cinema-days 映画な日々

『弾突 DANTOTSU』

2010/03/10
スティーヴン・セガール
弾突 DANTOTSU
酒とギャンブルで身を持ち崩した元刑事に
借金の肩代わりに暗殺の依頼。

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Pistol Whipped

【スポンサーリンク】
警察の証拠品保管庫から押収した麻薬組織の売上金を横領した嫌疑をかけられ
辞職した元刑事が、妻娘と別れ、酒とギャンブルの日々を送る。

冒頭のお墓での銃撃戦がエンディングに繋がる。
スティーヴ、甘いぜ! 土葬何かにしない。車ごと炎上の火葬だぁ~

溜まりに溜まった借金125万ドル(何と1億以上!!)
肩代わりしてくれる”影の正義”の親父役が、怪優ランス・ヘンリクセン
但し、今作品では、指示を出す黒幕役で見せ場が少ない。
部下ブルー(ポール・カルデロン)ドレア(レネイ・エリーゼ・ゴールズベリイ)

別れた奥さんリズ役は『オープン・ウォーター』の
ブランチャード・ライアン。
今後の活躍に注目。

この写真はシャーリーズ・セロンに似ているなぁ。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[タ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[タ行]

コメント歓迎!! 1

まだ、コメントはございません。

Hiro

>CINECHANさん

TB有難うございました。
マンネリでも良い。ずっと作り続けて欲しい...
それが、セガールがセガールたる所以なのだから(笑)

2010/03/15 (Mon) 22:04

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 237「弾突 DANTOTSU」(アメリカ)

沈黙を破るべき時  マットはかつては優秀な刑事だったが、酒とシャンブルに溺れ、身を持ち崩し、妻にも見捨てられ、警察職も失っていた。多額の借金を背負うマットだったが、更に借金を負ったある日、謎の老人が現れ、マットの借金を全て肩代わりすると言う。その代償と...

2010/03/14 (Sun) 12:22 by CINECHANの映画感想
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook