伊坂 幸太郎 著 『ラッシュライフ』

ラッシュライフ
【単行本】
『Lush Life』(豊潤な人生)
歩き出したバラバラ死体、解体された神様、鉢合わせの泥棒-。
無関係に思えた五つの物語が、最後の最後で一つの騙し絵に収斂する。
仙台を舞台にした3日間の物語。
「あなたの好きな日本語を教えて下さい」
    力…河原崎  夜…黒澤
    約束…青山  心…京子
    無色…豊田⇒『イッツオールライト』
展望台 「エッシャー展」(騙し絵) 「何か特別な日に」

《 登場人物 》
老犬(雑種小型犬)・老夫婦強盗(70代半)が良い。
「高橋」を主人公に1編出来そうである。

《登場人物》
戸田(60) 有名画廊「金で買えないものはない」
秘書志奈子(28)作品『つなぐ』 社員・佐々岡独立失敗

黒澤(35) 泥棒のプロフェッショナル
       舟木宅25件目
       強盗団(タダシ他)…郵便局狙う(豊田と鉢合わせ)
       佐々岡は高校の同級生

京子(30) 佐々岡の妻(電話で離婚通知を受ける)
       クリニック経営 膀胱炎
       ネットで拳銃購入30万円
愛人青山 二部サッカー選手ディフェンダー
       京子と妻殺しを計画するが、実は妻に計画を告白済み

豊田    元デザイン部 舟木リストラ勧告
       同僚井口もリストラ、妻の実家定食屋手伝う
       2年前に分かれた妻は美容師
       再就職40連敗 老犬拾う
       郵便局強盗・”狩り”3人組(ケンジに発砲)

教祖高橋 法則から「ビジネスホテル連続殺人事件」予知
側近塚本 偽高橋を解体・河原崎をバラバラ事件犯人に仕立てる。
       河原崎の父3年前17階より投身自殺

《 PickupWord 》
「”神様のレシピ”か、運命と言うよりは余程いい」
「人生については誰もがアマチュアなんだよ。
 誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいる訳がない。」
「事件を解決しない名探偵なんて意味がない」
「譲ってはいけないもの。そういうものってあるでしょう?」

[映画化]
監督:西野真伊
出演:寺島しのぶ 堺雅人 佐藤江梨子 板尾創路
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年04月01日(月)04:39:40
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

Hiro  

>JiNGさん

TB有難う御座いました。
>『オーデュボンの祈り』からとある人物がゲスト出演しています。
>ある意味後日談みたいな感じになっています。
との事、私も『オーデュボンの祈り』を読んでみたくなりました。
[フーテンの寅さん]

2005/07/18 (Mon) 14:02

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
「どうやら伊坂さんは、物語に、別の作品の人物を登場させるのが
お好きなようで・・・」確かに。
なんやかんやで、伊坂作品も結構読んでいるんだなぁ~と
うん、好きな作家さんの一人には違いない。

2008/03/24 (Mon) 23:24

Leave a comment

Trackback 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • イッツオールライト
  • 「ラッシュライフ」は伊坂幸太郎の人生交錯ミステリです。本の最初にも書かれていますが、「ラッシュ」というのは様々な意味が込められています。lash,lush,rash,rushです。今回の主人公は全く性格の異なる四人。教養あふれる泥棒、黒澤。とある男に陶酔する
  • 2005.07.17 (Sun) 12:58 | スカイ・フロータ
この記事へのトラックバック
  • 【本】ラッシュライフ
  •         ? 『ラッシュライフ』     伊坂幸太郎     新潮文庫【comment】この作品の感想を一言で言えば・・・巧いっである―こちらは所謂『群像劇』で、5つの物語に登場する幾人もの人々が微妙に絡み合い、絶妙なハーモニーを奏でる。それがあまりにも見...
  • 2008.03.24 (Mon) 22:43 | ★YUKAの気ままな有閑日記★