WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『シルク』

シルク
アレッサンドロ・バリッコの原作『』の映画化。
日本・カナダ・イタリアの合作映画

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

第20回東京国際映画祭のクロージング作品
音楽:坂本龍一 (上映:2007年10月28日)
19世紀フランス、スエズ運河が開通する以前から、
蚕の卵を買い付けに3度、日本にやって来た青年の物語。

青年エルヴェ役マイケル・ピット
妻エレーヌ役にキーラ・ナイトレイ
 ”パイレーツ”の彼女に病死する役は似合わない。
 旦那に宛てた手紙をマダム ブランシュに翻訳させる
 という手の込んだ事をして見せる。
製糸工場主で”一本腕”ビリヤードをするパルダビュー役に
スパイダーマン 2』でドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナ

日本からは...
信濃国の領主・原十兵衛役に海外進出映画三作目の役所広司
 これまでの海外出演作品 … 『SAYURI』 『バベル
腹心・右門役に『K-20』で”からくりの源治”を演じた國村隼
リヨンの娼館オーナー・マダム・ブランシュ役に中谷美紀
 邦画で娼館のマダム役を考えると、もっと豊満か、
 擦れた女のイメージになりますが、やっぱり合作映画、違いますねぇ。
 セリフも役名も無い”少女”役に芦名星(あしな せい)
  文(ふみ) 「必ず戻って来て下さい。さもなくば死にます。」
        (come back or shall die)

 案内役の少年役に『K-20』で小林少年を演じた本郷奏多



芦名星は管理人イチオシの『たとえ世界が終わっても』で映画初主演。
関連記事
【洋画】 [サ行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年09月15日(火)22:12:35
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 12 件

Comment 12

There are no comments yet.

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
ほんと、キーラ・ナイトレイの出番が少なかったです。
同じ日本人としても現代の感覚からすると、
封建社会の世情は神秘的というより理不尽の塊と
いった感じでしょうか。

2009/02/15 (Sun) 17:03

Hiro  

>HIROMIさん

TB有難うございました。
スエズ運河が開通する以前は、エルヴェは日本に
来るのにどれくらいかかっていたのだろう?
無事到着出来る確率は?意外とすんなり、
2往復されているので、その大変さがピンとこない。

2009/02/15 (Sun) 17:09

Hiro  

>nonさん

TB有難うございました。
芦名星も折角の海外映画出演なので、もっとセリフのある役が
やりたかったのではないでしょうか(笑)

2009/02/15 (Sun) 17:14

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
芦名星演じる”少女”が原十兵衛の妻なのが驚きでした。
本妻なの?囲い妻じゃないの?亭主に無理強いされているので
エルヴェに助けを求めたかっただけじゃないの?と
色々考えちゃいました...

2009/02/15 (Sun) 17:20

Hiro  

>wancoさん

TB有難うございました。
エルヴェは道中、布で目隠しをされていますが、
村の場所を知られない為、だったと思われますが、
3度目は単独で辿り着いていますね?
キーラが「洋」の美し、芦名は「和」の美しさ
肌理細やかな肌にスレンダーなボディ
二頭追うものは一党も得ずですな。

2009/02/15 (Sun) 17:29

Hiro  

>ミチさん

TB有難うございました。
>フランス⇔日本をかなり近く感じてしまいました。
そうですよね。本題じゃないがエルヴェと少女の関係は
その苦難の末に成り立つものなのだから、もう少し
描写があっても良かったように思います。

2009/02/15 (Sun) 17:35

Hiro  

>あるきりおんさん

TB有難うございました。
>自分の妻と互いに惹かれあう男に対し、別の女を抱かせるよう
>自分の妻に仲立ちさせる。
先祖代々浸かってきた露天風呂を見せる場面から
原十兵衛はエルヴェを厚遇していたのだとも思いました。

2009/02/15 (Sun) 17:43

Hiro  

>pureさん

TB有難うございました。
内容を全く知らずに鑑賞したので「シルク」というタイトルから
『パフューム ある人殺しの物語』みたいな作品を想像していた
のですが、そのものずばり、絹=蚕の卵に纏わるお話だった。(ガ~ン)

2009/02/15 (Sun) 17:49

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
役所広司ら日本人俳優の海外作品での活躍ぶりを確認する為の
1本と見れば良い訳ですね(笑)

2009/02/15 (Sun) 17:56

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
『ラスト・サムライ』への人物照合
 マイケル・ピット → トム・クルーズ
 役所広司 → 渡辺謙
 芦名星 → 小雪
            ... あくまでも余興として(なるほど)

2009/02/15 (Sun) 18:04

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
山形県酒田から最上川を上り信濃に、日本の情緒を
エキゾチックなムード・神秘的に描くが、実の所は
よく判らない。これが外国人から見たジャパニックなのか...

2009/02/16 (Mon) 00:40

Hiro  

>きららさん

TB有難うございました。
中々、外から日本を描くのは難しいようですね。

2009/02/21 (Sat) 00:37
 ■ トラックバック一覧 12 件

Trackback 12

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • シルク
  • イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ~観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは、蚕業者の原(...
  • 2009.02.14 (Sat) 08:36 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  • シルク
  • 試写会連チャンで「シルク」を観た。 19世紀のフランスの村で蚕の病気が発生。養蚕の実業家に請われ世界一の繭を求めてはるか日本に渡った主人公は、そこで絹のように美しい肌の女に出会い、彼女に魅せられた彼は、祖国に妻を残しながら、その後も日本にやってくる。 ..
  • 2009.02.14 (Sat) 08:58 | シネマ大好き
この記事へのトラックバック
  • 『シルク』
  • 監督:フランソワ・ジラール CAST:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広治 他 音楽:坂本龍一 19世紀、フランス。戦地...
  • 2009.02.14 (Sat) 09:25 | Sweet*Days**
この記事へのトラックバック
  • 「シルク」
  • 「シルク」ブロガー試写会 ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 ブロガーさんたちのレビューを読んでいたらあまり良い評判ではないので、会場へ行ってからみるべきではなかったかと、ほぼ期待しないでみたのがよかったのでしょうか。 終わったときには思っていたよりはひど...
  • 2009.02.14 (Sat) 09:39 | てんびんthe LIFE
この記事へのトラックバック
  • シルク
  • 19世紀後半にヨーロッパの芸術界で起こったジャポニズムブーム。少女の幻影を追い求める青年の姿に神秘の国、日本への憧憬をだぶらせて描いた映画です。
  • 2009.02.14 (Sat) 10:59 | 夫婦でシネマ
この記事へのトラックバック
  • 映画 【シルク】
  • 映画館にて「シルク」 『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名小説を映画化。 おはなし:1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕
  • 2009.02.14 (Sat) 13:53 | ミチの雑記帳
この記事へのトラックバック
  • 【映画】シルク
  • ■動機 5ヶ国共同制作映画に何故か入っている「芦名星」 ■感想 台詞ないし・・・ ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残...
  • 2009.02.15 (Sun) 00:08 | 新!やさぐれ日記
この記事へのトラックバック
  • シルク
  • 2007年度 日本・カナダ・イタリア作品 109分 アスミック・エース配給 原題:Silk STAFF 監督:フランソワ・ジラール 脚本:フランソワ・ジラール マイケル・ゴールディング 原作: アレッサンドロ・バリッコ 『絹』 CAST マイケル・ピット キーラ・ナイトレイ 役所広司...
  • 2009.02.15 (Sun) 01:05 | pure\'s movie review
この記事へのトラックバック
  • ★「シルク」
  • 今週の平日休みは「チネチッタ川崎」で2本鑑賞。 その2本目。 タイトルどおり、良質の絹を作るために外国人が日本まで旅する・・ってお話は、 予告編見て知ってたよ。
  • 2009.02.15 (Sun) 03:15 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック
  • mini review 08311「シルク」★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • 19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマン。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。マイケル・ピット...
  • 2009.02.15 (Sun) 07:33 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  • シルク・・・・・評価額1400円
  • 幻想の国ニッポン。 過去に様々な作品でモチーフとなってきた、ホワイトマン・ミーツ・サムライの一遍である。 だが、ここには「ラスト・サ...
  • 2009.02.15 (Sun) 21:07 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • 映画 『シルク』
  •   ☆公式サイト☆こちらの試写会も『カリスマ映画論』の睦月さんから譲っていただきましたー。またまたありがとう!しかも私のお気に入り映画館である\"ユナイテッドシネマ豊洲\"での鑑賞♪19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍...
  • 2009.02.18 (Wed) 06:44 | きららのきらきら生活
【時系列ページ送り】