『沈黙の激突』 2009年02月09日(月)23:57:55

沈黙の激突
3人の部下を失った軍人が、
薬物で殺人マシーンとなったテロ集団と対決。

個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Attack Force

「復讐は復讐を呼ぶ」

今回のセガールは米軍将校マーシャル・ローソン中佐役
製作・脚本も兼任。ウェズリー・スナイプス作品もそうだが、
製作にルーマニアが参加している。
B級アクション映画に資本投下するのが国策となっているのかな...

新種薬物CTX … アドレナリンの分泌を活性化し身体能力を
飛躍的に高め、殺人マシーン化する。
識別方法が「中毒者の目が一瞬変わる」というのがミソで
バンパイア映画みたいである。

ラスト、テロ集団が上水道半径160km 対象者15,000人に
流出してしまった薬物の回収・対策はどうしたのだろう。
恋人ティア・同僚ドウェイン曹長を亡くし失念してしまったのだろうか...
【スポンサーリンク】

【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 スティーヴン・セガール  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2018年05月04日(金)23:16:47ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [1件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『沈黙の激突』

JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:94分  原題:ATTACK FORCE  配給:ソニーピクチャーズ  監督:ミヒャエル・ケウシュ  主演:スティーヴン・セガール      リサ・ラヴブランド      

コメントの投稿 [1件]

非公開コメント

>せつらさん

TB有難うございました。
セガール作品の最近の特徴はチームプレイで、
若い女性が相棒になる。しかもその女性が男勝り。
最後は犠牲になり、セガールのみ生き残る...

 商品検索

 タグ [上位30件]




 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『彼女の人生は間違いじゃない』 2018/09/24
『リングサイド・ストーリー』 2018/09/23
『コーヒーが冷めないうちに』 2018/09/23
『恋と嘘』 2018/09/22
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』 2018/09/21
『先生!、、、好きになってもいいですか?』 2018/09/20
『あさひなぐ』 2018/09/19
村山 早紀著 『桜風堂ものがたり』 2018/09/18
『ビジランテ』 2018/09/17
『IT イット“それ”が見えたら、終わり。』 2018/09/16
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第31位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第14位
アクセスランキングを見る>>