日本テレビが日活を傘下に。 2009年02月05日(木)21:12:43

日本テレビ放送網は、1/23、映画事業の強化を目的として、インデックス・ホールディングスが
71.08%保有する日活株の内、34.0%を約23億9161万円で取得した。
創立97周年・映画会社の名門「日活」がTVメディアの傘下に下る...

インデックスHDはH17.9/22に、同社が推進するデジタルコンテンツ事業、
モバイルメディア事業と衛星放送事業との連携を目的に(株)ナムコより
日活(株)」の株式を取得し、連結子会社にした。
が、昨年からの世界的な株式低迷でインデックスHDは業績が悪化。
エンターテインメント事業を見直し、ゲーム・アニメなど国際市場で展開が
見込める分野に集中する方針で、映画分野については短期の収益化が
見込めないとして、日活株の一部売却を決めた。残る日活株37.09%に
ついても譲渡を検討。これにより、日活の大株主構成は、
インデックスが37.09%、日本テレビが34%、スカパーJSATが16.76%となる。

日活は日本テレビの幹事映画作品『DEATH NOTE』シリーズの制作を担当した他、
'09年3/7公開予定の映画『ヤッターマン』で日本テレビと共同幹事を務めている。
日本テレビは今後も映画事業で日活との連携強化が必要と判断し、又、
映像コンテンツ制作に関する相乗効果を見込んで出資を決めた。

管理人が好きだった ロッポニカ
1988年、にっかつ上映館を「ロッポニカ」に改名し、配給会社を「シネ・ロッポニカ」に
変更した上で「ロッポニカ」レーベルで一般向け映画の製作・配給。
不入りで全10本半年で打ち切られたが、Vシネマに近い面白いラインナップだった。
『行き止まりの挽歌 ブレイクアウト』(藤竜也) 『リボルバー』(沢田研二)
『ころがし涼太 激突!モンスターバス 』(竹内力) etc
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 日活  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: -0001年11月30日(水)00:00:00ブログパーツ このページのトップへ

コメントの投稿 [1件]

非公開コメント

日活なんてまだあったんですね。
いまやテレビ局の力なしでは映画が作れない時代ですから、まあしょうがないでしょう。

 商品検索

 タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『メッセージ(2016)』 2018/02/22
大杉漣 急逝 2018/02/21
赤川 次郎 著 『キネマの天使 レンズの奥の殺人者』 2018/02/21
『エアポート2017』 2018/02/20
『エアポート2012』 2018/02/19
『潔く柔く』再見 2018/02/18
『セル』 2018/02/17
『ローマ発、しあわせ行き』 2018/02/16
『ニューヨーク、アイラブユー』 2018/02/15
LACHIC CENTURY SESSION 2018/02/14
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第72位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第35位
アクセスランキングを見る>>