WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『ラスト、コーション』

ラスト、コーション
日本軍占領下の1942年の上海
女工作員と特務機関長の禁断のラブストーリー

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:Lust, Caution
張愛玲(アイリーン・チャン)原作の
小説『傾城の恋』に収められた短編『色・戒』の映画化
第64回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞

ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞を獲得したアン・リー監督
国家への忠誠心か性愛か、究極の選択を迫る長尺158分。
過激なセックス描写の為に、米国では[NC-17指定] 日本では[R-18指定]
中国では7分間短縮されたバージョンが公開された。

トニー・レオンが孤独で苦渋に満ちた特務機関長イーを好演。
約1万人のオーディションから選ばれた新人タン・ウェイが女工作員と
いう難役を体当たりで熱演。

《 そんな中で・・・ 》
イー夫人役ジョアン・チェン
'90年代には『サルート・オブ・ザ・ジャガー』『ウェドロック』で
ルトガー・ハウアーと共演。
沈黙の要塞』でスティーヴン・セガール、
ハンテッド』でクリストファー・ランバートと共演。

アクション女優のイメージが強烈であったが、
今作品では日々、麻雀に興じる有閑夫人の役を演じていた。
ライ役チュウ・チーイン
香港大学の先輩。愛国劇団ではチアチーを除くと唯一の女性。
もうこの顔は、現緒形直人夫人の仙道敦子でしょう!!

さてさて、結末は ・・・
6カラットのダイヤの威力! 「逃げてェ~~」
共に抗日活動を続けてきたメンバーは採石現場の藻屑と消えていった...

トニー・レオン出演作品 】
関連記事
【洋画】 [ラ行] カテゴリ内のページャー
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年07月21日(金)01:03:35
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 13 件

Comment 13

There are no comments yet.

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
タン・ウェイ嬢、4年間の様変わりを見事に演じ分けていました。
その後の活躍は如何に...

2009/04/03 (Fri) 23:47

Hiro  

>nonさん

TB有難うございました。
あちゃ~、タイトルの意味、てっきり LAST CAUTION と思ってました。
ラストは、LUST だったんですね。

2009/04/03 (Fri) 23:52

Hiro  

>シャーロットさん

TB有難うございました。
アン・リー監督、『ブロークバック~』でアカデミー賞を獲っても
天狗にならず、撮りたい作品をしっかり撮ったという感じですね。

2009/04/03 (Fri) 23:56

Hiro  

>tekutekuさん

TB有難うございました。
片や、抗日に命を捧げる女性。片や麻雀に明け暮れる夫人。
対極ですねぇ。

2009/04/04 (Sat) 00:02

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
イーが座敷でマイ夫人と密会する場面で、襖が開いていて
日本兵が通る際に顔を覆っていた仕草が印象に残った。

2009/04/04 (Sat) 00:11

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
潜入スパイが、ミイラ取りがミイラの毒牙に染まった!?
イーは結局、天涯孤独な寂し人として生涯を送るしかなかった...

2009/04/04 (Sat) 00:17

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
新人タン・ウェイの力演は評価されるが、
アン・リー監督が1万人もの中から抜擢したと豪語する
ほどの逸材とは思えなかったなぁ~。

2009/04/04 (Sat) 00:24

Hiro  

>きららさん

TB有難うございました。
麻雀場面の心理的な探り合い、表情のカット割りは
緊迫感出てましたぁ。

2009/04/04 (Sat) 00:28

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
トニー・レオンは一見、衆人の中では、紛れ込み目立たなさそうだが、
スポットが当たると俄然オーラを発する役者さんですね。

2009/04/04 (Sat) 00:33

Hiro  

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
麻雀無知な管理人はイーがマイ夫人に勝ちを譲ったんだなぁ
くらいにしか想像出来なかったですが、
「麻雀をヤル人なら分かるけど、ありえないことだね」くらい
見え見えな展開だったんですね。

2009/04/04 (Sat) 00:39

Hiro  

>ミチさん

TB有難うございました。
哀れなのはチアチーを信じ、担いできた他のメンバー
最後のドタキャンでそれまでの苦労が泡となり絶命かぁ~

2009/04/04 (Sat) 00:44

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
好きな男が抗日って言ったら抗日、誑かせと言ったら、
我が身を呈す、それが本当の愛なのか。
そこに本当の愛は存在したのか。
最後の一言がその真価を問う...

2009/04/04 (Sat) 00:52

Hiro  

>りおさん

TB有難うございました。
管理人はどうもこういった湿っぽいお話は苦手なようです。(^^ゞ

2009/04/11 (Sat) 01:54
 ■ トラックバック一覧 13 件

Trackback 13

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『ラスト、コーション 色/戒』
  • □作品オフィシャルサイト 「ラスト、コーション 色/戒」□監督 アン・リー□原作 アイリーン・チャン□キャスト トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン ■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆...
  • 2009.04.01 (Wed) 08:29 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  • 『ラスト、コーション』
  • 監督・:アン・リー CAST:トニー・レオン、タン・ウェイ 他 第64回ヴェネツィア映画祭 金獅子賞、金オゼッラ賞受賞 1940年前後、...
  • 2009.04.01 (Wed) 08:43 | Sweet*Days**
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • ラスト、コーション・・・・・評価額1600円
  • 台湾の異才、アン・リーの最新作「ラスト、コーション」は、やはり一筋縄ではいかない。 前作「ブロークバック・マウンテン」は、ゲイのカウ...
  • 2009.04.01 (Wed) 10:08 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆
  • 日本軍占領下の上海、そして香港を舞台にチャン・アイリンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化したサスペンス・ドラマ。1万人のオーディションで選ばれた、女スパイを演じるタン・ウェイは大胆な性描写にも体当たりで臨み、演じ切る。
  • 2009.04.01 (Wed) 15:40 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  • ラスト、コーション
  • 予告で観る限り、、、性描写がキツイっぽい? R-18だしムフッ【story】1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は、女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年クァン(ワン・リーホン)との間で心が揺れ動
  • 2009.04.01 (Wed) 16:05 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  • 映画 『ラスト、コーション』
  •   ☆公式サイト☆日本軍占領下の上海、そして香港を舞台にチャン・アイリンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化したサスペンス・ドラマ。1942年、日本占領下の上海。抗日運動に身を投じる美しき女スパイ、ワン(タン・ウェイ)は、敵...
  • 2009.04.01 (Wed) 21:31 | きららのきらきら生活
この記事へのトラックバック
  • 「ラスト、コーション」
  • 「ラスト、コーション」シャンテシネで鑑賞 初日1回目でみるのはひさしぶり、でも2時間半の時間はなかなかつくれないからこの時間しかだめなのです。 そんなこんな、すべてに濃厚、朝一にみるべき作品ではないと思うけど、朝だからすっきりみられたかも知れません。...
  • 2009.04.01 (Wed) 21:38 | てんびんthe LIFE
この記事へのトラックバック
  • 『ラスト、コーション』
  • (原題:戒|色 Lust Caution) ----これは知ってるよ。 アン・リー監督の映画。 性描写がスゴいんだよね。 「うん。 でもけっこうボカしがはいってたからなあ。 これ、映画館で観たわけだけど 試写だったらどうだったんだろう」 -----でも、それだけだったら いわゆるポル...
  • 2009.04.01 (Wed) 21:45 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  • 映画 【ラスト、コーション】
  • 映画館にて「ラスト、コーション」 アイリーン・チャンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化。 おはなし:1942年、日本占領下の上海。女子学生ワン・チアチー(タン・ウェイ)は、演劇部の仲間クァン(ワン・リーホン)に感化され、過...
  • 2009.04.01 (Wed) 23:38 | ミチの雑記帳
この記事へのトラックバック
  • ★「ラスト、コーション」
  • 「ブロークバック・マウンテン」でオスカーを受賞したアン・リー監督の最新作。 「映倫 R-18」指定で、過激な性描写が話題の本作。 原題は「色・戒」、英題は「LUST, CAUTION」。 LUSTは「肉欲(を抱く); 渇望(する)」・・・の意味。 CAUTIONは「用心(深さ), 慎
  • 2009.04.02 (Thu) 03:42 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック
  • ラスト、コーション
  • ■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞ラスト、コーション/色・戒 2007年/中国、アメリカ/158分 監督: アン・リー 出演: トニー・レオン/タン...
  • 2009.04.11 (Sat) 00:07 | 映画三昧、活字中毒