『スルース』

スルース
犯罪小説家と間男の心理戦3セットマッチ
『探偵<スルース>』(’72)のリメイク

個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞)

原題:Sleuth
ジョセフ・L・マンキウィッツ監督のオリジナルはローレンス・オリビエ&
マイケル・ケインが主演。
今作品ではマイケル・ケインがローレンス・オリビエの役を演じている。
監督は主にシェイクスピア作品を手掛けるケネス・ブラナー。
間男役のジュード・ロウはプロデューサーも兼務。

登場人物は二人
 ・第1セットではジョード・ロウが空砲で倒れる場面が必見
 ・第2セットではジュード・ロウがロンドン警視庁ブラック警部から
  変装を取りマイロ・ティンドルに戻る場面にビックリ
 ・第3セットはジュード・ロウの落下場面 …
  あの狭いエレベーターが最後まで活躍しました。(笑)
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月17日(木)03:05:23
ブログパーツ

Comment 5

There are no comments yet.

Hiro  

>HIROMIさん

TB有難うございました。
上映時間:89分の短尺な作品だが、登場人物は3人??。
要となる妻が結局、最後まで姿を見せない処まで
計算しつくされた脚本でした。

2009/03/20 (Fri) 10:48

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
ジュード・ロウが命乞いする場面は、正直、見たくはなかった...

2009/03/20 (Fri) 10:51

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
豪邸に住む小説家アンドリュー・ワイク。
犯罪小説家なので、単なる富豪とは異なり、
犯罪に巻き込まれる可能性は高いでしょうが、
あのモニターぶりは人間不信の象徴では...

2009/03/20 (Fri) 10:56

Hiro  

>たかひょさん

TB有難うございました。
登場人物が二人だけで、舞台も豪邸の室内に限定。
劇場の暗闇で、二人の心理合戦のみを観ているのは、
睡魔との闘いとのなるのも已むを得ない!??

2009/03/20 (Fri) 11:02

Hiro  

>りおさん

TB有難うございました。
さすが、ケネス・ブラナー。登場人物を絞って心理戦で
描き切りました。

2009/04/11 (Sat) 01:07

Leave a comment

Trackback 5

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • スルース
  • 著名な犯罪小説家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の家に、美貌の若者マイロ・ティンドル(ジュード・ロウ)が招かれる。彼は小説家の妻の浮気相手。小説家は妻の相手がどんな男か見たいと思い、青年は離婚を承知させたいと思っている。 監視カメラが張り巡らさ..
  • 2009.03.19 (Thu) 07:19 | シネマ大好き
この記事へのトラックバック
  • スルース:SLEUTH
  • v 男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 ? 4月15日、京都シネマにて鑑賞。元々舞台劇らしい。72年に故ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインによって映画化された「探偵《スルース》」。このとき、アカデミー賞4候補に上がった傑作ミステリーである。設定はそのままで、ま...
  • 2009.03.19 (Thu) 10:35 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  • 「スルース」
  • 「スルース」新宿バルト9 SC7で鑑賞 はっきり言って大人の映画ですね。 万人が好む作品でもなく玄人好みの作品です。 密室での命を張った騙し合い、マイケル・ケインとジュード・ロウ、1対1のゲーム。 1時間半もない作品だけれど80%が会話なので字を読むの
  • 2009.03.19 (Thu) 22:16 | てんびんthe LIFE
この記事へのトラックバック
  • 『SLEUTH スルース』
  •   男の嫉妬は   世界を滅ぼす。   ■ロンドン郊外にあるベストセラー推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅に、招かれたのか、押しかけたのか、マイロ・ティンドルと名乗る若い男が現れた。彼らの関係は”夫VS妻の浮気相手”。作家が、若い男に持ちかける。「妻が
  • 2009.03.20 (Fri) 03:42 | 唐揚げ大好き!
この記事へのトラックバック
  • スルース
  • ■ シネスイッチ銀座にて鑑賞スルース/SLEUTH 2007年/アメリカ/89分 監督: ケネス・ブラナー 出演: マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 公...
  • 2009.04.10 (Fri) 23:41 | 映画三昧、活字中毒