『消されたヘッドライン』

消されたヘッドライン
親友の議員がスキャンダルに嵌められた。
新聞記者は事件を追う内に背後に隠された意外な真相に気付く...

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:State of Play

イギリスBBCのテレビドラマ『ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜』の
ハリウッド・リメイク
キャスティングが豪華
 ラッセル・クロウ(カル・マカフリー) … ワシントン・グローブ紙敏腕記者
 レイチェル・マクアダムス(デラ・フライ) … ウェブ版担当新米記者
 ヘレン・ミレン(キャメロン) … 新経営陣を気遣う編集長

 ベン・アフレック(スティーヴン・コリンズ) … 下院議員
 ロビン・ライト・ペン(アン) … スティーヴンの妻/カルとも友人
 ジェフ・ダニエルズ(ジョージ・ファーガス) …
 スティーヴンにソニア・ベーカー(マリア・セイヤー)を紹介した院内総務
 ジェイソン・ベイトマン(ドミニク・フォイ) … ポイントコープ系列PR会社社長
 『ダウト ~あるカトリック学校で~』で絶賛されアカデミー助演女優賞候補
 にもなったヴィオラ・デイヴィスもひったくり犯の検視医役でちょい出。
 勝手に遺物(携帯履歴)を探るカルに文句たらたら...

二つの事件が交錯する
・ ひったくり犯ディヨーン・スタッグの射殺事件
  冒頭のひったくり犯逃亡場面からして迫力満点。
・ 議員の愛人ソニア・ベーカーの地下鉄転落死
  危ない、危ないと思い見ているとその通りに。
  でも意図的に狙われたら避けようがないでしょう...

カルはヤク中キッピー(コーラ少女マンディ16歳)からひったくり物の中に
ソニア・ベーカーの写真や銃弾があったと情報を得、二つの事件は繋がる。

デラはひったくり犯射殺事件の巻き添えになったピザ配達人サンドの
意識回復を聞き病院に向かったが、戸外から狙撃を受けサンドが亡くなり、
病院のエレベーターで擦れ違った男がソニアの転落死現場のモニターに
映っていた事から、実行犯ロバート・ビンガム(ロバート・ベレッセ)を特定する。

ビンガムが軍事会社ポイントコープ社の手先で公聴会の封じ込めが目的の
陰謀かと思われたが...意外にもビンガムは湾岸戦争時にコリンズと繋がっていたのだった。
参考(ストーリー詳細):【WEB 映画館】


ラッセル・クロウは『ワールド・オブ・ライズ』のホフマン役を
そのままスライドしてきた感じでした。
下院議員役のベン・アフレックは、演技派に囲まれ確実に浮いてましたね。
新米記者役のレイチェル・マクアダムスと良い勝負。
議員夫人役でカルとの関係も気になるアン役のロビン・ライト・ペンは
メッセージ・イン・ア・ボトル』以来の管理人のお気に入りの女優さんの一人です。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年05月27日(日)05:39:04
ブログパーツ

Comment 8

There are no comments yet.

Hiro  

>テクテクさん

TB有難うございました。
正しく、過去の秀作の”良い所取り”な作品でした。

2010/06/16 (Wed) 02:58

Hiro  

>chikatさん

TB有難うございました。
>どうしちゃったんだかベン
否、これが彼本来の実力です。(汗)

2010/06/16 (Wed) 03:02

Hiro  

>kimionさん

TB有難う御座いました。
新聞社の政治大スクープを描いた作品と言えば
30年経った今でも『大統領の陰謀』ですよね。

2010/06/16 (Wed) 03:08

Hiro  

>mezzotinさん

TB有難うございました。
>この映画のキャスティングですが、最初は何と、
>ブラビとエドワード・ノートンの共演だったそう。
実現していれば、今作品ときかなり異なった作品になったろう...

2010/06/20 (Sun) 00:52

Hiro  

>masalaさん

TB有難うございました。
新聞社の原稿送りは何時間迄、締め切りを延長する事が
出来るのだろう!?

2010/06/21 (Mon) 07:02

Hiro  

>真紅さん

TB有難うございました。
軍事企業を相手にした社会派サスペンスは
ネタとしてはもう古いかぁ。

2010/06/21 (Mon) 22:27

Hiro  

>えいwithフォーンさん

TB有難うございました。
キャストも豪華だけど、今作品はやっぱり、
脚本の出来が良かった。

2010/06/21 (Mon) 22:32

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
ありきたりな結末を避けたエンディング。
でも、後味は今ひとつでした。

2010/06/21 (Mon) 22:36

Leave a comment

Trackback 8

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 「消されたヘッドライン」
  • 「消されたヘッドライン」よみうりホールで鑑賞 久々に面白いサスペンスをみたと感じました。 新聞社、政治家、闇の組織、殺人…。 おいしいとこ取りな感じもするけれど、それなりに緻密になれらた原作がなければ成り立っていかないと思のです。 ラッセル・クロウは...
  • 2010.06.14 (Mon) 08:02 | てんびんthe LIFE
この記事へのトラックバック
  • mini review 10433「消されたヘッドライン」★★★★★★☆☆☆☆
  • イギリスのBBCテレビの人気ドラマを『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督が映画化したポリティカル・サスペンス。あるスキャンダルをきっかけに、巨大な陰謀に巻き込まれていく記者たちの戦いの日々を描く。粘り強いベテラン記者を演じる
  • 2010.06.14 (Mon) 10:02 | サーカスな日々
この記事へのトラックバック
  • 消されたヘッドライン◆STATE OF PLAY
  • 暴くのか、逃げるのかーーーー。 それは、ひとりの新聞記者が見た“現代アメリカの最大の闇” 5月25日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ラッセル・クロウ、また一段とでかくなりましたね。そのうえロングヘアーです。少しきもい感じもありますが・・・・。 実はラッセル...
  • 2010.06.14 (Mon) 10:33 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  • 映画「消されたヘッドライン」@スペースF...
  • 今回の試写会は劇中に登場する新聞社“ワシントン・グローブ社”日本支社に登録した市民ジャーナリストを招いた試写会で、なんとマスコミ試写より早いブロガー試写会だそうだ。上映...
  • 2010.06.14 (Mon) 16:04 | masalaの辛口映画館
この記事へのトラックバック
  • 陰謀の構図~『消されたヘッドライン』
  •  STATE OF PLAY  ワシントンDC。新進気鋭の若手代議士スティーヴン(ベン・アフレック)の秘書 が地下鉄で事故死する。マスコミは不倫...
  • 2010.06.14 (Mon) 18:22 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  • 『消されたヘッドライン』
  • (原題:State of Play) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「う~ん。 これは困ったなあ」 ----えっ。どうしたの? なにか問題でも? 「いや、実はこの映画、 観ている
  • 2010.06.14 (Mon) 22:39 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  • 09-157「消されたヘッドライン」(アメリカ・イギリス)
  • ブラッディ・ニュースペーパー  ワシントンDC。時を置かずに発生したある2つの事件。ひとつはドラッグ中毒の黒人少年スタッグが何者かに射殺された事件。もう1つは、国会議員スティーヴン・コリンズのもとで働く女性職員ソニア・ベーカーが出勤途中の地下鉄で不可解...
  • 2010.06.16 (Wed) 01:07 | CINECHANの映画感想