「米中枢同時テロ」 映画化

ワールド・トレード・センター
パラマウント・ピクチャーズは、'01年9月11日に起きた
米同時テロを題材とする初のハリウッド映画の制作を発表。
監督:オリバー・ストーン
主演:ニコラス・ケイジ
オリバー・ストーン監督は、『プラトーン』(’86)『7月4日に生まれて』(’89)で
アカデミー監督賞を2度受賞し、『ミッドナイト・エクスプレス』(’78)では
同脚本賞を受賞している、骨太な作品を得意する社会派監督だが、
実生活でのトラブルが多く、大麻所持で逮捕(’99)、薬物所持と飲酒運転で
逮捕(’05)されており、起伏が多い。

管理人は、かなり過激な作品になるのではと杞憂するが …
昨年12月に全米公開された『アレキサンダー』は、総製作費200億円も
投じながら興行的に大失敗したばかりである。

《追記》
今年5月の「飲酒運転と薬物所持の現行犯逮捕」について
ストーン監督は容疑を認め、罰金100ドルが確定した。(8/11)
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月20日(木)02:22:04
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment