『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
進学の為、故郷の炭鉱町を出た青年が自堕落な生活を送るが、
母の病床を切欠に真っ当な生活に...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:リリー・フランキー
第31回日本アカデミー賞 作品/監督/脚本/主演女優/助演男優獲得
母親役に樹木希林。若き日の“オカン”に樹木希林の実娘・内田也哉子を
配したのが作品に説得力を与えた。

□ 多彩なゲスト出演陣も見所
  栄子の付合人:寺島進
  店の客:光石研/板尾創路
  叔母(若い頃):小島聖
  雅也の高校教師:土屋久美子
  ラジオディレクター:仲村トオル/DJ:宮崎あおい
  不動産屋:小泉今日子/大家:松田美由紀
  医師:柄本明/田中哲司
  葬儀屋:塩見三省 etc
  オトンの行き付けの風俗店の風俗嬢役の一人には
  『孤高のメス』でオペに参加する看護士を演じていた安藤玉恵

□ 武蔵野の大学後の友人
  平栗役:勝地涼 … 美容師→『フラッシュダンス』に憧れダンサー
              オカマチックに好演 結局、陽のあたる...バー
  えのもと役:荒川良々(『鴨川ホルモー』) 似顔絵作家
  たまみ役:伊藤歩

  オカンの母 筑豊のばあちゃん役は渡辺美佐子でした。

□ でも、印象的だったのは...
  勝地の店で合席となり、付き合うようになったミズエ役の松たか子
  先日見た『告白』のイメージが残っていたが、別れた後もオカンに
  会いに来る優しさに好感。

  それと、オトン役の小林薫。オカンは二代に渡り母娘配役となったが、
  オトンは一人で老若を演じ通した辺りは流石です。

[音楽]
 音楽:上田禎 哀切な旋律が物語を盛り上げる..
 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」O.S.T
 福山雅治のエンディング曲 『 東京にもあったんだ 』がいい。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」O.S.T東京にもあったんだ / 無敵のキミ(通常盤)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月17日(月)01:51:17
ブログパーツ

Comment 12

There are no comments yet.

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
親孝行したい時には既に親は無し、には
ならないようにしたいと身につまされる...

2010/06/15 (Tue) 02:21

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
病床の母親を前に男はオロオロするばかりで、
何も出来んのやよねぇ...

2010/06/15 (Tue) 02:26

Hiro  

>INDY500さん

TB有難うございました。
『東京タワー』と聞いて、黒木瞳&岡田准一作品を
思い出すのは邪道???

2010/06/15 (Tue) 02:31

Hiro  

>cyazさん

TB有難うございました。
>オダジョーのマーくんの外見は、~原作者である
>リリー・フランキーに似ていたんだろう。
あの髪型、普段のオダジョーのままぽくって気になりましたぁ~

2010/06/15 (Tue) 02:37

Hiro  

>kazuさん

TB有難うございました。
>同級生役の勝地涼にはびっくり。
カマっぽい役柄が好きみたいですね。
他の作品でも見掛けた様な気がします。
『織金』シリーズの平田満を彷彿。

2010/06/15 (Tue) 02:44

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
抗癌剤治療中の樹木希林の演技は実にリアルでした。
個人的には茄子のお味噌汁は苦手です。

2010/06/15 (Tue) 02:48

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
今作品はやっぱり、ある程度の年齢じゃないと
作者が描きたいものは伝わらないでしょうね。

2010/06/15 (Tue) 02:52

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
>「バタアシ金魚」の頃の強い個性はなりを潜めているが
監督が同じ松岡錠司とは思えない叙情的な仕上がりです。
参考までに製作当時、監督は46歳。

2010/06/15 (Tue) 02:58

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
最初はキャスティングからもコメディ系かと思いましたが、
1970年代は筑豊の炭鉱町の再現場面を見て、
この作品の本気度を確信しました。

2010/06/15 (Tue) 03:04

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
息子が病弱な母を気遣って渡る横断歩道の場面が泣けます。

2010/06/15 (Tue) 03:08

tuto  

音楽

こんにちは。
福山雅治の主題歌が良かった。

2010/06/19 (Sat) 09:18

Hiro  

>masakoさん

TB有難うございました。
歳を取ってから判る親の恩。ある程度の年長者向けの作品ですね。

2010/07/14 (Wed) 23:08

Leave a comment

Trackback 11

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 114「東京タワー、オカンとボクと、時々、オトン」(日本)
  • いつか必ず来る日  1960年代九州小倉に住んでいた?ボク?。自由気ままな?オトン?に愛想をつかした?オカン?はボクを連れて実家へと帰る。  やがて成長したボクは大分の高校へ、そして東京の美大へと進学する。憧れの東京へやって来たボクは大学へも行かず、自堕落な...
  • 2010.06.13 (Sun) 01:56 | CINECHANの映画感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
  • 金曜の夜に宴会があって、カラオケ歌ったんですが、コブクロの蕾を歌ってみようとしたものの、「消えそうに~♪咲きそうな~♪」とかいうサビの部分しか歌えず、見事に敗退。 ならば蕾を聞いてみようではないか!そう言えば、
  • 2010.06.13 (Sun) 07:35 | 欧風
この記事へのトラックバック
  • 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • オカン、ありがとうね。   ■監督 松岡錠司 ■脚本 松尾スズキ■原作 リリー・フランキー(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」扶桑社刊) ■キャスト オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫、松たか子 □オフィシャルサイト  『東京タワ...
  • 2010.06.13 (Sun) 08:02 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  • 東京タワー  オカンとボクと、時々、オトン
  • 原作はリリー・フランキー 同タイトルの映画化。 ボク、オダギリジョー、 オカン、樹木希林、 オトン、小林薫。 オカンの若い頃を実の娘の 内田也哉子が演じている いつも笑顔を絶やさない、 弱音をはかないオカン。  みんなに慕われてる明るいオカン。   我が道を
  • 2010.06.13 (Sun) 08:20 | 花ごよみ
この記事へのトラックバック
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
  • 原作未読、ドラマ未見、鑑賞予定もなかったが、友達に半ば強引に誘われたので、鑑賞してみることに―【story】1960年代の九州で、両親が別居してオカン(樹木希林)に引き取られたボク(オダギリジョー)は、やがて上京し東京の美術大学へと通う。バブル崩壊後、イラスト
  • 2010.06.13 (Sun) 15:40 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  • 「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」
  • 「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」イイノホールで鑑賞 読んだら誰でも泣くといわれた超ベストセラーを半年かけて読んだせいか、ちっとも泣けなくて、まさか映画をみて涙を流してしまうとは思ってもいませんでした。トシのせい?当然会場内は涙涙…。 何が泣...
  • 2010.06.13 (Sun) 18:54 | てんびんthe LIFE
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン せつなくて(T_T)
  • リリー・フランキーの国民的ベスト&ロングセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」がついに映画化。多くの熱い思いが集まって、立ち上がったという。 5月9日(水)のレディスディーにMOVX京都にて鑑賞しました。何と200万部を超えたということで・・・...
  • 2010.06.14 (Mon) 00:03 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 試写会鑑賞
  • 1960年代、ボクが3歳の頃。真夜中に酔ったオトンはボクに焼き鳥の串を食わせ、オカンにホウキで殴られた。故郷の小倉で、3人が暮らした短くも幸せな日々の最後の思い出だった。1970年代。中3になったボクは、大分の美術高校に合格し、下宿生活をすることになった。駅まで見送
  • 2010.07.07 (Wed) 11:58 | 映画な日々。読書な日々。