『ジェネラル・ルージュの凱旋』 を観て

前記事とけい様より「盗聴器」の件でご質問 を頂きました。

原作を読んでいないこともあり、よくわからないところがあったのですが・・・
兵藤勉がメディカルアーツの人から盗聴器を奪ったことを聞いて沼田が怒ったのはなぜですか?そのときに兵藤勉が「奪わないと精神科を拡大できないですよ」という趣旨のことを言っていたのもどういう意味だかよくわかりませんでした。
教えてください。

他にも、下記のような疑問がありました。
 ・医療メーカー支店長が、何故、田口に盗聴データを渡したのか?
 ・どうして、そんな回りくどいやり方をしたのか?
これを考えるには、各人の病院内の立場を整理しておく必要があると思います。

● 速水晃一:堺雅人
  救命救急センター部長(通称ジェネラル・ルージュ)
  目標:救命救急センター体制の維持・ドクターヘリの導入

● 沼田:高嶋政伸
  精神科助教授・倫理委員会副委員長
  目標:病院の営利的改革・精神科の拡張

● 小峰:林泰文
  精神科助手
  目標:沼田助教授崇拝

● 三船:尾美としのり
  事務局長
  目標:病院経営の建て直し

● 磯部:正名僕蔵
  医療メーカー「メディカル・アーツ」支店長
  目標:東城大学付属病院との取引拡大

● 田口公子:竹内結子
  不定愁訴(グチ)外来担当医・倫理委員会委員長
● 白鳥圭輔:阿部寛
  厚生労働大臣官房秘書課付技官

■ 事件の発端となる告発文は2通
 ・印刷物 … 速水が沼田に送り、沼田が白鳥に回送したもの
 ・手書き … 花房看護師長(羽田美智子)が田口に送ったもの
         役職名・筆圧の件は原作通り

■ 事件の根幹は『チーム・バチスタの栄光』と共通している。
  即ち、「現場責任者としての自覚」と「医療に対する姿勢」の問題なのだ。
 ・バチスタは外科助教授桐生の視覚異常
 ・ジェネラルは救急センター長速水の医療業者との癒着

■ 盗聴関連の場面は3つ
 ・磯部が沼田・三船のプランを電卓で盗聴する場面(小峰同席)
 ・小峰が屋上で磯部に盗聴器を渡すように迫る場面
 ・白鳥が同機種を取り寄せ小峰を捕らえる場面

1.磯部は何故、沼田・三船のプランを盗聴したのか
2.磯部は盗聴した内容を何故、田口に送ったのか
3.兵藤勉 小峰が「奪わないと精神科を拡大できない」と言った理由
 ※管理人注記 … このセリフは兵藤ではなく小峰では。

医療メーカー支店長磯部は仕事柄、全科の主要ポストとのパイプがあったが、
実際に懇意にしていたのは、速水部長であった。
救命救急・小児科の縮小・廃止計画を知った磯部は、それを阻止すべく
ソフトボール大会のDVDに焼き込み、倫理委員会委員長の田口に送った。

盗聴に気付いた小峰は沼田の精神科拡張計画が頓挫しないよう、
磯部に録音記録を出すように迫り、他に渡っていないと聞くと
磯部を屋上から突き落とし、自殺に見せかけた。

田口&白鳥はソフトボールのDVDから小峰のコーヒーを挽く音を聞き、
沼田の陰謀に気付く。

倫理委員会で沼田は速水を糾弾するが...失敗してしまう。
 ・告発文が速水の書いたものであった事
 ・沼田自身がその告発文を速水失脚の手段に使う為、
  白鳥に送った事が露見した事
 ・速水が辞職覚悟で、救急医療のためだけにリベートを受けていた事
 ・自殺と思われていた磯部が子飼の小峰により殺されていた事

速水がチュッパチップス代 3年間累計20,560円の為に
極北の救命救急にトバされる件は原作通りです。

【補記】
中村義洋監督は、海堂尊の田口&白鳥シリーズと、伊坂幸太郎作品の
映画化『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』で大忙し。
チュッパチップス漬けの速水は『デスノート』のLに見えました。
沼田役の高嶋政伸は『L change the world』と同じ敵役。
副センター長佐藤役の山本太郎は元気良く好演。
如月翔子役貫地谷しほりは、原作のイメージとちょっと違った。
もっと明るく元気なイメージで上野樹里あたりが近いかなと。
要の速水&花房も病院のセンター長&看護師長という事で、
もう少し上の世代かとも思いましたが、映画全体が若い世代向けの
作りとなっているので、良しとしましょう。

※当解釈は管理人の勝手な解釈で誤解があるやもしれません。
  お気付きの点等ございましたら、ご指摘下さい。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年02月04日(月)07:01:15
ブログパーツ

Comment 8

There are no comments yet.

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
告発文の発信人についてもっと、院内のスタッフを
追求して欲しかったかな。

2009/03/23 (Mon) 02:07

Hiro  

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
原作を先に読んでいると、結末が判っていて、
その分、映画での感動は薄いかもね。

2009/03/23 (Mon) 02:10

Hiro  

>kiraさん

TB有難うございました。
前作のヒットを受けてのシリーズ第二弾。
第一弾より評価が良いようだが、どうかなぁ。
東城大学付属病院は災難続き。只でさえ、経営難なのに
こう立て続けに問題が発生すると、閉院の日は近い!?

2009/03/23 (Mon) 02:16

Hiro  

>たかひょさん

TB有難うございました。
原作にない白鳥圭輔のドクターヘリ私物化。
エンディングの映画ファンサービスとしても
ちょっとやり過ぎでは...!?

2009/03/23 (Mon) 02:21

Hiro  

>なぎささん

TB有難うございました。
シリーズ2作目という事で、凹凸コンビのチームワークの良さに
拍車がかかり、共演陣も自分の役割を押えた演技を見せてくれました。

2009/03/23 (Mon) 02:37

Hiro  

>はっしぃさん

TB有難うございました。
病院に限らず、同じ職場で働きながら、単純に時給が同じってのは
納得出来ないでしょうね。仕事の内容・難度・貢献度等によって
差があるのは当然ですよね。

2009/03/23 (Mon) 02:44

Hiro  

>tekutekuさん

TB有難うございました。
ブロガーの皆さんの大勢は前作より断然良いとの評価ですね。
管理人は謎解きの部分が、なおざりになったのにちょい不満。

2009/03/23 (Mon) 02:49

Hiro  

>INDY500さん

TB有難うございました。
これだけヒットが続くと、竹内&阿部のシリーズ化は確実ですね。

2009/03/26 (Thu) 01:03

Leave a comment

Trackback 8

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 原作の海堂尊著『ジェネラル・ルージュの凱旋』は大好きー前作の映画(『チーム・バチスタの栄光』)は、原作の良さが出ていないし、ユルユルで苦手だったのだが(汗)、、、今回はどうかな?【story】チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田...
  • 2009.03.21 (Sat) 22:45 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  • 『ジェネラル・ルージュの凱旋』
  • ----大ヒットした 『チーム・バチスタの栄光』 の続編。 田口公子(竹内結子) と白鳥圭輔(阿部寛)コンビの復活か。 ニャんだか、それだけで観たくなるね。 「フォーンがそう言うくらいだから、 この映画のヒットも間違いないんだろうな」 ----こんどもニャにか事件が起...
  • 2009.03.21 (Sat) 23:23 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • シロか、クロか。 製作年度 2009年 上映時間 123分 原作 海堂尊 監督 中村義洋 出演 竹内結子/阿部寛/堺雅人/羽田美智子/山本太郎/高嶋政伸/貫地谷しほり/尾美としのり/中林大樹/林泰文/野際陽子/國村隼 現役医師の作家・海堂尊によるベストセラー小説を基に、窓際女性
  • 2009.03.22 (Sun) 01:40 | to Heart
この記事へのトラックバック
  • 『ジェネラル・ルージュの凱旋』
  •   シロか、クロか。   ■「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。そんな彼女の元に、一通の告発文書が届く
  • 2009.03.22 (Sun) 07:14 | 唐揚げ大好き!
この記事へのトラックバック
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • JUGEMテーマ:映画 2009年3月7日 公開 ★★★★★ 前作がアレだったから全く期待していなかった私がバカだった 星5つです! 「ガリバー、バイバイ♪」小人の国から生還した白鳥さんなのでした。 ひぃ~やぁ~、前作と同じ原作者で、前作
  • 2009.03.22 (Sun) 18:34 | UkiUkiれいんぼーデイ
この記事へのトラックバック
  • 2009-37『ジェネラル・ルージュの凱旋』を鑑賞しました。
  • 映画を鑑賞しました。秊 2009-37『ジェネラル・ルージュの凱旋』(更新:2009/03/08) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) あの凸凹コンビが帰ってきた。 厚生省のキャリア・白鳥圭輔役である阿部寛と東城病院の通称愚痴外来..
  • 2009.03.22 (Sun) 19:23 | はっしぃの映画三昧!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 今日はイオン下田に映画観に行ってきた~。久々に1本だけな上に、少年メリケンサック以来1ヶ月ぶり。こんなに映画観てないのはいつ以来だろう。先月と同様14日はTOHOシ
  • 2009.03.24 (Tue) 18:21 | 欧風