『ソラニン』

恋人のバンド活動を応援する主人公。
彼が事故で急死し、遺された曲を自ら熱唱する...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

原作:浅野いにお 『ソラニン
オフィシャル Twitter


ソラニン=ジャガイモの芽の毒の事
宮﨑あおいが大学の軽音楽クラブ以降もバンド活動を続ける
恋人種田成男(高良健吾)を支える主人公を演じる。
少年メリケンサック』ではおじさんパンクバンドをアシストしていたが
今回は亡き恋人の遺志を継ぎ舞台に立つ。
スタジオでの最終リハ場面のギターを弾く真剣な表情は演技を超えた!?

『ソラニン』の芽衣子

種田はバイトに出掛ける朝、赤い風船を見付けた。
芽衣子が朝起きるとベランダには赤い風船が。
でも、手の中からするすると大空に上っていってしまいます...

『ソラニン』の風船

青春の1コマ(昔のトレンディドラマでよくあった)
5人の花火のシーンが良かったなぁ。

『ソラニン』の花火


種田が事故る事は鑑賞前から知っていましたが、もっと早い場面で亡くなり、
芽衣子(名前からはどうしても梶芽衣子を思い出すおじさん管理人)が
バンドに参加する過程が中心に描かれるのか思っていました。

バンド Rotti(ロッチ)
  ヴォーカル:種田成男(高良健吾) … WEBデザイン事務所でバイト
  ベース:加藤賢一(近藤洋一 サンボマスター) … 大学6年生
  ドラム:山田二郎(ビリー)(桐谷健太) … 薬局(父親:諏訪太朗)の手伝い
高良健吾のナチュラルな演技は『TOKYO-POP』('87)の
田所豊(ダイヤモンド・ユカイ)を彷彿(古~い)
加藤の恋人がアイちゃん(伊藤歩)なんて贅沢(笑)
加藤にチューする後輩鮎川(サバかわ?)役は岩田さゆり
桐谷健太の野太い声・キャラはちょっと浮いた感じ!?

芽衣子の母親役は美保純 『誘拐ラプソディー』では船越警部補の奥さんを演じてます。
種田の父親役は何と『チューリップ』の財津和夫!!
レコード会社ディレクター冴木役はARATA。『20世紀少年』の 田村(13号)役も
そうだが、屈折したキャラが似合う。
デビューしたグラビアアイドル花村ひとみの歌も案外良かったよ。

「好きな音楽で、誰かに批判されるのが怖いんだよ。
 評価されて初めて価値が出るんじゃない。
 それで、ホントにダメだと思ったら...」

「そん時どうしてくれるの? 一緒に死んでくれるの?」
「例え、それが険しい道でも...キミがいるなら」

宮﨑あおい出演作品 】
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2016年04月24日(日)03:59:13
ブログパーツ

Comment 6

There are no comments yet.

Hiro  

>kazuさん

TB有難うございました。
宮崎あおいのマジ真剣な演奏シーンは必見ですね。

2010/04/09 (Fri) 03:50

Hiro  

>テクテクさん

TB有難うございました。
夢を見続ける事が青春だとすると、実年齢に関係なく、
人生、先が見えた時が、青春の終わりって気がします。

2010/04/09 (Fri) 03:57

Hiro  

>やっぱり邦画好きさん

TB有難うございました。
「ソラニン」というタイトルはてっきり、
「青空」関連のことかな思ってました...

2010/04/09 (Fri) 04:02

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
>宮崎あおいファンのための観賞用映画としてなら
>十分彼女の魅力溢れる作りになっていただろう
管理人はこれだけでも十分満足でした。

2010/04/09 (Fri) 04:06

Hiro  

>いい加減社長さん

TB有難うございました。
人生、やらずに後悔するより、同じ後悔するなら、
やって後悔する方ほ選びましょうという事ですネ。

2010/04/12 (Mon) 02:57

Hiro  

>クリシェさん

TB有難うございました。
こういった青春ものは作者の思い入れが色濃く出ますね。
ともすると独り善がりの作品になる危険がありますが、
本作は見事クリアしていました。

2010/12/29 (Wed) 21:58

Leave a comment

Trackback 6

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ソラニン
  • 浅野いにお作の同名コミックの映画化。 主演は宮崎あおい。 主人公は芽衣子(宮崎あおい)。 OL生活2年目にして心がふさがる日常。 恋人の種田(高良健吾)も、 自分というものを、 見いだせずに鬱々とした日々。   これからの自分たちの、 将来を模索するが…
  • 2010.04.08 (Thu) 06:56 | 花ごよみ
この記事へのトラックバック
  • 大人への定義。『ソラニン』
  • 大学時代からの延長線上の生活と夢、現実社会のギャップに揺れる若者達の物語です。
  • 2010.04.08 (Thu) 10:54 | 水曜日のシネマ日記
この記事へのトラックバック
  • ソラニン
  • リアルな若者の心情と青春の光と影をヴィヴィッドに描き出し、熱狂的な支持を受ける、漫画家・浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」が、満を持しての映画化。主人公・芽衣子を、テ...
  • 2010.04.08 (Thu) 11:23 | やっぱり邦画好き…
この記事へのトラックバック
  • ソラニン
  • 宮崎あおいの可愛さこそが“ソラニン” 【Story】 OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの...
  • 2010.04.08 (Thu) 23:17 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • ソラニン
  • 最初はパスしようかと思ってたんだけど。 予告編で、かなり面白そうに思えてきて、宮崎あおいちゃんも好きだし。 ということで、「ソラニン 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜日の午前としては、普通かな。 「ソラニン 」は、中くらいのスクリーンで、3...
  • 2010.04.11 (Sun) 22:41 | いい加減社長の日記
この記事へのトラックバック
  • 『ソラニン』
  • この映画の本質は、バンドそのものではなく若者たちの閉塞感を描くことにあるといっていいでしょう。
  • 2010.12.29 (Wed) 19:08 | シネクリシェ2.0