ドラマW 『兄帰る』 2009年02月14日(土)23:57:46

ドラマW 『兄帰る』 PM8:00-10:00
3年前に失踪した婚約者の足跡を追う旅。
 美人でしっかり者の私が何故捨てられたのか!?
 私の事を忘れていなかったという言葉を探す旅。



演出:深町幸男 脚本:筒井ともみ 原作:近藤ようこ
■ 野田功一(高橋和也) … こんな人たちを捨てて、のほほんと生きていけっか!!
婚約者(木村佳乃) 妹(野波麻帆) 旅先の未亡人(黒谷友香)

10年前に失踪した父(山本学)の代わりに家族の面倒を見てきた。
”家族の犠牲,不本意な人生,人生メチャメチャ”と可哀相がられ、
これまでの人生を否定されたと感じて、結婚式をドタキャン失踪。
・・・ 残された者の悲しみを知っていて当人が同じ事をすっかぁ!?

事故の前日に見た映画
大学時代の同じサークルだった大河監督の作品。
「大学時代の夢=映画の製作」映画嫌いじゃなく、
再び、映画にのめり込むかもしれない自分をセーブする為、
映画を見ないようにしていたのですねぇ。
「自分を解放出来た」=ふっきれたんでしょうね。
ほんと、真樹子らの元に帰る直前の事故だったと判ると
尚の事、悲しい。

■ 山下真樹子(木村佳乃) … 人間関係が原因で会社を辞め、
親の会社の事務を手伝う。父親が連れて来た功一と婚約するが...

高校時代の友人に紹介された恋人・大貫(津田寛治)に対し、
”捨てられた女”と自分に自身が持てず、昔の恋人と比べてしまい、
上手くいかない。大貫に不安がなければそんな事は考えないだろ!
津田ちゃんしっかりしろよ  。。。 1年後には再出発となり

鴨長明 『方丈記』
ゆく川の流れは絶えずして、しかも、元の水にあらず

泣いてばかりの妹役野波麻帆にもう少し見せ場が欲しかった。
要となるモンシロチョウの動きが不自然で興醒め。
「蝶は死んだ人の魂」(先人の言い伝え)
主題歌 『風の音』 唄:浜田真理子 がオススメ


【 木村佳乃出演作品 】
【スポンサーリンク】
【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 木村佳乃  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2015年05月11日(月)02:38:00ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [1件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマW『兄帰る』 振り返る“とき”

内容父の営む町工場に勤める山下真樹子(木村佳乃)は、ある日、電話を受ける。それは3年前、突然失踪した婚約者・野田功一(高橋和也)の死の知らせ。東京で交通事故にあったという。功一の母ハル子(倍賞美津子)妹・理沙(野波麻帆)らに呼び出された真樹子。すでに、...

コメントの投稿 [4件]

非公開コメント

プレゼントキャンペーン

”心温まろう”プレゼントキャンペーン
第一問:
『兄帰る』の主人公・山下真樹子が亡くなった婚約者の軌跡を辿り、
旅した中で最南端となる都道府県はどこ?
 (1) 京都府 (2) 沖縄県 (3) 大分県
 答え:(2) 沖縄県

『戦力外通告』

次回のドラマWは、中村雅俊主演の『戦力外通告』。
予告編で『俺たちの祭』をやろうと言っている場面があり、
途中打ち切りとなった『俺たち』シリーズの最終作を
思い出しました。

方丈記

「ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず 。。。。。。

淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しく留まりたる例なし。」

>レベル999さん

TB有難うございました。
野田功一が何処へ行っても、好感を持たれ受け入れられている。
身元不詳の人間が、1シーズンだけの交流で、その死を聞いて
嘆き悲しまれる程に受け入れられものなのでしょうか??

 商品検索

タグ [上位30件]



 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『金メダル男』 2017/10/15
『ブラック・ファイル 野心の代償』 2017/10/14
『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』 2017/10/13
ペイントで丸枠写真を移し替える方法 2017/10/12
博物館 明治村 (2017年) 2017/10/09
『ロング・トレイル!』 2017/10/06
コメント・トラックバック欄の表示変更 2017/10/04
『シークレット・デイ』 2017/10/02
H29年9月鑑賞メーター 2017/10/01
『マイ・ベスト・フレンド』 2017/09/30
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第81位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第37位
アクセスランキングを見る>>