WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『誰も守ってくれない』

誰も守ってくれない
殺人犯の妹となった少女と
彼女を守る刑事の逃避行が始まる。。。
 
個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

 見ないと「シャブ漬けにする」?
 「背筋が凍る」なぁ。

 第32回モントリオール世界映画祭
 ワールド・コンペティション部門最優秀脚本賞受賞
佐藤浩市松田龍平の刑事コンビが実に良い。
このコンビだけで、刑事ものが2~3本出来そうだ。
佐藤は昨年の『ザ・マジックアワー』以降絶好調!!
主役でなくても、印象に残る役柄が多い。
 ・『感染列島』の救命救急医(友情出演)
 ・TVドラマ『警官の血 第二夜』のマル暴刑事
 ・『少年メリケンサック』(2/14公開)の中年パンクロッカー
対する松田も、先頃、結婚。待機中の作品も多い。
 ・ 『劔岳 点の記』『蟹工船』『ハゲタカ

勝浦刑事をサポートする精神科医師・令子役木村佳乃の登場は
唐突に見えるが、公開日当日にTV放映された連動企画ドラマ
誰も守れない』を通して見ると納得がいく仕掛けだ。
木村も『警官の血 第一夜』に出演。江口洋介の妻を演じていたが、
 ・新作のドラマW 『兄帰る』(2/14放映)
 ・岸谷五朗初監督作品『キラー・ヴァージンロード』 に期待大だ!!

独自の臭覚で勝浦を追う新聞記者梅本役に佐々木蔵之介
「ご遺族は加害者の家族にも罪を償って欲しいと思ってる。
                     死んで償えと思ってる。」

点数稼ぎの上司坂本係長役に佐野史郎
加害者の妹沙織から事情聴取する刑事稲垣役に津田寛治

そして、3年前の因縁の事件
勝浦のトラウマとなり、令子の診療を受ける原因
梅本の記憶に残っていたヤク中の殺傷事件 ・・・ で
子供を亡くしたペンション経営の本庄夫妻役
柳葉敏郎&石田ゆり子夫妻が実に良い。
佐藤も柳葉も管理人と同世代で、日本映画界を背負って立つ
(ちょっと大げさか)活躍が嬉しい。

志田未来 14才・15才・16才の未来
志田未来写真集


加害者の妹沙織役志田未来
出演作品: 『母べえ

沙織の恋人だがネットに情報を売る園部役冨浦智嗣
「ネットじゃ一番情報を持っている奴がカリスマ」

《 この映画が教えてくれたもの 》
□ 加害者の家族の置かれる立場・社会的制裁
  ・強制的な離婚/名前の改姓/就学義務免除 etc → 自殺まで
□ 被害者の癒えない悲しみ・不条理な犯行への怒り
□ プライバシーを無視した過剰な報道・ネットへの情報流出

《 救い 》
事件が収束し、沙織が車から降りて、勝浦にプレゼントを渡す場面に
古いが薬師丸ひろ子が高倉健に走り寄った『野性の証明』を思い出した。
「これからは君が家族を守るんだ」
本庄夫妻にも新しい生命の兆しが...
旭山動物園物語』じゃないけれど、「明けない夜はない。止まない雨もない。」

この映画の4ヶ月前を描いた連動ドラマ 『誰も守れない』 の感想

やったぁ~!!来年の米アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に決定
                               (H21.9.9.映画製作者連盟発表)

君塚良一監督:「日本が抱えるさまざまな問題を描いた映画を、
アメリカの人に見てもらえると願っています」(授賞式:H22.3.7.)


佐藤浩市出演作品 】
関連記事
【邦画】 [タ行] カテゴリ内のページャー
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年08月07日(月)20:26:52
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 15 件

Comment 15

There are no comments yet.

Hiro  

>ミチさん

TB有難うございました。
ドキュメンタリータッチの描写は臨場感がありました。
加害者家族保護の必要性をストーリーの進行中に
盛り込む手腕はさすが脚本家監督の面目躍如と言ったところ。

2009/02/11 (Wed) 22:42

Hiro  

>INDY500さん

TB有難うございました。
喉元過ぎれば...風の便りも35日...
マスコミ報道も新たな事件が起これば、スクープ求めて
矛先を変えるんでしょうけど、
離婚や名前の改姓まで必要なの?と思ってしまうが、
社会生活の維持、近所・世間一般の目が厳しい。
まぁ、それが社会的制裁の最たるものなのだから
しょうがないと言ってしまえば、それまでだが。

2009/02/11 (Wed) 22:56

Hiro  

>たいむさん

TB有難うございました。
被害者・加害者双方の立場を知るという意味でも、
セットでの鑑賞がお薦めですね。
情報の伝播については、その効力に驚かされますが、
まだまだ、ネット情報に触れていない人も存在する訳で
その落差によって、処遇の差が生じる可能性がある事も
怖いですね。

2009/02/11 (Wed) 23:25

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
佐藤浩市・柳葉敏郎世代は優作・龍平の中間に当たり、
芸歴が長い佐藤は別にしても、男優ならば少なからず
優作の影響を受けているんじゃないかな。
管理人は今回の浩市&龍平コンビから
萩原健一&水谷豊の傷天コンビを思い出しました。

2009/02/11 (Wed) 23:42

Hiro  

>あるきりおんさん

TB有難うございました。
これまで被害者サイドばかりに眼を向けていたのが、
加害者家族への影響も具体的に提示され参考になった。

2009/02/11 (Wed) 23:49

Hiro  

>b-scaleさん

TB有難うございました。
TV局が映画制作に参加するようになって、
最近、連動企画がちょくちょく見られる様になりました。
そんな中で、本作品はTV版で被害者側・映画版で加害者側を
描き、時系列的にもワンセットの構成として楽しめる
仕掛けとなっていました。

2009/02/11 (Wed) 23:57

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
記者佐々木蔵之介の「死んで償えと思ってる」という糾弾,
被害者柳葉敏郎の「子供は戻ってこない」との悲痛な叫び。
この2つが特に耳に残りました。

2009/02/12 (Thu) 00:20

KLY  

他人事ではなく

Hiroさん
TB&コメありがとうございました。

この作品を観て感じたのは、自分もマスコミ業界に働くものとしての自省の念でした。知る権利という大義名分、報道の自由という大義名分を振りかざし、知らず知らずのうちに他者を傷つけてきてはいなかっただろうか。そんな考えが頭を過ぎりました。

2009/02/12 (Thu) 01:02

Hiro  

>yachikoさん

TB有難うございました。
加害者家族の保護の手段として、離婚・改姓などが
うんもすもなく、手際良く展開していくのには、
債務逃れの段取りに似ていて、本人に非が無い分、
理不尽に映りましたね。

2009/02/13 (Fri) 01:26

Hiro  

>eigaconsultantさん

TB有難うございました。
内容は暗めですが、加害者家族の保護を取り扱った
話題性やTVとの連動企画等のプロモートの功もあり
評判は言いようですね。

2009/02/13 (Fri) 01:31

Hiro  

>きららさん

TB有難うございました。
加害者のお母さんの自殺、一時的にせよ、直後はそこまでも
追い詰められる事もあるのでしょうね。
もし、それが冤罪だったら取り返しがつきません。

2009/02/13 (Fri) 01:37

Hiro  

>はくじさん

TB有難うございました。
被害者への償いの仕方も難しいですね。
勝浦みたいに、良かれと思って、毎年弔問に
訪れても、実は迷惑がられている事だってある...

2009/02/13 (Fri) 01:42

Hiro  

>ケントさん

TB有難うございました。
君塚良一、警察関連ものでは監督業でも及第点。

2009/02/14 (Sat) 00:01

Hiro  

>りおさん

TB有難うございました。
冒頭部分はTV版と映画版の繋がり部分としても
重要な役割を果たしていました。

2009/02/14 (Sat) 00:05

Hiro  

>masakoさん

TB有難うございました。
勝浦が加害者の妹を、過去の事件の被害者家族である
本庄のペンションに連れて行く無神経さが判らない。
毎年、焼香に行っているから、許されるだろうという
甘えが、心の片隅に有ったのではないか...

加害者の家族を保護する為に、ホテルを利用した場合、
その宿泊費は警察持ち(税金払い)??

2009/02/17 (Tue) 22:24
 ■ トラックバック一覧 14 件

Trackback 14

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 映画 【誰も守ってくれない】
  • 映画館にて「誰も守ってくれない」 『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一が脚本と監督を兼ねる問題作。 おはなし:船村家は平凡な4人家族。ある日、18歳の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護
  • 2009.02.11 (Wed) 16:37 | ミチの雑記帳
この記事へのトラックバック
  • 誰も守ってくれない
  • 昨日はイオン下田に映画を観に行ってきました~。 今回観たのは、「誰も守ってくれない」。土曜の夜にその映画の前の話に当たる、ドラマ
  • 2009.02.11 (Wed) 17:39 | 欧風
この記事へのトラックバック
  • 「誰も守ってくれない」みた。
  • おそらく、TVスペシャル『誰も守れない』をじっくり見てから、映画本編を見た方が理解度が高まるだろうと公開初日を見送ったが、多分正解だったように思う。勝浦刑事のエピソードゼロ的『誰も守れない』であり、娘
  • 2009.02.11 (Wed) 19:39 | たいむのひとりごと
この記事へのトラックバック
  • 『誰も守ってくれない』
  • □作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一
  • 2009.02.11 (Wed) 20:10 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  • 【映画】誰も守ってくれない
  • ▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にてライブドアに敗北をしたフジテレビは、インターネットの世界に対して復讐を...
  • 2009.02.11 (Wed) 21:30 | 新!やさぐれ日記
この記事へのトラックバック
  • 誰も守ってくれない
  • 公開中 君塚良一監督 佐藤浩市主演     出演 志田未来、松田龍平、石田ゆり子、     柳葉敏郎、佐々木蔵之介、東貴博、     木村佳乃、佐野史郎 新評価 4.0 (良作) 志田未来に興味があったからではなく、 先週土曜にTV放送された、この映画の前
  • 2009.02.11 (Wed) 21:31 | B-scale fan\'s log
この記事へのトラックバック
  • 誰も守ってくれない
  • 主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守れない』を観終わり、24時10分からのレイトショーで...
  • 2009.02.11 (Wed) 22:44 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 映画 『誰も守ってくれない』
  •    ☆公式サイト☆殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本を手掛けた君塚良一が脚本と監督を兼ね、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上...
  • 2009.02.12 (Thu) 22:40 | きららのきらきら生活
この記事へのトラックバック
  • 誰も守ってくれない
  • ある日当然、兄が殺人犯となったことで自身が殺人犯の妹となってしまった 少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会特有の動きを描いた 社会派ドラマ。 両親と兄とで何不自由なく暮らしていた15歳の沙織は、ある日兄が小学生姉妹 殺人事件の容疑者として逮捕さ..
  • 2009.02.13 (Fri) 00:20 | だらだら無気力ブログ
この記事へのトラックバック
  • 誰も守ってくれない
  • ★★★☆  重苦しいテーマの映画である。だが観終わったあとに後味の悪さは残らず、むしろすがすがしい風が通り抜けてゆく気分だった。 いきなり未成年の青年が、殺人容疑で逮捕されるシーンから始まる。青年は中流のサラリーマンの家庭で育ったどこにでもいるような高校生
  • 2009.02.13 (Fri) 08:56 | ケントのたそがれ劇場
この記事へのトラックバック
  • 誰も守ってくれない
  • ■ 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞誰も守ってくれない 2008年/日本/118分 監督: 君塚良一 出演: 佐藤浩市/志田未来/松田龍平/石田ゆり子/...
  • 2009.02.13 (Fri) 21:05 | 映画三昧、活字中毒
この記事へのトラックバック
  • 『誰も守ってくれない』試写会鑑賞
  • 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを転々とするが、マスコミの執拗な追跡に
  • 2009.02.17 (Tue) 20:48 | 映画な日々。読書な日々。