WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『ダウト ~あるカトリック学校で~』

ダウト ~あるカトリック学校で~
1960年代のN.Y.の神学校
厳格な女校長 VS 進歩的な神父
そんな中で湧いた神父への疑惑

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:DOUBT(懐疑) 第81回アカデミー賞4部門ノミネート
シスター・アロイシアス女校長 … メリル・ストリープ 『ソフィーの選択』('83)
フリン神父 … フィリップ・シーモア・ホフマン 『カポーティ』('06)

アカデミー俳優のガチンコ演技対決が見所。
フリン神父の疑惑が直接的に描写される事はなく、
アロイシアス女校長は自分の疑念を晴らすべく、
フリン神父へのブラフ、引っ掛けを使って移籍に追い詰める。

職責上許されない、前職への問い合わせという嘘を使った校長には
疑念は晴れたが、自責の念が残った。
関連記事
【洋画】 [タ行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年04月27日(金)00:21:02
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 11 件

Comment 11

There are no comments yet.

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
メリル・ストリープのあの冷徹な眼差しで問い詰められれば、
大半の者は逃げ出します(笑)

2010/06/10 (Thu) 02:15

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
>今回に限っては、タイプキャストなんじゃないか?
確かに、PSHに「不適切な関係」有りや無しやと問えば、
誰もが有りやろうとのダウト!する。(独断)

2010/06/10 (Thu) 02:22

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
神学校という閉鎖された社会の中で、
権威者が陰に回って悪行をなす。
上層部は権威失墜を恐れ、事件の隠蔽を謀る。
俗世間の縮図と変わりませんなぁ...

2010/06/10 (Thu) 02:29

Hiro  

>kiraさん

TB有難うございました。またもや文字化け恐縮です。
純粋無垢なシスター・ジェイムズ嬢。
絶対的な存在である校長と神父様、
どちらを信じればいいの、苦境に立つ。
自らの判断力を培う試練、これは苦行ですぞ。

2010/06/10 (Thu) 02:38

Hiro  

>テクテクさん

TB有難うございました。
校長は疑惑を排除出来て肩の荷が下りたかもしれないが、
当の黒人少年は後半年、神父の庇護がなくして
無事やっていけたのだろうか...
目配りが行き届くあの校長なら、その点も
しっかりフォローする筈か。

2010/06/10 (Thu) 03:01

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
校長職と神父。職位では神父の方が格上なんでしょうね。
直接少年に問い質しても、ヘタに逆らうより、
あと半年の我慢で無事卒業出来る方を選ぶ筈という事か...

2010/06/10 (Thu) 03:09

Hiro  

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。またもや文字化け恐縮です。
まぁ、火(非)のないところに煙(懐疑)は発たない
という事でしょうか。

2010/06/10 (Thu) 03:17

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
メリル校長の筋金入りの厳格さに脱帽。
「悪を駆逐するためなら、神から遠ざかることもある。
その罪は償います」

2010/06/10 (Thu) 03:24

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
アロイシアス女校長のフリン神父に対する
生理的嫌悪の方が根本原因だったりして...

2010/06/12 (Sat) 22:04

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
キャスティングで勝負する作品となっていました。

2010/06/12 (Sat) 22:08

Hiro  

>オリーブリーさん

TB有難うございました。
演技派アカデミー俳優をキャスティング出来た事で
初めて成り立つ作品でした。

2010/06/12 (Sat) 22:11
 ■ トラックバック一覧 11 件

Trackback 11

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 『ダウト ~あるカトリック学校で~』
  • □作品オフィシャルサイト 「ダウト ~あるカトリック学校で~」□監督・脚本・原作 ジョン・パトリック・シャンリー □キャスト メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス■鑑賞日 3月8日(日)■劇場 チネ...
  • 2010.06.09 (Wed) 08:23 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • mini review 09401「ダウト ~あるカトリック学校で~ 」★★★★★★★☆☆☆
  • オスカー俳優のメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンが、鬼気迫る演技でぶつかりあ合う心理サスペンス・ドラマ。1960年代のカトリック系学校を舞台に、神父と児童との関係への強い疑惑を募らせていく女性校長の姿を描く。トニー賞と、ピューリッツアー賞を...
  • 2010.06.09 (Wed) 12:53 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  • ??å??
  • ??Υ?å?? äΤ DOUBT ? 105? ? ???å? ???á ??...
  • 2010.06.09 (Wed) 19:56 | to Heart
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • ダウト~あるカトリック学校で~
  • レンタルで鑑賞―【story】1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は厳格な人物で生徒に恐れられていた。ある日、人望のあるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が一人の黒人の男子生徒に特別な感情を持
  • 2010.06.09 (Wed) 22:07 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  • ????å??
  • ??Doubt) α????γ????? ????θ????? -----á?? ...
  • 2010.06.09 (Wed) 22:19 | ?
この記事へのトラックバック
  • 09-98「ダウト ~あるカトリック学校で~」(アメリカ)
  • たとえ神から遠ざかっても  前年のケネディ大統領の暗殺や公民権運動の高まりなど激動と変革の真っ只中にある1964年。ニューヨークのブロンクスにあるカトリック学校でも、厳格な校長シスター・アロイシアスに対し、進歩的で生徒の人望も篤いフリン神父はより開かれた校...
  • 2010.06.10 (Thu) 00:56 | CINECHANの映画感想
この記事へのトラックバック
  • 「ダウト ~あるカトリック学校で~」
  • 「ダウト ~あるカトリック学校で~」シャンテシネで鑑賞 これは話の筋がどうのとか、内容がどうのとかいうのではなく単純に俳優の演技をみるための作品。 若い人じゃ飽きちゃうだろうなあ。 カトリック学校という閉ざされた世界の中で抱いた疑いをどのように追及す...
  • 2010.06.11 (Fri) 09:54 | てんびんthe LIFE
この記事へのトラックバック
  • ダウト ~あるカトリック学校で~
  • 校長のモチーフはあいつか? 【Story】 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、...
  • 2010.06.11 (Fri) 23:04 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • ダウト ~あるカトリック学校で~
  • 1964年、ニューヨークのブロンクス。 カトリック教会学校の校長であるシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、生徒に恐れらる存在で...
  • 2010.06.12 (Sat) 18:41 | 心のままに映画の風景

【時系列ページ送り】