『誘拐ラプソディー』

ムショ帰り、借金まみれでドン詰まりの主人公。
自殺にも失敗した処に、家出少年が居合わせる...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

原作:荻原浩 『誘拐ラプソディー
管理人の好きな作家さんの一人
他の作品は [ こちらから
押尾事件で公開が危ぶまれた作品。
ストーリー展開が面白く、出演陣が豪華でオクラ入りでは勿体無い出来。
榊英雄監督が自ら押尾役を代役し撮り直し公開に漕ぎ着けた。

□ 主人公 伊達秀吉(38) 前科有り 借金320万円
    斉藤工務店従業員(ベンガル/角替和枝)
    親方とケンカ 社の車持ち出し
    「死ぬには丁度良い日だ」
    何も無いと言いながらも、管理人はそのイケメンがあるだろ!と突っ込み
□ 家出少年 篠宮伝助(6) 父と不和
    演ずる林遼威くんが実に良い。この作品の評価の分かれ目だ。
    父 暴力団会長(哀川翔)
    犯人からの電話への応答の仕方、声音の変え方に驚いたぁ~
    母(YOU) 良い所のお嬢様風の雰囲気が上手く出ていました。
    『遠まわりの雨』では屋台で渡辺謙に寄り添う役でチョイ出演。
    組員 桜田チェリー(菅田俊)もう存在自体がヤクザです(笑)
        遠藤(木下ほうか)チェリーに頭が上がりません
        岸田(この役が押尾だった)身代金5000万円の横取り画策
□ ムショの師匠 シゲさん(笹野高史)
   誘拐の鉄則5ケ条
   (1)ケータイを準備する
   (2)顔をさらさない
   (3)地元ではやらない
   (4)ガキは直ぐ始末する
   (5)相手をじらす
□ 刑事黒崎警部補(船越英一郎:特別出演)
   妻(美保純)『ソラニン』では宮崎あおいの母親役
   息子 哲夫は伝助のお友だち
   部下 栗林(山本浩司)篠宮組の動向を探り手柄を狙う
□ こんな人も
回転寿司「承知の助」板前(寺島進)-篠宮組の組員でない処がミソ!??

ちょっと気になった...
身代金の入ったカバンをGETした秀吉は何故、車とは
反対方向に向かったのか(会社の車を放置しておく筈はない)

秀吉と伝助の擬似親子関係が泣かせます。
  立ちしょん/コンビニ弁当/キャッチボール etc
「やり直すには、丁度良い日だ」

主題歌:『元少年の歌』 唄:フラワーカンパニーズ
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年02月03日(日)00:14:19
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

Hiro  

>やっぱり邦画好きさん

TB有難うございました。
寺島進 菅田俊 木下ほうからは、前作『GROW~愚郎~』から
榊監督組だったんですね。これも見てみたい。

2010/04/17 (Sat) 17:26

Hiro  

高橋克典新作ドラマ

『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』テレビ朝日系(H22.4/22 PM9:00-)
脚本:井上由美子
共演:黒木瞳 斉藤由貴 三上博史
同窓会で再会した45歳の男女の恋を描くドラマ

2010/04/19 (Mon) 21:07

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 誘拐ラプソディー
  • 2005年に映画化され大ヒットした「明日の記憶」の荻原浩のロングセラー小説を映画化するにあたり、またとないキャスティングが実現。今までヒーロー役が多かった高橋克典が、悪人に...
  • 2010.04.16 (Fri) 09:48 | やっぱり邦画好き…