cinema-days 映画な日々

村山 由佳 著 『天使の梯子』

2005/07/30
村山由佳
天使の梯子
【単行本】
前作『天使の卵』から10年後のお話。
前作から続けて読む事を推奨!!
「天使の梯子(エンジェルス・ラダー)」
=雲間からさす光(今作品では月の光)

終盤、夜桜の下、一本槍歩太・斎藤夏姫・古幡慎一が対峙する場面は、
映像化される機会があれば、是非観て見たい場面である。


【スポンサーリンク】
《 登場人物 》
古幡慎一(21 あだ名”フルチン”) 大学社会学部
5歳の時、父洋一・母七恵離婚   カフェでバイト
 祖父 高2の秋、胃癌死
 祖母(76) 心筋梗塞 「タカノ理容室」

《カフェ》
店長 鈴木(30)
バイト仲間 ヤマダ

斎藤夏姫 大泉東高校1年C組担任(担当:国語)
       突然退職 生徒栗原 2月いじめにより自殺未遂
       現在 信販会社督促係

     ×合コンで知り合ったサラリーマンと喧嘩別れ
     ?塗装職人風の男=一本槍歩太

一本槍歩太 看板職人 社長ムニール・マハマド(パキスタン人)
        母の飲み屋で料理作る。
夏姫が応募した春妃を描いた人物画でイタリアのコンクール受賞
柴犬フクスケは17歳で往生

《 PickupWord 》
「初めから期待をしなければ、失望もしなくて済むのだ。
身の程を忘れて欲張ると、ろくなことはない。」

「女はね、好きだと言ってくれた男の言葉は絶対忘れないの。」


ドラマスペシャル 天使の梯子 [DVD]
TVドラマ化
ドラマスペシャル 天使の梯子
出演:ミムラ 要 潤 渡部豪太

天使の柩 (集英社文庫)
天使の柩 (ひつぎ)
『天使の卵』から20年、遂に最終章
自分を愛せずにいる少女 茉莉と、心に癒えない傷を抱え続けてきた歩太。
彼との出会いに、初めて心安らぐ居場所を手にした茉莉だったが...
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【読書】[村山由佳]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【読書】[村山由佳]

コメント歓迎!! 2

まだ、コメントはございません。

Hiro

>aliceさん

TB有難う御座いました。
『天使の卵』から村山由佳の10年の成長を感じ取れましたか?

2005/11/29 (Tue) 20:37

Hiro

『天使の梯子』TVドラマ化

映画『天使の卵』公開(10/21)翌日放送(テレビ朝日系PM9:00-)
 配役:斉藤夏姫 沢尻エリカ ⇒ ミムラ
     一本槍歩太 市原隼人 ⇒ 要潤

2006/09/19 (Tue) 23:33

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 天使の梯子

村山 由佳さんの小説初めて読みました。 『天使の卵』、待望の続編! 愛を失った歩太と夏姫は、再び愛を取り戻すことができるのか。そして中学の担任教師だった夏姫にどうしようもなく惹かれていく慎一。傷ついた3人が織りなす切ない愛のドラマ。 村山由佳(むら...

2005/11/28 (Mon) 12:39 by Alice in Wonderland
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook