『88ミニッツ』

88(エイティーエイト)ミニッツ
アル・パチーノが死刑執行直前の猟奇殺人犯から生命を狙われる
FBI異常犯罪分析医を演じたクライム・サスペンス。

個人評価:★★★★】 (自宅鑑賞)

原題:88 Minutes
パチーノ演じるジャック・グラム博士はFBI異常犯罪分析医の傍ら
大学で教鞭を執っている。
彼の証言により死刑が確定したジョン・フォスターの死刑執行当日
「88分後、AM11:45に死ぬ」という殺人予告の電話が入る。
「88分」というのは妹ケイティが殺された際に要した時間を指し、
その記録テープは事務所の重要機密保管庫にしかない
トップシークレットで、犯人はごく身近な存在という事なのだが...

彼の周りにはお決まりのように怪しい人物が一杯。
生徒
 ・ キム(アリシア・ウィット)-元夫ガイ・ラフォードはジョンと同じムショから出所
 ・ ローレン(リーリー・ソビエスキー)=リディア・ドーアティ(ジョンの弁護団の一人)
 ・ マイク-証言の信憑性に懐疑的でジョンに最近面会4回
秘書 シェリー(エイミー・ブレネマン)
学生部長 キャロル(デボラ・カーラ・アンガー)
他にも、大学の警備員ドゥフランコ,マンション受付ティム
この二人は素行が怪し過ぎでオマケ程度ですが...

事件はジョンの猟奇殺人を模した形で起きる。
 ・ 第三の犠牲者はデイル・モリス=ジャックの生徒
 ・ 第四の犠牲者はサラ・ポラート=ジャックの火遊び相手
第一・二の犠牲者もジャック関連だったんだろうなぁ。
犯行がそこまでジョンと酷似してたのにそれまでFBIは何をしていたの??

ラスト、真犯人はキャロルを中吊りにティムを椅子に縛り付け、
ジャックと対決するのですが、デボラファンの管理人としては、
年齢的にも拘束の仕方が逆ではないかと気になってしまいました。(笑)
(ティムが中吊り・キャロルが椅子)

FBI異常犯罪分析医ジャック・グラムとしてシリーズ化しても面白い。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年02月11日(火)12:02:08
ブログパーツ

Comment 3

There are no comments yet.

ONE OF THE BROKEN  

TBありがとうございます

はじめまして。TBありがとうございます!
オーソドックスなサスペンスで悪くはなかったのですが
アル・パチーノの作品として観ると少し物足りなく感じました。
新作ではデ・ニーロとの共演で刑事役とのことで期待しています。

また、ちょくちょく覗かせていただきます。
またお暇な時にブログ覗きにきてください!

2009/01/19 (Mon) 18:24

Hiro  

>ONE OF THE BROKENさん

CM有難うございました。
二人の共演作『ライチャス・キル(Righteous Kill)』は
同じジョン・アブネット監督作品なんですね。
以前の共演作『ヒート』('95)も緊迫感があって好きな作品です。
もうあれから14年も経つんですね。

2009/01/20 (Tue) 18:39

Hiro  

>りおさん

TB有難うございました。
自宅鑑賞の所為か、怪しい人物が続々と登場しても、
気楽に楽しんで見られました。

2009/02/02 (Mon) 23:10

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 88ミニッツ
  • ■ 銀座シネパトスにて鑑賞88ミニッツ/88 MINUTES 2007年/アメリカ/107分 監督: ジョン・アヴネット 出演: アル・パチーノ/アリシア・ウィ...
  • 2009.02.01 (Sun) 20:21 | 映画三昧、活字中毒