cinema-days 映画な日々

『吉祥天女(きっしょうてんにょ)』

2010/03/02
鈴木杏
吉祥天女 スペシャル・エディション [DVD]
吉祥天女
5歳迄で地元で育った旧家の娘が
転校生として帰って来る...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:吉田秋生の漫画を映画化

【スポンサーリンク】
舞台:昭和45年春 金沢
□ 没落の旧家叶家
 祖母 あき(『食堂かたつむり』の江波杏子)
 叶和憲(小倉一郎)-妻 浮子(国分佐智子)
 母 鈴子(青山知可子 久々)
 父 泰之 天衣神社で焼死-小夜子転出の原因

 叶小夜子(17) 12年ぶりに、政略結婚の為、転校
 公僕の運転手・小川雪政(津田寛治)

□ 新興の遠野家
 浮子の兄 遠野一郎(嶋田久作) 猟が趣味
 息子 遠野暁(深水元基)小夜子と政略結婚
 暁の義弟 遠野涼(勝地涼) 妹 みずえ 喘息

□ 友人
 麻井由以子(本仮屋ユイカ)5歳の時、殺害現場目撃
  能楽クラブ部長 夏公演「羽衣」
 姉 麻井鷹子(市川実日子)美術品の研究
  先生 三木(三谷昇)
 刑事(諏訪太朗)-暁射殺

クラスメート役の鈴木杏と本仮屋ユイカ

見所は鈴木杏の魔性の女ぶり。眼力にノックアウトです。
境内では見事な立ち回りを披露。

「"天女の衣"に触れた女は幸せになるが、それに触れた男には祟りがある」
「叶家の女は、決して幸せになれない」

(1)病弱のあき祖母は浮子に薬を摩り替えられ早死に。
(2)小夜子が祝杯中の和憲・浮子夫妻を追い詰める。
(3)小夜子が一郎を銃の暴発で片付けようとしている所に
 暁が乱入し一郎を刺殺、指名手配に。
(4)暁は由以子を人質に小夜子を呼び出す。
(5)涼が助けに入るが、一郎の銃で暴発死。
(6)暁も警官の銃撃に倒れる。
 叶家・遠野家ともに全滅。

性悪女の浮子役国分佐智子,俄か探偵風で殺伐としたストーリーに
唯一ほんわかムードを醸し出す鷹子役市川実日子がいい。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[カ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[カ行]

コメント歓迎!! 1

まだ、コメントはございません。

Hiro

>CINECHANさん

TB有難うございました。
鈴木杏がこれまでのイメージと異なった役柄に
挑戦し健闘。

2010/03/05 (Fri) 02:15

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 168「吉祥天女」(日本)

その衣に触れた男は祟られる  昭和45年春、金沢。能楽クラブに所属する麻井由似子のクラスに妖艶な美少女、叶小夜子が転校してくる。小夜子は5歳までこの町で暮らしており、12年ぶりに実家に戻ってきた。  大人びた小夜子を慕い、友情を育んでいく由似子。また叶...

2010/03/04 (Thu) 10:37 by CINECHANの映画感想
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook