『悲夢』

悲夢
男が見る、忘れられない別れた女の夢を
忘れたい男と夢遊病で同時体験する女

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:Sad Dream
夢は記憶、未来に纏わる不安 「白黒同色」

《 ちょっと気になる... 》
 ・ オダジョーさんは一人全編日本語
 ・ 警察署の外観がそれっぽくない

人は何日眠らずに居れるのだろう...
ジンは頭に針・ノミを刺し、足をトンカチで殴打する
自虐的な数日の後、欄干から転落死
獄中のランは首吊りの末、「胡蝶の夢」

監督は『ブレス』のキム・ギドク。管理人には難解だ。
監督からご指名のオダジョーさんは好演。
ラン役は『私たちの幸せな時間』のイ・ナヨン。管理人注目の女優さんだ。
今作品は『ブレス』や『私たちの幸せな時間』に似た系列の作品。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月30日(日)04:23:01
ブログパーツ

Comment 9

There are no comments yet.

Hiro  

>HIROMIさん

TB有難うございました。
「ジンとランが愛し合えば、夢は終わる??」
嘘っぽい精神科医でした。

2010/02/17 (Wed) 02:09

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
>キム・ギドク監督が描く愛の世界は理解し難い。
正しくその通り!!

2010/02/17 (Wed) 02:13

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
舞台はソウル江北の嘉会堂(カフェドン)ですか。
中々風情があって良い所でした。
>「黒白同色」すなわち「ふたりはひとり」
二人は一心同体と言うより、運命共同体でした。

2010/02/17 (Wed) 02:19

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
眼球を指で押し広げている場面は二人とも
ホントに本人!?かと疑いたくなる面相でした。

2010/02/17 (Wed) 02:24

Hiro  

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
PCの前で転寝する事がしょっちゅうの管理人には
睡魔との闘いは到底無理(笑)

2010/02/17 (Wed) 02:28

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
手錠を使った防衛策をしっかりやれば、
あれほど苦労せずとも済んだのにってか?

2010/02/17 (Wed) 02:31

Hiro  

>BCさん

TB有難うございました。
字体を逆に彫る印章彫刻師。
二人の関係を暗示しているようでもありますね。

2010/02/17 (Wed) 02:35

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
ストーリーよりもオダジョー、イ・ナヨンのファンなら
文句なしにOKな作品。

2010/02/17 (Wed) 23:53

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
まさに、キム・ギドクありきの作品でした。

2010/02/21 (Sun) 02:49

Leave a comment

Trackback 9

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 悲夢
  • キム・キドクという監督を知らなかった。これは、何と言えばいいのだろう。現実と幻想が溶け合っていて、もやの中のようでいて鮮明で、感情的であり観念的であり、謎に満ちている。そして、激しくて切ない。観た後も、まだ夢の中のようだった。 交通事故を起こした夢を見..
  • 2010.02.16 (Tue) 07:26 | シネマ大好き
この記事へのトラックバック
  • 『悲夢』
  • □作品オフィシャルサイト 「悲夢」□監督・脚本 キム・ギドク □キャスト オダギリジョー、イ・ナヨン、チア、キム・テヒョン、チャン・ミヒ■鑑賞日 2月7日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  オダジョー・ファ
  • 2010.02.16 (Tue) 08:57 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  • mini review 09383「悲夢(ヒム)」★★★★★★★★☆☆
  • 『絶対の愛』や『ブレス』など独特の愛の世界を描く韓国の異才、キム・ギドク監督が手掛けたまったく新しい愛の物語。夢を見る男と、彼の代わりに夢の中の出来事を実行に移す夢遊病の女性の不思議な魂の触れ合いを繊細(せんさい)なタッチでつづる。主人公を演じるのは、...
  • 2010.02.16 (Tue) 09:47 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  • 悲夢★SAD DREAM
  • キム・ギドク ×オダギリジョー 日韓の才能が集結! 3月21日公開。公開初日の鑑賞となりました。めったに公開初日に行くことないのですが・・・・。夕方からの2回上映のみ。何で?他の作品はかなり多く上映回数多いのに。この作品の上映回数は少ない。やはり一般受
  • 2010.02.16 (Tue) 10:38 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  • 『悲夢』
  • (英題:Dream) ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----おっ、ついに出たか。 これってキム・ギドクとオダギリ ジョーの顔合わせが 大きな話題を読んでいる映画だよね。 「うん。 前にも話した
  • 2010.02.16 (Tue) 11:06 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  • 蝶を追う~『悲夢』
  •  SAD DREAM  別れた恋人の車を追って交通事故を起こす夢を見た男ジン(オダギリジョー)は、 その夢の余りにリアルな感触に不吉な予...
  • 2010.02.16 (Tue) 20:36 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 09-41「悲夢」(韓国)
  • 一夢同体  ある夜、別れた恋人を忘れられない男ジンは、彼女を執拗に追いかけていて交通事故を起こすリアルな夢を見た。  一方、彼の夢に呼応してランという女性が夢遊病のように現実に行動を起こしていた。しかし、ランにとって別れた恋人は憎くてしようがない男。ジ...
  • 2010.02.17 (Wed) 23:42 | CINECHANの映画感想
この記事へのトラックバック
  • 「悲夢」
  • 「悲夢」ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞 キム・ギドクはやっぱり天才でした。 と、終わった瞬間に思わされました。 オダギリは今回台詞があるのだろうか…という期待から入っていきましたが、いきなり日本語で始まったこの作品。 当然他の出演者は全員韓国語。...
  • 2010.02.21 (Sun) 00:37 | てんびんthe LIFE