫才はトミーズか?
  • 2008.12.19 (Fri) 23:07 | ネタバレ映画館