『幻影師アイゼンハイム』

幻影師 アイゼンハイム
奇術師が皇太子の婚約者となった幼馴染みの
公爵令嬢を奇抜なトリックで奪い返す...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Illusionist
舞台は19世紀末ウィーン 家具職人の息子と公爵令嬢の身分違いの恋。
15年を経て再会した時、二人は流浪の幻影師と皇太子の婚約者となっていた。

登場人物は少ないが、ストーリー展開が楽しめました。
奇術師が主人公でハッピーな結末を予想しながら見ると
ラストのオチはやっぱりなぁ~といった感じです。(笑)

再会場面の「鏡のマジック」は、背後から迫る二人目のマントに
偶々先日見たばかりの『ミラーズ』を想起しました。

次期王位継承者を決める「王剣のマジック」にはハラハラしましたね。
皇太子役のルーファス・シーウェルは『ホリディ』では
ケイト・ウィンスレットの片想いの相手役を演じていました。

結局、トリックの種明かしらしいものは一切出てきませんが、
「幻影」自体、映画ならではのマジックでしたね。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年03月07日(水)23:57:34
ブログパーツ

Comment 10

There are no comments yet.

Hiro  

>nyanwanさん

TB有難うございました。
単なるマジックではなく、まさにイリュージョンでした。

2010/05/09 (Sun) 00:22

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
舞台がウィーン。製作が米国とチェコの合作からなのか、
ハリウッド映画とは一味違った趣きがありました。

2010/05/09 (Sun) 00:25

Hiro  

>kiraさん

TB有難うございました。
最近、文字化けが頻発。
TBの文字化けは受け手側の問題らしく、申し訳御座いません。
今作品のエドワード・ノートンは演技のみならず、
奇術の修練も必要となり、大変だったと思います。
彼の場合は、作品の選択自体に敢えて、苦難を課している
傾向は多分にあると思いますが...(笑)

2010/05/09 (Sun) 00:32

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
あの結末が本当だとすると、ソフィを消し去った後、
まどろっこしい細工などせず、アイゼンハイムが
身を隠せば済むんではないかと、穿った見方をしてしまう...

2010/05/09 (Sun) 11:21

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
>アメリカではちょうど「プレステージ」と同じ頃に公開
時代が同じ19世紀末で題材が奇術師という事で
予告情報からは、かなりイメージが重複してしまいました。
>ジェシカ・ビールは今ひとつ公爵令嬢という雰囲気がなかった
令嬢と言うよりは、農場のじゃじゃ馬娘といった印象でした。

2010/05/09 (Sun) 11:31

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
大仕掛けなイリュージョンに目を奪われてしまいますが、
主題はアイゼンハイムとソフィ,ウールとレオポルドという
二組の身分違いによる不条理を描いた作品だった。

2010/05/09 (Sun) 11:51

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
>ルーファス・シーウェルの悪役ぶりが
あればこそ、アイゼン&ソフィ二人の愛は更に燃え上がる...

2010/05/09 (Sun) 18:09

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
ソフィの偽死工作、そんなに上手くいくかなぁ。
仮にも、公爵令嬢の変死な訳で、もっと調査されてしかるべし。
逆に皇太子の圧力で捜査自体がうやむやにされたか...

2010/05/10 (Mon) 04:28

Hiro  

>せつら さん

TB有難うございました。
事件を追うウール警部役ポール・ジアマッティが
いつになく控えめな役だからか(笑)絶賛ですね。

2010/05/10 (Mon) 23:27

Hiro  

>HIROMIさん

TB有難うございました。
全てのマジックが露見する危険を犯してまでも
取り戻したかったんだあのロケット...

2010/05/11 (Tue) 21:04

Leave a comment

Trackback 10

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 幻影師アイゼンハイム
  • 19世紀末のウィーンを舞台に、幻想的な物語が展開。ラストのどんでん返しが鮮やかに決まって満足の一編でした。
  • 2010.05.08 (Sat) 21:04 | 夫婦でシネマ
この記事へのトラックバック
  • 「幻影師アイゼンハイム」
  • 「幻影師アイゼンハイム」試写会 よみうりホールで鑑賞 幻影師って? この邦題??でした。 もともとそんな言葉ないのに作っちゃった? 原題は「THE ILLUSIONIST」単に奇術師とか、手品師とかそんな感じ。 幻影ってまぼろしこのと、ってなんてロマンチックにしち
  • 2010.05.08 (Sat) 21:56 | てんびんthe LIFE
この記事へのトラックバック
  • ???
  • ?????Ρ ? THE ILLUSIONIST ???? ? 2006? ? ?/ ??...
  • 2010.05.08 (Sat) 23:47 | to Heart
この記事へのトラックバック
  • 幻影師 アイゼンハイム THE ILLUSIONIST
  •  幻影師(Illusionist)   奇術師にはふつうmagicianという言葉が使われるが、凝った幻影を得意とするマジシャンについては、このIllusionistという語を用いる。 蛇足ながらこの言葉は哲学の文脈では、物資世界を幻影と考える者の意。   7月4日、新京極...
  • 2010.05.09 (Sun) 00:45 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  • 167「幻影師アイゼンハイム」(アメリカ・チェコ)
  • 目に見えるもの全てが現実とは限らない  19世紀末ウイーン。ハプスブルク帝国末期。奇術に魅せられた少年は、公爵令嬢と恋に落ちる。しかし、二人の仲は引き裂かれ、少年は街を出る。15年後、ウイーンでは一人の男のイリュージョンが人々の絶大な人気を博していた。...
  • 2010.05.09 (Sun) 00:50 | CINECHANの映画感想
この記事へのトラックバック
  • 幻影師アイゼンハイム
  • ラスト数分で評価が変わる 【Story】 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日...
  • 2010.05.09 (Sun) 11:34 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • 幻影師アイゼンハイム
  • レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観
  • 2010.05.09 (Sun) 17:55 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  • 「幻影師アイゼンハイム」
  • 2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
  • 2010.05.10 (Mon) 01:43 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック
  • 『幻影師アイゼンハイム』
  • JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:アメリカ・チェコ  上映メディア:劇場公開  上映時間:109分  原題:THE ILLUSIONIST  配給:デジタルサイト  監督:ニール・バーガー  主演:エドワード・ノートン       ポール・ジアマッティ    ...
  • 2010.05.10 (Mon) 17:37 | La.La.La
この記事へのトラックバック
  • 幻影師アイゼンハイム
  • 19世紀末のウィーンで、妖術のような不思議な奇術を見せる幻影師・アイゼンハイム(エドワード・ノートン)は、皇太子の許婚になっていた幼馴染のソフィー(ジェシカ・ピール)と再会する。もともと身分が違うために仲を裂かれた二人は、人目を忍びながら言葉を交わすよう...
  • 2010.05.11 (Tue) 20:25 | シネマ大好き