『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』 2009年02月03日(火)20:43:03


アメリカの作家リチャード・イエーツの小説
家族の終わりに』(’61)を映画化。
 
個人評価:★★☆ (2.5P)】 『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

原題:Revolutionary Road
タイタニック』(97)のレオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット
11年ぶりの共演が話題。監督はケイト・ウィンスレットの夫であるサム・メンデス。

ケイト・ウィンスレットはラブシーンについて米・エンターテインメント・ウィークリー誌に
「“でも、思い出してよ。あなたは私の親友で、監督は私の夫なのよ。
これはちょっと奇妙よ”と言ったわ。すごくやりづらかった。」
と語ったという。

妻はパリへの移住を希望するが妊娠。
夫は定職がない生活・妻に養って貰う生活に不安を抱いている。
そんな時、本音で書いた報告書が採用され昇給話が来る。
夫の煮え切らない態度に、妻は自ら堕胎を試みる。
'70年代の日本映画にありがちな題材でした。

ケイト・ウィンスレットは老け顔ですが、
凛として大女優としての風格・華・オーラがありますね。
第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞にノミネート
33歳で6回のアカデミー賞ノミネートは最年少記録で、
将来はメリル・ストリープみたいな演技派女優になっていくのでは...

ケイト・ウィンスレット出演作品 】
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2014年09月15日(月)10:26:57ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [12件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を鑑賞しました。

映画を鑑賞しました。秊 2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(更新:2009/01/25) * 評価:★★★☆☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の28本目。 なんて云って良いのだろう。 ラストのジョン・ギビングス..

レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで・・・・・評価額1650円

待望の、と言っていいだろう。 「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、映画史上空前絶後のヒット作「タイタニック」の主演コ...

婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(@「シネマのすき間」)

-----今日はちょっと 紹介するの恥ずかしいニャあ。 なぜってフォーンの顔が あのディカプリオやケイト・ウィンスレットと並んでいるんだもの。 えっ、ニャンの話かって? 火曜日恒例の カタログハウス「シネマのすき間」。 今日の映画は『レボリューショナリー・ロード/

レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

乗りかけた船には乗ってしまえ・・・沈没することを恐れずに・・・

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャ...

映画 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

   ☆公式サイト☆1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説を原作に、『アメリカン・ビューティー』のアカデミー賞受賞監督サム・メンデスが映像化。1950年...

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

1950年代のコネチカット州。 “レボリューショナリー・ロード”と名づけられた新興住宅街に暮らすフランク(レオナルド・ディカプリオ)とエ...

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベ...

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ    ケイト・ウィンスレット    キャスリーン・ハーン    マイケル・シャノン    デビッド・ハーバー    キャシー・ベイツ そうだ!パ

レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/REVOLUTIONARY ROAD 2008年/アメリカ、イギリス/119...

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の終わりに』( CAST レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット  キャシー・ベイツ マイ

コメントの投稿 [12件]

非公開コメント

>はっしぃさん

TB有難うございました。
夫婦間の微妙な認識のズレ、最後には相手が折れてくれるだろう
という甘えが悲劇を招いた。

>ノラネコさん

TB有難うございました。
>宣伝につられてラブロマンスだと思って観に行った観客は...
内容が予測出来ないタイトルでもある。

>tekutekuさん

TB有難うございました。
>結婚生活の理想と現実をシニカルに描いている
年代的な要素も大きいでしょうね。
平穏な日々がマンネリに思えた時、どうするか...

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
残された30男のフランク。後悔先に立たず。
いずれは、ぽっかり空いた空洞を埋められるのだろうか...

>kossyさん

TB有難うございました。
子供二人(6歳と4歳)がいて、異国の地での生活に
トライしようとする夫婦。その事に感心してしまう。元気あるなぁ。

>cyazさん

TB有難うございました。
主演女優が監督の奥さんというのは、撮り易くも有り、
演じ難くも有ると思うのですが...さすがプロですね。

>きららさん

TB有難うございました。
二人の子供がいるにも拘らず、二人がエゴイスティックに
行動するのは理解し難い。現代に比べ、当時の方が
「子はかすがい」だった筈。

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
共同生活には自己犠牲は付き物。それが我慢出来なくなったら、
関係を解消するしかない。無理して関係を維持していても
いずれ破綻の時を迎える事になる。

>kiraさん

TB有難うございました。
夫婦喧嘩でも相手が触れて欲しくないと知っていて
なじるようになったら、その関係はお仕舞いでしょうね。
「親しき仲にも礼儀あり」それを言っちゃあ身も蓋もない。

>えふさん

TB有難うございました。
>“あの夫婦はやっぱり変わっていた”
本人が知らないだけで、往々にして囁かれる言葉。
ある犯罪の後で、訳知り顔でのたまう輩がいたりする。
そういう奴は決して本人には直接言ったりはしないのだ。

>りおさん

TB有難うございました。
メロドラマに酔いしれるのを期待して行くと、
内容がヘヴィでメランコリーな気分になるかも...

>pureさん

TB有難うございました。
男性サイドからも、夫フランクの心の移り変わりは
理解出来ましたね。
パリでの不安な生活の前に好条件がぶら下げられれば、
動きたくなるのは人情で、妻の妊娠も計画的ではないかと
勘ぐったりも出来ます。
只、後半の妻エイプリルの言動には、向う方向が
異なってしまい、二人一緒じゃなければ意味が無い計画に
なすすべが無かったですね。

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『スタンドオフ(2016) 』 2017/10/19
『金メダル男』 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
『ロング・トレイル!』 2017/10/06
コメント・トラックバック欄の表示変更 2017/10/04
『シークレット・デイ』 2017/10/02
H29年9月鑑賞メーター 2017/10/01
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第81位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第39位
アクセスランキングを見る>>