『チャウ・シンチーの熱血弁護士』

チャウ・シンチーの熱血弁護士
弁舌の立つ弁護士が資格を剥奪,
市中引き回しの逆境に遭いながらも
愛妻と手を携え大逆転!!

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:審死官 1950年代の広東映画のリメイク
一旦は弁護士を引退、旅館と茶屋のオーナーに転職した主人公が
茶屋で出会った女性が巻き込まれた殺人事件を引き受け復職。

だが、一旦は放屁癖の知事、犯人隠匿に加担する行政長官、
警視総監に敗訴。投獄の身になってしまう。
しかし、知事収賄の書状を切り札に彼らをやり込める。

弁護士役は『カンフーハッスル』のチャウ・シンチーだが、
ワイヤーアクションは、専ら妻役の故アニタ・ムイが担当。
二人のマゲコントやチュー交換など失笑コントが楽しめる。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年04月27日(金)00:09:52
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment