『ミナミの帝王 劇場版II 銀次郎VS整理屋』

難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版II
銀次郎VS整理屋

大阪ミナミの高利貸しが倒産会社を
食い物にする整理屋と対決

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)
1993年のシリーズ初期の作品。
萬田ファミリーは金子竜也(大森嘉之)と矢吹麻子(竹井みどり)
 組長沢木英雄(ゆうき哲也)幹部広瀬昇一(天田益男)
 銀次郎の最初の舎弟坂上竜一(柳沢慎吾)が、ヘタ打って関西に舞い戻る。
 梅子(梅垣義明)も復帰

整理屋の口車に乗る鉄工所社長角谷(原哲男)
整理屋友愛コンサルタント 源内大三郎(渡辺哲)
神戸成竜会を破門された野上英二(升毅 若い!!)

”サラ金分身の術”
運転免許証によみがながない事を悪用
(例)角谷勝(すみやまさる)→かくたにまさる etc
只、借り入れ申し込みに同伴者が居る場合は窓口で要チェックされるので
のこのこ付いていかん方が宜しい。

波の侵食で海岸縁の土地が削られパァ~
ホンマにそんな事あるんかいな。
現物を確認するまで、謄本だけでは当てになりまへんな。

「この萬田銀次郎、血の染み付いた銭で身を削って生きとるんじゃい。
 銭も命も××に取られへんからのぅ。よう覚えてけぇ」
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年06月22日(土)02:21:52
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment