WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『ラスト・ブラッド』

ラスト・ブラッド
親の敵を討つ為、オニ殲滅組織カウンシルと協力し、
米軍基地内の高校に潜入したサヤを待っていたのは...

個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞)

日本のフルデジタル・アニメを実写映画化
原題:Blood the Last Vampire
クウェンティン・タランティーノが泣いて喜びそうな
ワイアーアクションをふんだんに使ったB級ヴァンパイアムービー

【見所】
 ・ 2大アジアンビューティーチョン・ジヒョン VS 小雪の対決
   と言っても、オニゲン役の小雪は終盤だけの登場
 ・ 御歳27歳のチョン・ジヒョンが16歳のセーラー服姿を披露
   これまでのハートフルなイメージを払拭、ハードアクションに挑む。
   タイトルロールを見ると判るが彼女の英語名は“GIANNA”
  日本語場面は吹替えだが、口の動きは見事にフィットしていた。
 ・ 小雪の名前通り白の衣裳が映える。
   『ドラゴン・キングダム』の白髪魔女役リー・ビンビンに似た印象
 ・ 御歳63歳 日本アクション界の草分け倉田保昭爺の活躍
   宙吊りの上、両腕モゲモゲの断末魔は痛々しい。
 ・ 日本の街並は『ブレードランナー』『ブラック・レイン』風で関西系!?



オニ度診断 】 (シネマトゥデイ)
4つの設問であなたのオニ度をチェック!!
1)肉食・草食 2)婚活 3)陪審員 4)人に群れるか
因みに管理人のオニ度は50%でした。

オニ度診断結果
関連記事
【洋画】 [ラ行] カテゴリ内のページャー
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年02月29日(土)23:53:56
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 4 件

Comment 4

There are no comments yet.

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
チョン・ジヒョンはこの作品の何処に惹かれて出演したのだろう!?

2009/06/08 (Mon) 19:20

Hiro  

>たかひょさん

TB有難うございました。
オニゲンが温泉旅館の案内係を真っ二つにした場面は
怖いと言うよりコミックでしたぁ。

2009/06/08 (Mon) 19:26

Hiro  

>はっしぃさん

TB有難うございました。
サヤがアリスを助けてオニたちと街中で立ち回る場面
チョン・ジヒョン頑張りましたぁ。お疲れ様。

2009/06/08 (Mon) 19:34

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
舞台が1970年(昭和40年)という事で、
ヒッピーでしらけた風俗が街中に出ていましたね。

2009/06/08 (Mon) 19:39
 ■ トラックバック一覧 4 件

Trackback 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ★「ラスト・ブラッド」
  • 「ひらりん的映画ブログ」の記念すべき1000本目の映画レビューになりました。 ひらりんお気に入りのチョン・ジヒョン主演作を千本目に当てるのは偶然ではありません。 ちょっと狙ってました。
  • 2009.06.07 (Sun) 02:21 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック
  • 『ラスト・ブラッド』
  •   斬り開く――   私の運命   ■400年以上続く、オニと人間の争い。遂にオニが栄華を極める時、一人の少女が現れた。サヤ、16歳。セーラー服に、おさげの黒髪。孤独と哀しみの宿る瞳が、人間の姿をしたオニの正体を見抜くや、日本刀で一瞬にして斬り捨てる。サヤの
  • 2009.06.07 (Sun) 03:20 | 唐揚げ大好き!
この記事へのトラックバック
  • 2009-52『ラスト・ブラッド』を鑑賞しました。
  • 映画を鑑賞しました。秊 2009-52『ラスト・ブラッド』(更新:2009/06/02) * 評価:★★★☆☆ 何も考えずに観るのがいい映画です。 週末が仕事だったことから早く切り上げて観賞してきました。 どんな映画なのかよく判ってい
  • 2009.06.07 (Sun) 09:36 | はっしぃの映画三昧!
この記事へのトラックバック
  • ラスト・ブラッド・・・・・評価額1200円
  • 2000年に公開されたアニメーション映画、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の実写リメイク。 監督は「キス・オブ・ザ・ドラゴン」で知られるフランス人のク...
  • 2009.06.07 (Sun) 23:59 | ノラネコの呑んで観るシネマ