『MW -ムウ-』

MW-ムウ-



16年前の離島の惨劇 隠蔽された真実の公表と復讐にはやる青年と
それを見守る青年。生き残った二人の運命は...

個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞)

原作者:手塚治虫生誕80周年記念作品
全く予備知識無く見たので
タイトルの「MW」も単にアルファベットの形が真逆なので
善と悪,山田孝之と玉木宏の関係を指すのかと思ってました。
16年前出身島・沖之真船島を壊滅に追い込んだ発端である
毒ガス兵器の名称だったですね。
MWの特性:水が流入すると中和する。

□ 冒頭、タイでの身代金誘拐事件
玉木宏 VS 石橋凌 は迫力満点
警視庁捜査一課沢木警部補役の石橋は
フレンチ・コネクション』の”ポパイ”刑事さながらの暴走でした。
相棒の橘刑事役は連携TVドラマ『MW-ムウ-第0章~悪魔のゲーム~』 にも
出演していた林泰文。玉木の呼び出しに乗り血飛沫の断末魔

昼間はエリート銀行員,夜は悪の処刑人(スパニシャー)
蘇える金狼』の朝倉哲也を彷彿



□ ターゲット
 ・ 荒木
 ・ 岡崎俊一(中村育二) … 実によく走りました。
  偽装誘拐に加担するどォ~しようもない娘愛子役は小松彩夏
 ・ 山下孝志(半海一晃) … 出来た部下を持つと大変です。
 ・ 望月靖男(品川徹) … 外務大臣から民自党総裁に。
   秘書 松尾(鶴見辰吾) … 続編があればもっと活躍しそうな人物!?
   娘加奈子はちょい役でしたが演じていたのは小濱なつき
 他にも、川村憲明記者(妻役角替和枝)をブレーキ細工して交通事故に
 見せかけて殺し前任の村越神父も殺めたかも...

□ 東京中央日報
 ・ 牧野京子(石田ゆり子) … 沖之真船島の血まみれ顔は壮絶
 ・ 溝畑(山本祐典) … 京子の部下,遺志を継ぐ
 ・ 三田(風間トオル) … 記事差し替えを進言。登場場面はそれだけぇ~!!

□ サンプルが東京基地に ・・・
賀来神父はMWと共に海の藻屑と消え、
不死身の狂気(モンスター)結城は操縦士と入れ替わり逃走!?
東京湾に散った機体は花火のようでした。

沢木刑事にメッセージ 娘に会う時はこれだけは守ろう
 ・ 部下を連れてこない
 ・ 無精ヒゲは剃って来る

神経ガスを吸い余命幾ばくも無い結城が生き残っちゃってPART2への布石か。
外務大臣は警視庁捜査一課の刑事に指揮命令しちゃって良いの???



[蛇足]
当地で昨年10/25にオープンしていたミッドランドシネマ名古屋空港
初利用作品がこの作品となりました。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月12日(日)12:43:13
ブログパーツ

Comment 5

There are no comments yet.

Hiro  

>レベル999さん

TB有難うございました。
結城と賀来の関係がもっと相克したものかと予想していた
のですが...

2009/07/28 (Tue) 00:32

Hiro  

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
>玉木宏はこの映画のため7kgも体を絞ったらしい。
ホント、スーツに着られて見えた。

2009/07/28 (Tue) 00:36

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
手塚氏には悪いが原作を知らないので、
「ムウ」と聞き「ムー大陸」を思い浮かべたのは
管理人だけだろうか???

2009/07/28 (Tue) 00:41

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
やっぱり続編はありですかね。
只、作品としての出来がイマイチなので
シリーズ化に走れるかどうか...

2009/07/28 (Tue) 00:46

Hiro  

>tekutekuさん

TB有難うございました。
タイの追跡劇以外は管理人もTV版の方が面白かったかな。

2009/07/28 (Tue) 00:48

Leave a comment

Trackback 5

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 映画感想『MW-ムウ-』復讐モンスター
  • 内容タイのバンコクにおいて旅行中だった竹菱建設の役員・岡崎俊一(中村育二)の娘・愛子(小松彩夏)が誘拐された。会社が用意した身代金を持ち、相手の出方を待つ岡崎と日本から捜査協力で派遣された2人の刑事。沢木和之(石橋凌)橘誠司(林泰文)タイ警察と協力し、...
  • 2009.07.26 (Sun) 20:54 | レベル999のマニアな講義
この記事へのトラックバック
  • 『MW -ムウ-』
  • ----この映画って手塚治虫の原作だよね。 新しくなった新宿ミラノでの完成披露で観たんだって? 舞台挨拶が盛り上がっていたみたいじゃニャい? 「うん。ゲストが沢山。 ステージ前から吹きあがるドライアイスで一瞬あたりは真っ白に。 白い霧が晴れるとそこには出演者た
  • 2009.07.26 (Sun) 21:27 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  • MW-ムウ-・・・・・評価額950円
  • 「MW-ムウ-」は、手塚治虫が大人向け作品に傾倒していた1976年に発表した、ピカレスク漫画の映画化である。 膨大な著作を残した手塚だが、実...
  • 2009.07.26 (Sun) 23:36 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • ★「MW-ムウ-」
  • 今週の平日休みは、久しぶりに邦画だよーーー。 最近ずっとヨーロッパものが多かったけど。
  • 2009.07.27 (Mon) 00:06 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック