『スター・トレック』

スター・トレック
カークやスポックの青年期を描いた新シリーズ第一作。

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

1966年のTVドラマ『宇宙大作戦』を基にしたリブート劇場版
カークやスポックの名前を聞いた事があるくらいの
オリジナル版をよく知らない管理人には判り辛い。

とは言え劇場版も『ジェネレーションズ』('94)あたりから
機会があれば見てはいる。
USSエンタープライズ号 惑星連邦艦隊
実にバラエティに富んだ人種?が乗員なんだろうと毎回思う
くらいトンチンカンな鑑賞である。

今作品はシリーズの全容を知った上でその青年期(過去)を
描いているので基礎が無いと置いてきぼりである。
まぁ、バイク艦長(ブルース・グリーンウッド)が囚われ
その間にカーク(クリス・パイン)やスポック(ザッカリー・クイント)ら
若手が頑張るお話というくらい判れば良いのでしょう。

スポックを目の仇にするロミュラン人のネロ艦長役に『ハルク』のエリサック・バナ。
全面タトゥー顔なので後から配役を聞くまで判りませんでした。
スポックの母アマンダ役にウィノナ・ライダー
転送出来ずに悲運の最期を遂げるのですが、
こういったシーン、転送やワープが出来るなら
大半の危機は脱出出来るんじゃないのといつも思ってしまう...
スボックと恋仲になる乗員ニヨータ・ウフーラ役は『アバター』のゾーイ・サルダナ
前半では未来から歴史改変に来たロミュラン人が技術差で
エンタープライズ号を圧倒するにも拘らず後半に入ると、
収束に向けて敢え無く敗退する展開は、何だかなぁ~~
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年08月17日(金)22:27:12
ブログパーツ

Comment 13

There are no comments yet.

Hiro  

>テクテクさん

TB有難うございました。
このシリーズはその後の色んな作品に影響を与えているのですね。

2010/07/15 (Thu) 22:31

Hiro  

>masalaさん

TB有難うございました。
やはりシリーズのファンには
”狂喜乱舞に大号泣間違いなしの作品”になっているのですね。

2010/07/15 (Thu) 22:36

Hiro  

>由香さん

TB有難うございました。
この作品の凄いのは、「オリジナルとの関わりやSFとしての
整合性などは分からないけれど」最後まで飽きさせない所ですね。

2010/07/15 (Thu) 22:41

Hiro  

>レベル999さん

TB有難うございました。
この「リ・イマジネーション」は
>ファンならばニヤリとするような描き方が、かなりされて
>愛”に満ちている作品で
皆の支持を得たという処でしょうか。

2010/07/15 (Thu) 23:57

Hiro  

>はっしぃさん

TB有難うございました。
>ワープとブラックホールはどちらが強いのか
ハハハ、見てのお楽しみですよね。

2010/07/16 (Fri) 00:03

Hiro  

>daiさん

TB有難うございました。
新シリーズ。1からのお付き合いとして
見るのも1つの見方でしょう。

2010/07/16 (Fri) 00:05

Hiro  

>KLYさん

TB有難うございました。
管理人の世代で「スタトレ」に無知とは
かなりズレている!??

2010/07/16 (Fri) 00:09

Hiro  

>ルナさん

TB有難うございました。
カークとスポックの青春期のライバル争いと見れば
前シリーズを知らなくても十分楽しめる。

2010/07/16 (Fri) 00:12

Hiro  

>kimionさん

TB有難うございました。
TVシリーズ世代からは圧倒的な支持を得ていますね。
かなり研究したのだろう。ご苦労様でした。

2010/07/16 (Fri) 00:17

Hiro  

>mezzotintさん

TB有難うございました。
管理人の顔馴染みキャストはパイク艦長役の
ブルース・グリーンウッドでした。

2010/07/16 (Fri) 01:05

Hiro  

>ノラネコさん

TB有難うございました。
概ね絶賛で迎えられた今作。新シリーズの真価を問われるのは
第二作か...

2010/07/16 (Fri) 01:51

Hiro  

>ひらりんさん

TB有難うございました。
若きカーク艦長の突飛な発想は幸い吉と出たが、
早々、通用するものではない筈...

2010/07/16 (Fri) 01:57

Hiro  

>CINECHANさん

TB有難うございました。
次作はリ・イマジネーションで”ビギニング”を描くのではなく、
オリジナルなストーリーで勝負となる訳ね。

2010/07/16 (Fri) 02:02

Leave a comment

Trackback 13

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • 映画「スター・トレック」@一ツ橋ホール
  •  試写会の主権はアニマックスさん。客入りは8割ほどで年齢層は高く気のせいか男性客が多い。 【21%OFF!】スター・トレックスペシャル・コレクターズ・エディション(DVD)【発売日お...
  • 2010.07.07 (Wed) 13:33 | masalaの辛口映画館
この記事へのトラックバック
  • スター・トレック
  • 過去のスター・トレックは観たことがありませ~ん  そんな私でも楽しめるかな?―【story】ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気...
  • 2010.07.07 (Wed) 16:40 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
この記事へのトラックバック
  • 映画感想『スター・トレック』 普通に面白...
  • 内容クリンゴン帝国領海内近くを航行していた連邦の船・USSケルヴィンは、突如出現した謎の巨大船により危機に陥ってしまう。交渉のために巨大船に向かった船長に代わり、ジョー...
  • 2010.07.07 (Wed) 17:37 | レベル999のマニアな講義
この記事へのトラックバック
  • 2009-51『スター・トレック』を鑑賞しました。
  • 映画を鑑賞しました。秊 2009-51『スター・トレック』(更新:2009/06/01) * 評価:★★★★☆ 仕事が忙しいから、時間があるのは飲み会の後だけ! ってことで、映画観に行きました。 土日も仕事で感想が書けなかった。ゆるして!...
  • 2010.07.07 (Wed) 19:56 | はっしぃの映画三昧!
この記事へのトラックバック
  • スター・トレック
  • サイラーっぽさが若干垣間見えたスポック 【Story】 突然の非常事態に見舞われる惑星連邦軍戦艦USSケルヴィンの中で生を受けたジェーム...
  • 2010.07.07 (Wed) 23:25 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  • スター・トレック
  • TVシリーズも含め超人気の「スタートレック」シリーズ最新作。監督はは『クローバーフィールド/HAKAISHA』のJ・J・エイブラムス。キャプテン・カークとスポックの若かりし頃を描いた本作、カーク役はクリス・パイン、スポック役は大人気ドラマ『HEROS』の最大の敵役
  • 2010.07.07 (Wed) 23:39 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  • スター・トレック
  • 実は、スター・トレックは あまり良く知らなくて・・・ なんとなく、お耳のとがった ミスタースポック、 カーク船長、エンタープライズは 覚えがあるんですが・・・。 そんなんで、スター・トレックの 映画はこれまで観た事が ないんですが、今回はエピソード0っ...
  • 2010.07.07 (Wed) 23:45 | ルナのシネマ缶
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  • STAR TREK(2009)☆★
  •  新「スター・トレック」が上映開始されました。5月30日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。 スター・トレックとは? 懐かしいテレビドラマ「宇宙大作戦」はアメリカのSFテレビドラマ。「スタートレック」シリーズの最初の作品であり、NBCネットワークにおいて196...
  • 2010.07.08 (Thu) 19:02 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  • スター・トレック・・・・・評価額1650円
  • このところ、老舗シリーズの「ビギニング」が目立つハリウッド映画。 遂に、1966年以来43年もの歴史を誇る「スター・トレック」も、この流れの...
  • 2010.07.09 (Fri) 21:41 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  • ★「スター・トレック」
  • 今週の平日休みの2本目・・・ このシリーズ・・・何本も映画化されてるのに、超シンプルなタイトルでリリースするとは・・・ 内容的には船長の誕生秘話なので、「ライジング」とか「ビギニング」系といったところか。
  • 2010.07.10 (Sat) 01:02 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
この記事へのトラックバック
  • 09-176「スター・トレック」(アメリカ)
  • 宇宙は最後のフロンティア  突然の非常事態に見舞われる惑星連邦軍戦艦USSケルヴィンの中で生を受けたジェームズ・T・カーク。この時キャプテン代理を務めていた彼の父は、自らが犠牲となり800人のクルーを救った。  22年後、無軌道な青春時代を送った青年カーク
  • 2010.07.10 (Sat) 23:39 | CINECHANの映画感想