『シャフト』

シャフト
リメイクではN.Y.の刑事が人種差別男性を追う過程で、
公職の限界を知り私立探偵に転職する設定となっている。

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Shaft(黒いジャガー)(’71)のリメイク
「俺は警官には黒過ぎる。白バイは黒嫌い。
役所は赤い書類、裏では緑の紙幣が舞っている。」


《 豪華キャスト 》
・N.Y.市警刑事ジョン・シャフト役はサミュエル・L・ジャクソン
 アルマーニのコートを翻し闊歩する姿が格好良い。
・保釈を繰り返す不動産王の愚息ウエイド役は『バットマン ビギンズ』で一躍
 知名度を上げたクリスチャン・ベール
・街のボス・ピープルズ役は『インベージョン』でウィルス撲滅に奮闘する細菌学者を
 演じていたジェフリー・ライト
・同僚の女刑事カーメン役はヴァネッサ・ウィリアムス
・目撃者ダイヤン役は『イン・ハー・シューズ』でキャメロン・ディアスの姉を
 演じていたトニ・コレット

・『黒いジャガー』シリーズで初代シャフトを演じた、
 リチャード・ラウンドトゥリーが主人公の叔父役で特別出演。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月17日(木)03:03:42
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment