「ページランキング」の分析

左サイドバーに「月間ページランキング」を設置 (H20.12.4)して3ケ月以上経過しました。
そこで、当ブログではどんな記事にアクセスが多いか析してみました。
分析した結果、いくつかの傾向が見られましたのでまとめておこうと思います。
アクセスアップや投稿のタイミングなどの参考になるかと思います。

当ブログのページアクセスの傾向 は以下の通りです。
(1) 旬の話題
 これはアクセスアップの常道ですね。
 当ブログでは、「邦画の製作」記事やTVドラマの感想が該当します。
 (例) 『ゼラチンシルバーLOVE』 製作
     『群青 愛が沈んだ海の色』 映画化
     『ありふれた奇跡』 最終回

(2) 主観の入った長文レビュー
 当ブログは映画サイトですので、メイン記事は「映画レビュー」です。
 (1)の旬の話題の傾向からすれば、劇場公開されたばかりの作品を取り上げれば
 良い訳ですが、その場合でも、アクセス数には明らかにバラつきが有る事が判りました。
 ポイントは2つです。
   ・ 詳しく書く (ネタバレの問題もありますが、当ブログは斟酌していません)
   ・ 主観を入れる (褒めるでも貶すでも自分の感想を入れる)
 (例) 『ヘブンズ・ドア』
     『少年メリケンサック』
    見たばかりの作品を感情に任せて書く方が、反響は良いようです。

  当然の事ながら、ヒット作品は話題性がありますので、内容の如何を問わず
  ある程度のアクセスは見込めます。
  又、原作のある作品については、原作の関連記事にも波及効果が見込めます。
  (例) 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 を観て
  この記事は当ブログで初めて、後追い記事として取り上げたものです。

(3) トラブル関連記事
  当ブログは随時、カスタマイズや不具合の対応記事を掲載しています。
  トラブルに対する対応記事は期間に関係なく、恒常的にアクセスがあるようです。
  (例) flvファイルをMP4変換
      拡張子THMファイルを開く方法
      HRESULT-2147220473
      ブログ内の拍手数
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年10月13日(土)03:57:21
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment