「2010年本屋大賞」

全国の書店員が「最も売りたい本」を選ぶ第7回「本屋大賞」の受賞作品が
4/20発表された。
大賞作品:冲方丁 著 『天地明察

天地明察
天地明察
posted with amazlet at 10.06.08
冲方 丁
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 129

⇒ 映画化決定

今回は1157人の書店員がエントリーし、一次投票には全国323書店より385人、
二次投票には304書店より350人の投票。
二次投票はノミネート作品を全て読んだ上でベスト3を推薦理由と共に投票。
第二位 夏川草介
神様のカルテ
第三位 吉田修一
『横道世之介』
第四位 三浦しをん
『神去なあなあ日常』
神様のカルテ横道世之介神去なあなあ日常
第五位 小川洋子
『猫を抱いて象と泳ぐ』
第六位 川上未映子
『ヘヴン』
第七位 藤谷 治
『船に乗れ!』
猫を抱いて象と泳ぐヘヴン船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
第八位 有川 浩
『植物図鑑』
第九位 東野圭吾
新参者
第十位 村上春樹
『1Q84』
植物図鑑新参者1Q84 BOOK 1
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年05月24日(日)03:26:07
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment