『プロポジション -血の誓約-』

プロポジション ー血の誓約ー
警察に捕らえられた次男が、弟を助ける事を条件に、
長兄を追跡する為、一人荒野に出掛ける...

個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Proposittion
舞台は19世紀開拓時代のオーストラリア
極悪非道で悪名高い三兄弟の内、次男・三男が逮捕される。
警察隊のスタンリー隊長(レイ・ウィンストン)は、次男チャーリー(ガイ・ピアース)に
三男マイキー(リチャード・ウィルソン)の処刑を中止する条件として
クリスマス迄9日間内に、長兄アーサー(ダニー・ヒューストン)を連れて来る様、命ずる。

荒野を彷徨うチャーリーは先住民の槍に射抜かれ瀕死の傷を負うが
洞窟で生活するアーサー一味に助けられる。
その間に、スタンリー隊長は町の権力者フレッチャー(デヴィッド・ウェンハム)らに
押し切られ、マイキーに鞭打ち100回のリンチを加える。

傷の癒えたチャーリーとアーサーらはマイキー救出に町に戻り、
クリスマスを祝う隊長宅に乗り込むが...
マイキーを看取ったチャーリーは際限なく非道を続けるアーサーに銃口を向ける。

集るハエと顔を打ち砕くバイオレンス描写が記憶に残る一品(笑)
スタンリー隊長の妻マーサ役のエミリー・ワトソンは紅一点で儲け役。
極悪非道の長兄アーサー役ダニー・ヒューストンの存在感にガイ・ピアースも霞む。
荒れた生活とは無関係にオーストラリアの夕陽が美しい。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月30日(日)04:31:20
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>グランバダさん

TB有難うございました。
開拓時代と言えば、ゴールドラッシュに湧く米西部を
思い浮かべるが、オーストラリアの開拓時代を舞台にした
作品にはあまり見掛けないですね。

2010/04/10 (Sat) 03:14

Leave a comment