『つぐない』

つぐない
妹が嫉妬から偽証で、姉の恋人を投獄
5年後、罪に気付き贖罪に奔走するが
時既に遅く、二人の時間を取り戻す事は出来なかった...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Atonement イアン・マキューアン原作『贖罪』の映画化
プライドと偏見』のジョー・ライト監督作品
キーラ・ナイトレイが主役の作品かと思ったら違った。

キーラは政府高官の長女セシーリア役でジェームズ・マカヴォイ演じる
使用人の息子ロビーと恋に落ちるが、妹ブライオニー(シーアシャ・ローナン)も
彼に憧れており、13歳の多感な時期に二人の逢瀬を目撃。
嫉妬心から、その時に起こった事件の犯人として彼を告発。
彼は身分違いから無実の罪を着せられ投獄、5年後、海外派兵先の仏で
戦死してしまう。二人の仲は戻る事無く同年彼女も亡くなってしまう。
戦地フランスで、歩き続ける歩兵3人の長回しが印象的だ。

晩年の妹役は昨日観た『いつか眠りにつく前に』で死の床に付く
老婦人を演じていた『ジュリア』のオスカー女優ヴァネッサ・レッドグレイヴ。
作家として成功した彼女は脳血管性認知症を患い、三人の物語を遺作として
上梓する。21作目となる『贖罪』ではせめてもの償いとして二人の仲を
ハッピーエンドに終わらせる。

ブライオニー・タリス役は3代に亘って描かれ、13歳役のシーアシャ・ローナンが
絶賛され、アカデミー助演女優賞にノミネートされるが、その影に翳んだ感じ
ではあるが、18歳役のロモーラ・ガライも好演している。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月04日(金)23:08:54
ブログパーツ

Comment 15

There are no comments yet.

Hiro  

>HIROMIさん

TB有難うございました。
現実は小説より×奇なり,悲し。

2009/04/18 (Sat) 21:40

Hiro  

>nonさん

TB有難うございました。
使用人の息子は、高望みをしてはならなかった...

2009/04/18 (Sat) 21:49

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
キーラ・ナイトレイ目当てで見ると肩透かし...

2009/04/18 (Sat) 21:52

Hiro  

>ミチさん

TB有難うございました。
ロビーの不遇を描くためとは言え、「戦争体験-ダンケルクの激戦-
の部分は長回し」は確かに浮いていました。

2009/04/18 (Sat) 21:55

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
13歳のブライオニーを演じたシアーシャ・ローナンは
初期の広末涼子にちょっと似ている。

2009/04/18 (Sat) 22:02

Hiro  

>tekutekuさん

TB有難うございました。
ブライオニーの13歳から4年間で、そんなに改心するものだろうか。
事の重大さを自覚し、看護師目指し贖罪の日々。
短期間で、人間そこまで変わるのは難しい...

2009/04/18 (Sat) 22:34

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
キーラ・ナイトレイはいつ見ても、ウィノナ・ライダーと
ナタリー・ポートマンに似ているなぁと思う。

2009/04/18 (Sat) 22:39

Hiro  

>ルナさん

TB有難うございました。
ブライオニーのロビーに対する思慕はセシーリアに対する
敵愾心・嫉妬心の発露だったのかもしれない。

2009/04/18 (Sat) 22:42

Hiro  

>シャーロットさん

TB有難うございました。
作家となったブライオニーは結局、50年もの間、13歳の時ついた嘘を
心の闇として抱え続けてきたのですね...

2009/04/18 (Sat) 22:46

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
ブライオニーは何故にセシーリアと同じ看護師の道に
進んだのだろう。贖罪の道として相応しいから...

2009/04/18 (Sat) 22:51

Hiro  

>kiraさん

TB有難うございました。
管理人としてはジェームズ・マカヴォイに役者としての華が
感じられないんですよね。『スパーイダーマン』のトビー・マグワイアと
双璧でしょうか(笑) 以前はエドワード・ノートンもそうでしたが...

2009/04/18 (Sat) 22:55

Hiro  

>りおさん

TB有難うございました。
>ダンケルクの浜での長回しシーンは圧巻
本題を忘れさせるようなインパクトがありましたね。

2009/04/18 (Sat) 23:00

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
2代目ブライオニー役ロモーラ・ガライも、作品に恵まれれば
注目されそうな気がするのですが...

2009/04/18 (Sat) 23:16

Hiro  

>きららさん

TB有難うございました。
ブライオニーの贖罪が主でロビーとセシーリアの悲恋は従でしたね。

2009/04/18 (Sat) 23:21

Hiro  

>masakoさん

TB有難うございました。
作品の構成が特に巧みだと思いました。

2009/04/29 (Wed) 04:07

Leave a comment

Trackback 15

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • つぐない
  • 帰省する兄の歓迎パーティーで上演するための戯曲を書く13歳の少女ブライオニー(シアーシャ・ローナン)。年の離れた姉セシリア(キーナ・ライトレイ)は、幼馴染で同じ屋敷で暮らすロビー(ジェームズ・アカヴェイ)をことさら避けながら、視線の先に彼をとらえている...
  • 2009.04.09 (Thu) 07:02 | シネマ大好き
この記事へのトラックバック
  • 『つぐない』
  • 監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...
  • 2009.04.09 (Thu) 08:19 | Sweet*Days**
この記事へのトラックバック
  • 『つぐない』
  • □作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」?□脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・
  • 2009.04.09 (Thu) 08:26 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  • 映画 【つぐない】
  • 映画館にて「つぐない」 イアン・マキューアンの小説「贖罪」を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 おはなし:1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェ...
  • 2009.04.09 (Thu) 09:16 | ミチの雑記帳
この記事へのトラックバック
  • つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!!
  •  一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。 ? 5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです。キ
  • 2009.04.09 (Thu) 10:07 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • mini review 09355「つぐない」★★★★★★★★☆☆
  • ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻...
  • 2009.04.09 (Thu) 18:48 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  • つぐない
  • 見終わったあと、 あまりにも切ないというか つらい!辛すぎる! たぶん時代的には あんな事は、たくさんあったんだろうとは 思いますが・・・・。 う~~ん、やはりなんとも言えない 悲しい気分になってしまう! 1935年、13歳のブライオニー・タリス(シアーシ...
  • 2009.04.09 (Thu) 23:25 | ルナのシネマ缶
この記事へのトラックバック
  • つぐない
  • 息苦しさと切なさとやるせなさと…
  • 2009.04.10 (Fri) 00:07 | シャーロットの涙
この記事へのトラックバック
  • ★「つぐない」
  • 今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
  • 2009.04.10 (Fri) 01:03 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック
  • つぐない
  • 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マ
  • 2009.04.10 (Fri) 02:07 | to Heart
この記事へのトラックバック
  • つぐない
  • ■ テアトルダイヤにて鑑賞つぐない/ATONEMENT 2007年/イギリス/123分 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカ...
  • 2009.04.11 (Sat) 00:39 | 映画三昧、活字中毒
この記事へのトラックバック
  • つぐない
  • 1935年、イングランドの政府官僚ジャック・タリスの屋敷。 小説家を夢見る13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、 夏の休暇で帰省...
  • 2009.04.12 (Sun) 11:12 | 心のままに映画の風景
この記事へのトラックバック
  • 映画 『つぐない』
  •   ☆公式サイト☆ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が...
  • 2009.04.13 (Mon) 19:08 | きららのきらきら生活
この記事へのトラックバック
  • 『つぐない』 @シャンテシネ
  • 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言
  • 2009.04.27 (Mon) 23:09 | 映画な日々。読書な日々。