『アキレスと亀』

アキレスと亀
身内の不幸にも頓着せず、
生涯、絵描きであり続けようとした男の物語。

個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)
主人公真知寿を小学生/青年/中年 の三世代に亘って描く。

青年時代を『3-4x10月』の柳憂怜(柳ユーレイ改名)が演じる。
恋人でのちに所帯を持つ幸子役に麻生久美子。
中年役がビートたけしで、幸子の後年を樋口可南子が演じる。

注目は画家役の仁科貴。愈々、おとうさんの拓ぼん(川谷拓三)に似てきました。
画商役には『ハゲタカ』の大森南朋。長髪に違和感です。
北野組常連の大杉漣、ほんとにちょい役の寺島進も出演しています。

北野武の絵が重要な役割を果たしますが、
小学生時代の作品「ヒラメ」「鶏」は良かったです。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年07月14日(土)07:20:37
ブログパーツ

Comment 7

There are no comments yet.

Hiro  

>はくじさん

TB有難うございました。
娘マリ(徳永えり)は何故に早死にしょったいね?
常軌を逸した両親は、例え彼らが天才であっても、
周囲の人間にとっちゃ迷惑極まりない存在だった。

2009/07/16 (Thu) 00:52

Hiro  

>laerl38さん

TB有難うございました。
北野作品には好みが分かれますね。
管理人はやはり『その男、凶暴につき』系譜のヴァイオレンス作品が
気になりますね。

2009/07/16 (Thu) 00:58

Hiro  

>Kantaさん

TB有難うございました。
冒頭の押問答の如く、アキレスはいつになったら亀に追い着くのだろう。
相対性理論の問題!?

2009/07/16 (Thu) 06:59

Hiro  

>sakuraiさん

TB有難うございました。
我儘し放題の旦那に、良き理解者が付いたものです。
あんたに協力してくれる奇特な方奥さんだけ...(笑)

2009/07/16 (Thu) 07:07

Hiro  

>あるきりおんさん

TB有難うございました。
>大森南朋は相変わらず凄すぎ。この人だけリレーしないで2世代続く
リレーするのに、適役が見付からなかったのかも(笑)

2009/07/17 (Fri) 06:53

Hiro  

>支配人見習い1号さん

TB有難うございました。
>何でも、暇に飽かせて絵を描いていたら、絵がたまってしまい、
>それを使って映画を一本とってやろうと思ったのが本作の企画の
>始まりらしい
発端からして凄いというか、これがマルチな才能がある人の強みですよね。

2009/07/17 (Fri) 06:59

Hiro  

>mintさん

TB有難うございました。
男が勝手出来るのも家庭の後ろ盾があってこそ。
其処を蔑ろにしたら、単なる孤立無援の放蕩者に
成り下がりますわよ。ご注意遊ばせ!!

2009/07/28 (Tue) 00:54

Leave a comment

Trackback 7

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • アキレスと亀
  • 画家になることを夢見るものの一向に売れない画家とその夫に献身的に 支える妻との歩みを描いたドラマ。少年・真知寿は、自宅に来た画家に絵を褒められ、ベレー帽をもらう。 依頼、真知寿は画家になることを夢みて、絵以外のことには興味をもたなく なってしまう。実家が
  • 2009.07.15 (Wed) 00:12 | だらだら無気力ブログ
この記事へのトラックバック
  • アキレスと亀
  • 北野監督の作品はあまり好きではないのですが、 私が参考にする映画の批評サイトで関心を持ったのと、 まー、観ないと何も言えないので とりあえず見ておくかという感じです。f(^^;) 絵を描くのが大好きな少年・真知寿(まちす)は、 自宅を訪れた画家に絵をほ...
  • 2009.07.15 (Wed) 00:49 | 映画、言いたい放題!
この記事へのトラックバック
  • アキレスと亀
  • アキレスと亀 ¥2,952 第65回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された北野武監督作品!画家になる夢を持つ男が、妻とともにその夢を叶えるためにさまざまなアートに挑戦するが評価されず、やがて創作活動は街や警察をも巻き込むほどにエスカレートして...
  • 2009.07.15 (Wed) 01:14 | 映画君の毎日
この記事へのトラックバック
  • アキレスと亀
  • ここは、樋口可南子だな。
  • 2009.07.15 (Wed) 08:04 | 迷宮映画館
この記事へのトラックバック
  • 【映画】アキレスと亀
  • ■動機 見たいという人がいたので ■感想 教育を受けられる機会を逸した少年の悲しい人生? ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 絵を描くのが大好きな少年・真知寿(吉岡澪皇)は、自宅を訪れた画家に自分が描いた絵をほめられて、赤いベレー帽をもら
  • 2009.07.16 (Thu) 22:38 | 新!やさぐれ日記
この記事へのトラックバック
  • アキレスと亀
  • 今日は、話題の北野武監督最新作「アキレスと亀」を見てきました。 ブログを書くならBlogWrite
  • 2009.07.16 (Thu) 23:42 | シネマ名画座
この記事へのトラックバック
  • 『アキレスと亀』
  • 北野武監督の映画『アキレスと亀』を見てきました。
  • 2009.07.27 (Mon) 19:16 | いつか どこかで